私とガンブラスター

既に繰り返すまでも無く、個人的に最も好きなゾイドはダントツでマッドサンダーだ。
ただ二番目に好きなゾイドを決めるのはなかなか難しい。
シールドライガーかゴルヘックスかゴジュラスかメガトプロスかレイノスか…。この辺でなかなか悩む。
頭の中で比べると、どれも大好きなポイントが幾つもあってニヤついてしまう。
多分、一生結論は出ないと思う。

では一方、思い入れが強いゾイドというと、これもまた一位はダントツでマッドサンダーだ。
しかしこの「思い入れ」という点に限って言えば二位は割とスッと出る。

PPZ-11 ガンブラスター
ヘリック共和国軍がZAC252年ロールアウトさせた大型ゾイド。
強力なビーム砲を無数に搭載し、しかもそれらが全て前面に向けられた、超攻撃型ゾイド。

当時、猛威を振るっていたデッド・ボーダーは、ウルトラザウルスやゴジュラスを全く寄せ付けない強さを誇った。
共和国最強のマッドサンダーさえ苦戦する姿は、敗戦という言葉さえ思わせた。
そこへ登場しデッド・ボーダー含む暗黒ゾイドをまとめて蜂の巣にしてみせたガンブラスターは、最高にシビれた。
ガンブラスターは当時の共和国派にとって救世主だった。
正直、後のオルディオスの比じゃない程、このゾイドはインパクトがあったと思う。

そんなガンブラスターへの思い入れが、とても強い。
理由は上記のような所も大きかったと思う。自分が大好きな共和国軍を救った存在という所。
ただそれに加え、このゾイドは手に入れた経緯がとても印象深かった。

今回は、その辺のとりとめもない思い出を書こうと思う。

それは1989年。私が小二、季節は夏だった。
前年のクリスマスにマッドサンダーを手に入れた私は(詳しい経緯はこちら参照)、マッドサンダーに肩入れする一方で、当然ながら新しいゾイドも欲しいと思っていた。
マッドサンダーを買ってもらった頃…1988年の暮れ、共和国はまさに無敵の軍団だった。
ひとたびマッドが突撃すれば、敵のあらゆるゾイドは容易に蹴散らされた。
あのデスザウラーさえ例外ではなかった。
小学一年生88年11月号より

自分が持つゾイドが大活躍する姿にご満悦だった。
しかし年が明けた1989年3月、暗黒軍が参戦すると共に自体は一変する。

小学二年生89年4月号より

新たなる敵を前に、共和国軍は大苦戦を味わう。マッドサンダーをもってして、苦戦は免れなかった。
小二の純粋な折、本気で暗黒軍に恐怖を覚え、共和国に強力なゾイドが誕生することを願った。
その思いを見事に叶えてみせたのがガンブラスターだった。

私が購読していた学年誌(小学二年生)では、初陣はVS暗黒デスザウラーだった(正確に言うと前哨戦としてデッド・ボーダー部隊を葬り、その後にデスと対戦している)。


デスクラッシャー。このゾイドは新ゾイドバトルストーリーの改造ゾイドリストに収録されていない。
恐らく、とんでもない設定や姿から掲載を見送られたのだと思う。
どれくらいとんでもないかというと、大きさを見て頂きたい。


ゾイドゴジュラスがつぶされる!

デスクラッシャーは規格外の大きさを誇る。規格外巨大ゾイドを始めて出したのはアニメではなかった。
足だけでゴジュラスより大きい……。機体解説には「2倍」とあるが、それで済んでいない気がする。
余談ながら、ジオラマ的にはデスザウラーは通常のデスザウラーと同じ大きさであり、ゴジュラスの方が小型モデルであるところのJr.ゾイドである。

このとんでもないデスザウラーが新ゾイドバトルストーリーに掲載されなかったのは、「いくらなんでもやりすぎ」だったからではないだろうか。
ただ当時、超猛威を振るっていた暗黒軍の勢いからすれば、こんな無茶な改造ゾイドでも「暗黒軍ならやりかねん…」と思わせるものがあった。

デスクラッシャーは、上陸を開始した共和国軍を襲撃し、ゴジュラスMK-II部隊を壊滅に追い込んだ。
さて、ガンブラスターの小二での初陣は、このデスクラッシャーとの対戦だった。
しかし戦いは一方的なものとなる。


ガンブラスターは、キャノン砲の全てを、この超巨大ゾイド、デスクラッシャーに向けた。
「発射!!」1秒間に1000発の弾が襲いかかる。
デスクラッシャーの全身が爆発に包まれ、やがて崩れ落ちた。

ハイパーローリングキャノンの前にあっけなく沈むデスクラッシャー。
…今にして深く解析すれば、巨大化の弊害で装甲はかなり薄くなっているだろう。元のままの強度でこのサイズにしたら重すぎて動けまい。
しかし当時そんな深い考察など出来るはずもなく、
「すすす・すげえ…、パワーアップしたデスザウラーを一瞬で片付けちまった……、こいつぁ……こいつぁすげええ!!!!!!」
ただただ興奮した。

そしてまた、先にも書いた様に、この新型ゾイドはデッド・ボーダーをもいとも簡単に葬ってみせた。
ガンブラスターをきっかけに、共和国に反撃の狼煙があがったのだ。

 

どうしてもこの共和国の強力な新メカが欲しいと思った私は、親にねだった。
私は自分で言うのもなんだが割と聞き分けのいい方で、「何かイベントが無いとおもちゃは買ってもらえない」事を理解していた。
だたそれを押しのけてねだるほど、このゾイドは魅力的だった。

粘った結果、購入は認められた。ただ条件として提示された事があった。
当時小学校でバトミントン部なる部に入っていて、近々大会が行われる事になっていた。
そこで優勝したら買ってやろうと。
その大会というのは部の人全員参加のトーナメントで、全員だから小六まで居る。
冷静に考えるとかなりの無理ゲーなのだが、当時はもう手に入れた気になっていた。

だが試合当日、実際ずんずん勝ち上がった。素晴らしきはゾイドパワーだと思う。
補足しておくと、個人戦でなくダブルスで、自分のペアは高学年の割と強い人だった…ような記憶がかすかにある。
とはいえ自分も大会の日までに必死で練習していた。
学校から全力で走って帰って(2.5kmくらい)、そこからは寝るまでひたすら練習。その甲斐でもあった。

最終的に決勝で敗退した。
これは強烈に覚えているが、ペアのミスで最後のポイントを取られた。
凄く悔しくて、泣いた。ひたすら泣いた。というか、わめいた。
結局、ゴネ得だったのか最初から買ってもらえる予定調和だったのかは分からない……。ただ、その帰りに無事ゲットと相成ったのだった。

たしか2位の賞状とかもらった筈だが、そんなのは全然覚えてない。
ガンブラスターの箱を持った感じとか、帰って開けてハイパーローリングキャノンのキラキラ具合に感動したとか、組んだ(組んでもらった)後にスイッチを入れ、ガトリングの回転具合に興奮したことならよく覚えているが…。


もう一つ、ガンブラスターは思い出がある。
当時出現したこの強力なゾイドは、クラスでもかなり話題になっていた。
同じ学年。すなわち同じ学年誌を読んでいるので話も通じる。
先に書いた暗黒軍の不安やガンブラスターの衝撃はクラス共通だった。
暗黒デスザウラーを見事撃ち抜いたガンブラスターに話題が集まったのも、当然であった。

そしてゾイダー仲間のH君が「持ってる」と言い出した時は、興奮を抑えきれなかった。当然「是非見たい!」となった。
彼とは特にゾイドの話をよくする仲だった。
「家に行って見せてあげるよー。そのかわりマッドサンダー見せてね」という事になり、もちろん即座に了承した。
ちなみにH君は私が持っていないサラマンダーとウルトラザウルスを持っていたという点で憧れだった。
その手持ちランナップからも分かるかと思うが、彼は私より年季の入ったゾイダーで、幼稚園の頃からゾイドに夢中だったらしい。
共和国派であり、私のマッドサンダーと彼のウルトラザウルスで共同戦線を張り帝国の大軍を迎え撃つ”ごっこ”をした事は、いずれ別の機会があれば記したい。

「家に行って見せてあげる」というのは楽しみで楽しみで仕方が無かった。
その日の放課後が待ちきれなかった。

そして、よく覚えている事というのが、子供の頃の話だから「バカだなー」としみじみ思えるのだが…、「どうやって持ってくるの?」と問えば、「自転車」と答えられた。
その時「カゴに入れたら壊れるんじゃないかな…」と思った。
「ガンブラスターどうやって持ってくるの?」と問うと、これは今でも素でそう答えられたのか一杯喰わされたのかは分からない。
ただ彼は「ゾイドに歩かせていく」と答えた。
それを聞いた当時の私は、何故だか妙に納得してしまった。
・・・ああそうだ、ゾイドって歩くもんなー・・・と。

当時、近所の友達の家によくゾイドを持って行って遊んでいたが、その時は絶対にスイッチ入れて歩かせていた。その影響なのか……!?
いやそんなわけないやろと考えるよりも、でもゾイドに歩かせたら結構時間かかるかもしれないなー、早く見たいなー、とか思っていた。
ただ「ゾイドって曲がれないけどどうするの?」とは聞いた。
その時H君は、「ミニ四駆みたいにコースを作る」と答えた。
私はその時も、なるほどそれなら来れるなと納得したのだった。
というかここまで書いて、確実にH君に一杯喰わされたのだろうという確信が持てたのと、当時の自分のバカさ加減が凄まじい事を思った……。

結局、H君は親の自動車でうちに来て、もちろんガンブラスターは車で輸送されてきたのであった。
バカみたいな話。ただ良く覚えているガンブラスターの思い出だったりする。

このH君にガンブラスターを見せてもらった話は、バトミントン大会よりずいぶん前の事だった。
「学年誌を見た」+「友人の持っている実物を見た」事により、いよいよ私は必死に親にねだるようになり、「大会優勝」という条件と引き換えにガンブラスターを得る権利を得たのであった。

余談ながら、H君はどちらかというとワンパクではなく内向的な子であった。
どちらかというと、でもない…。ドッジボールをしたら真っ先に狙われるタイプだった。
そんな彼、ある時「遊んでいてウルトラザウルスの首を折ってしまった」と言った事があった。
大人しい彼が(ちなみに一人っ子で鍵っ子だった)ゾイド相手に実はものすごくハードな遊び方をしていたんだろうかと思うとちょっとクスッとする。
まぁ何というか、そこまで熱中させてしまうゾイドもまた凄いなと加えるべきか。

そんなわけで、ガンブラスターは、私にとって凄く思い出のある機体として在る。
ちなみに、その当時手に入れたガンブラスターだが、実は今でも健在だ。

ただ当時は他のゾイドともどもハードに遊んでいた。
そのおかげで、購入後まもなく角は欠品、脚部装甲欠品、背中のチューブ折れ、というあまり良くない状態になった。
とはいえ、それ以上は壊れる事もなく、手持ちゾイドの中では比較的綺麗なまま残っていた。
しかし、このガンブラスターの個体差だったのか、陽に当て過ぎたからなのかは分からない…、1999年のゾイド再販の頃、久しぶりに見てみると、見事にメッキが剥げていた。
剥げた部分とかろうじで残っているメッキ部分が迷彩状態で、もはや黄金砲と胸を張れる状態でないのは確かだった。
そこで思い切って塗ったのが、上の画像のものだ。
黄金砲の異名を持つ派手なカラーもカッコいい。ただ塗ってみて、もともと砲の多いゾイドなので渋みのあるパターンでも栄える機体だと確信する事ができた。

余談ながら、このガンブラスターは私が初めて作ったフォトレタッチに使用したキットだったりもする。

これを作った時はCGにも全く不慣れで、ものすごく苦労しながら作った記憶がある。
その意味でも思い出のキットになると思う。

その後、2001年にガンブラスターは再販された。
そして更に12年後の2013年、初代カラーのガンブラスターも、苦労の末手に入れる事が出来た。メッキも剥げず良い具合に残っている。

3機とも、私にとっては格別の機体だ。

ゾイド的に言うと、ガンブラスターはモチーフの生物をかなり無視している。
メッキの使用などは賛否があるのも承知している。 その辺で議論の必要なゾイドなのは確かだろう。

ただ私にとってガンブラスターは、大好きで、そのうえ格別の思い入れの詰まった機体である事は確かである。

Back
index

inserted by FC2 system