私とシールドライガーMK-II

RPZ-07 シールドライガーMK-II

申し訳ないが、この機体はあまり好きではない強化改造タイプだったりする。
理由としては、
■シールドライガーの最大長所である所の機動力を大幅に減じさせる巨砲を背負わせるのはどうかと思う
■カラーリングがノーマルの方が好き
というもの。

同意見の方も多いと思う。
ただ、逆に、MK-IIの方が好きという方も、当然居ると思う。

少し言い訳しておくと、子供の頃の思い入れでもある。
それは1989年の事。
当時小二だった私は、次のイベント日には何のゾイドを買ってもらおうかと、毎日のように悩んでいた。
前年の年末にマッドサンダーを手に入れており、次はゴジュラスかなーと思っていたりした。
シールドライガーもいいよなーと思っていた。
だが問題は、私が大好きな水色のシールドライガーは既にその時生産停止。出荷は全て白いMK-IIになっていた事だった。

お盆だったかクリスマスだったか…、その辺はよく覚えていない。
ただシールドライガーを買ってもらえる事になった日、おもちゃ屋にはノーマルタイプは無く、MK-IIを買うことになった。
余談になるが、今でもよく覚えていることがある。
それは、シールドライガーを買ってもらう前日に見た夢で、「おもちゃ屋の店員さんが倉庫から一つだけ残っていた水色のシールドライガーを出してきてくれた」というものだった。
どれほどノーマルが好きだったかが分かる事だと思う。

まぁ、ともかく、流通事情から必然的にMK-IIを手に入れる事となった。
買って組んだ(組んでもらった)感想はよく覚えている。
「意外とデカイ砲は似合っているかもしれん」という事と「意外と悪くない色だ」という事だった。
そう。意外と良かった。そして気に入った。
ただ、依然としてノーマルタイプが買えなかった無念さは残っていた。
それゆえノーマルが欲しい欲求は、いよいよ増してゆくのだった。
ちなみに、ノーマル機をようやく手に入れたのは2005年の事で、実に16年越しに手に入れた機体だと思うと感慨深い。

 

シールドライガーMK-IIは、2013年に始まった、1/144スケールでゾイドを展開するトミーテックMSSシリーズのランナップに加えられた。
まぁ、「あまり好きではない」とは書いたものの、それはノーマルに比べてという事。
ゾイドの中でもシールドライガーはトップクラスに好きな機体。それと比べると劣っても、やはり「大好き」なのは間違いない。
この機体が選ばれた事は素直に嬉しかった。

発売前には、公式ページに機体解説などの情報が出る。
それを見ながらアレコレ妄想するのは何より楽しいひと時だと思う。

MSSは、初代ゾイドであるところの「メカ生体ゾイド」が強く意識されたシリーズで、機体解説や型式番号、武装の設定など、徹底してメカ生体と同じものが使われている。
悪く言えば目新しさが無いものではあるが…、それよりも圧倒的な安心感がある。
メカ生体ゾイドからのファンとしては、安心して見れる点と懐かしさを感じられる点は非常にありがたい。

そんなわけでシールドライガーMK-IIの紹介ページを見ていた。
メカ生体ゾイド当時と違い、大型砲や武器を搭載したゾイドは圧倒的に増えた。
いまや、当時絶大なインパクトを放ったウルトラザウルスの4門のキャノン砲ですら、かしこまって見える。
そんな今だから、当時は巨大に見えたキャノンビーム砲も、あんがい普通に見えてしまった。
慣れとは恐ろしいものだと思う。

さてシールドライガーMK-II。
機体解説には、「威力のある軽量キャノンビーム砲を装備し、攻撃力は格段である」とある。
もちろん解説文は「メカ生体」と全く同じものではあるが…、今回改めて読み、意識した。
「そっか、あのでっかいキャノン砲は軽量砲だったんだ………」と。

まあ、シールドライガー92t、MK-II110tという事で、+18tの装備が軽量かと言われると疑問でもあるが…。
なおゴジュラスMK-IIの装備は限定型で+57t、量産型で+35t、グレートサーベルは+12tである。
まぁ、設定文通り軽量であると考えて先に進もう。

シールドライガーMK-IIの最大の特徴であるところのキャノンビーム砲は、なかなか興味深いと思う。
今回改めて思ったのは、ビーム砲である事。

考えてみれば、共和国で一定以上の大きさを持つ砲は、シールドライガーMK-IIより前の機体は全て実弾砲だった。
ゴルドス、ゴジュラスMK-II、ウルトラザウルス、ディバイソン。
大口径砲という点で言えば、カノントータスも加えるべきかもしれない。
帝国軍が、最初の大型ゾイドであるところのレッドホーンからビーム砲を満載していたのと非常に対照的だ。

技術で帝国に劣る共和国は、信頼できる(というより比較的低技術でも作れる)実弾砲に固執し、実際戦果をあげた。
実弾砲は「必要にして充分」だったのだろう。

何ゆえシールドライガーMK-IIがビーム砲になったかというと、やっぱり重量だろうなぁ、と思う。
実弾系の場合、砲の重量+砲弾の重量を背負わなければならない。
先に、「シールドライガーMK-IIはノーマルに対し+18t」で、「ゴジュラスMK-II(量)はノーマルに対し+35t」と書いた。
ただ、これは砲だけの重さだろう。
戦場に向かうには、実弾系の場合は砲弾も背負わねばならない。そして砲弾は非常に重い。
砲弾一発あたりの重さの資料が無いのは悔やまれるが、ゴジュラスMK-IIが戦場に赴く時の重量は、ノーマルより「+35t」どころか、遥かに上だと思う。
対し、ビーム砲のシールドライガーMK-IIは砲弾は必要ないので、ほぼ「+18t」で済んでいると思う。

シールドライガーに実弾砲を背負わせる事は、この機体にとってあまりにも重量過多すぎ、許容できなかったのではないだろうか。
ただ、グレートサーベルには早急に対抗する必要もあり、砲力強化は必須だ。
それゆえ、前例が無い事を承知で、大型高威力ビーム砲の開発は開始される。

そこでどのような開発ドラマがあったかを想像するのはとても面白いが、これだけ大型のビーム砲をはじめて作る共和国だったから、苦労は多々あったと思う。
あるいは、この砲の開発時期はチェスター教授が帝国から救出された時期でもある。
案外、教授がささっと作ってしまったのかもしれないが。

ともかく、かくしてキャノンビーム砲は開発された、と。

このキャノンビーム砲という武器は、共和国の武器開発史を読み解く上で重要かなとも思った。
というのも、シールドMK-IIを境に、それ以降登場した大型砲を装備したゾイドを見てみよう。
マッドサンダー、ガンブラスター、オルディオス、キングゴジュラス
いずれもビーム系の砲を装備している。逆に実弾の大型火器は、のきなみ姿を消している。
唯一の例外として、カノンフォートだけは実弾砲を背負っているが、、。

キャノンビーム砲の開発に成功した事は、共和国にとって非常に重要な技術革新であり、大成果だったのではないかと思う。
パワーに余裕があるマッドサンダーやキングゴジュラスは、わざわざビーム系にしなくても信頼と実績のある実弾系にした方が納得できるようにも思える。
そうなっていないというのは、大型ビーム砲の技術に確信が持てたからだろう。
先行して大型ビーム砲を搭載し、信頼性・威力共に申し分ない事を証明してみせたシールドライガーMK-IIとキャノンビーム砲のおかげなのではないか、と思った。

そのようにして見ると、キャノンビーム砲という砲は非常に興味深い砲だなぁと思う。

また、デザインは改めて素晴らしい。
情報量は多いのにスッキリしており、ゾイドの武器の中でもそうとう凝った部類であろう。

子供の頃はあまり好きではなかったシールドライガーMK-II。
それは「思い入れもあり」という点も大きかった。
しかし今こうして考えると、これがなかなか奥深いように思えた。
そして、キャノンビーム砲や、それを始めて本格実運用させたMK-IIへの愛情が高まってきた気がする。

正直、それでも私の中でノーマルを越える事は無いとは思う。
それでも、大人になってからも研究を怠らずに居れば、強い思い入れが生まれる事もあるんだなぁと思った一件だった。

Back
index

inserted by FC2 system