私と資料収集

この文を書いている2012年現在、私が最も精力的に集めているのはゾイド関連の資料として間違いないと思う。
つまりそれは、キットというより紙媒体の資料を指している。
もちろんキットはキットで集めてはいるが、現状は比較片手間と言わざるを得ない状況ではある。
キットに注力するのは学年誌の次かなと考えている。
それはいつになるやら…ではあるけれども。

ゾイドが好きすぎて、1999年の復活以来ずっと、電撃ホビーマガジンはじめ様々な紙媒体資料をチェックしていた。
思えばゾイドの復活が夢のまた夢だった1999年初頭、「新しく発刊された電撃ホビーマガジンという雑誌がゾイドを掲載しているらしい」と言われて、調べてみた時の衝撃は凄まじかった。
それは今でも鮮明に覚えている。
ただ当時は高校生で、月に数冊の雑誌とはいえ、少ない軍資金で資料をコンプリートしていくのは無理があった。
それに当時は、続々と再販されるキットを追う方に夢中になっていた。
それゆえ、涙を飲んで立ち読みだけで見送る日々が続いていた。

また、今にして思えば情報収集力がはなはだ乏しく、ゾイドが載っている事を知らずにスルーした雑誌が数多くあった。
この点は、今でも知らない情報がかなりあり、いずれ調べる必要があると感じている。

その反動もあったのか、キット収集もひと段落し、また社会人になり収入的な面でバランスが保てるようになると、今まで買えなかった紙媒体の資料を一気にコンプリートしようと決意するに至った。
それが2006か2007年頃だったと記憶している。
手始めに、電撃ホビーマガジンとホビージャパンのコンプリートを狙い、全ての号を古本屋で探し始めた。

その頃になると既に1999年の号は入手が難しい状況で、半径50km位にあるBookOffや古本市場、まんだらけ、個人経営の小さな書店にいたるまでシラミ潰しに探し回ったのは良い思い出として覚えている。
100以上は確実に回ったと思う。
その中、定期チェックをするようになった、お気に入り店もいくつか出来たし、それらの店は今でもよく活用している。

私は自転車を趣味としており、実家まで130kmほど…、峠を三つ越えて自転車で帰ってしまう位の自転車バカだったりする側面がある。
古本屋巡りにこの趣味が有効活用できたのは幸いだったと思う。
自転車で探したのは、住んでいる大阪はもとより、京都、兵庫、奈良あたりまで足を伸ばした。
インターネット様の力で古本屋を検索し、地図を製作(当時はグーグルマップなんていう便利なものは無かった)し、休みごとに実際に出かけていた。
他県になるとさすがに電車で出かけたい気持ちにはなるものの、小回りが利く点で自転車は圧倒的だと思う。

個人経営の小さな古本屋は、当時はインターネット検索しても全くといって良いほど引っかからず、出かけた先で探す事を実際やっていたりもした。
駅での聞き込みは、その基本だった。

個人経営の古本屋は、各店舗ごとの性格というか個性がかなりある。
映画のポスターに強い店もあれば、戦中戦後のものに強い店もある。そして極めて少数ながら、やたらホビー雑誌に強い店もある。
こういう店は、店頭以外にも倉庫にお宝が眠っている事も多く、聞き込みをする価値が大いにあるのは最大の情報である。
無愛想な店主も居るし、話好きな店主も居る。
やたら万引き警戒をしている店もあれば、店内がタバコの煙で充満している店もある。
…というか、タバコに関してはほぼ確実にそうなので、かなり覚悟が必要ではある。

ともかく、こうして無事、電撃ホビーマガジンとホビージャパンの過去号をコンプリートし、現在続刊されている号に追いつくまでは2年ほどを要した。
その資料は本棚に大切に仕舞われている。

さて、実はそうやって収集し切ると、次のステージを模索してしまうのが人の性というもの。
この積み重ねで、私は今でも資料収集を展開している。

現在は電撃ホビーマガジンとホビージャパンの他に、ホビージャパンEX、Mark1、てれびくん等をコンプリートする事が出来た。
継続して収集中のものは、学年誌、QUANT、フィギュア王などなどなどで、この道は果てしないなと、集めれば集めるほどに実感している。

資料収集をすると必ずぶち当たる壁があり、それは後半戦において顕著になってくる。
電撃ホビーマガジンは、個人的な話をすると、最後に集めた号は1999年の8月号だった。
この雑誌の過去号を全てコンプリートするのに要した総期間は2年であるものの、実は1999年8月号以外を手に入れるのにかかった期間は1年半位だったりする。
要するに最後の半年は、1号だけを延々探していた。

ホビージャパンEXになるともっと酷く、最後の号以外は半年で集め、最後の号は一年かかって探した。
資料収集は後半戦になると長く辛くなり、「既に持っている号はいくらでも見つかるが、持っていない号だけ延々見つからない」状況が必ず出てくる。
それはインターネットオークションの力を以ってしても起こり得、ここで挫折するかしないかは、資料収集家にとっての大きな分岐点だと感じる。

ただその分、最後の号を見つけた時の感動たるや、押さえつけたバネを弾くと勢い良く飛び出すように、興奮を禁じえない多幸感がある。
そしてまたその瞬間、ゾイドをもっと好きになれる気がする。
それは苦労や道のりといった思い入れがある分だと思う。

国会図書館に行けば、資料の全てを見る事はすぐに出来る。
その事を知っているが、あえてそれは利用していない
国会図書館は学年誌すら全号揃っており(現在はデータ化されている)、かなり魅力的ではある。
実際、見たいかと言われれば見たいのは確実であるが…。
ただ、ゾイドがいわゆる趣味でありライフワークであり、私の中核である。
従ってまぁ、あまりスマートな道じゃなくても、楽しくていいんじゃないかなと思っている。

楽しさに触れる事でモノを好きになるのは当然の帰依であると思う。
ただそれに加え、思うに、おそらく人は苦労する中で、モノへの思い入れをいっそう強くし、より好きになるのではないかと思う。

資料集のみならず、ゾイドを改造したり、ジオラマを作ったり、野外に持ち出して撮影したり…。
そうしたアプローチをする中で、必ず壁に当たり苦労すると思うけども、それを越えた先にも多幸感があり、好きを深められるのではないかと私は思う。
ゾイドを愛し、様々な表現をされている方に出会うたび、より一層それを思う。

私はゾイドをもっと知りたいと思うし、もっともっと好きになりたいと思う。
そう思うにつけ、ライフワークとしてゾイド関連資料を収集し、収集するたびに研究を続けてゆく今のスタイルは、非常に合っている様に思っている。

補足的に加えておくと、あるいは国会図書館で一気に資料を収集する事も、私がやらないだけでアプローチの方法としては大いにアリだとは思う。
そうする事で、一気にゾイド戦史の研究を進めたり感じたり出来る利点は、相当のものであると思う。
また、「紙媒体」と「キット」の、それぞれへのアプローチの比率を比べた場合、私は平均的なファンと比べ、かなり特異だと思う。
だからこそ行かないわけであり、どちらかというと自分がイレギュラーなだけだとは思う。
まぁ、合っているから良いとは思っているけども。

ゾイドへのアプローチの方法は様々あると思うけども、各人が、資料収集なり、改造なり、撮影なり、研究なり、ともかくどのようなアプローチであっても、能動的に動くことで、よりゾイドを愛する事が出来、ファンサイドが活気付くのではないかと思う。
特にこのインターネット時代。様々な事に挑戦できる、あるいはしやすい環境になっていると感じる。
私としては、ぜひそうなっていって欲しいなと思う次第で居る。

そしてそういった思いが、ファン同士の交流によってもっと盛んになり、ひいて言えばそれがメーカーをも刺激する大きな波になれば良いなと思っている。

Back
index

inserted by FC2 system