私と初ゾイド

私がゾイドへのめり込むきっかけとなったのはメガトプロスだった。
学年誌に載っていたバトスト、メガトプロスを中心とした共和国24部隊の活躍を見てだった。

その記事はこちら。

1.デスザウラー、共和国の基地を襲う
  デスザウラーの攻撃で共和国の基地は次々に破壊され、いよいよ共和国は追い詰められた。

2.ゾイド24部隊、中央山脈で激突!!
  中央山脈に立てこもった共和国軍。
  それを追う帝国のデスピオン隊を、共和国の小型ゾイドが迎え撃った。

3.メガトプロス、進撃!!
  デスピオンがのけぞる。
  メガトプロスの一斉射撃だ。
  共和国の新型ゾイド軍団は、デスピオン隊を打ち破った。

小学一年生88年4月号より。
ちなみにこの号の学年誌は最近手になって再び入れる事が出来、思わず小躍りしてしまった。

中央山脈で帝国24部隊を迎撃し圧倒する共和国24部隊…。
デスピオンにのけぞりの姿勢がついているのが素晴らしい。

ちなみにこの号のストーリーはまだ続きがある。

4.サーベルタイガー出撃!
デスピオン隊の思わぬ敗北の知らせを受け、帝国は動きの素早いサーベルタイガーを送り込んできた。
サーベルタイガーの牙がコマンドウルフの喉を食い破る。
サーベルタイガーのスピードの勝利だ。

5.ディバイソン現る!!
突然黒い影が突っ込んできた。
飛ばされるサーベルタイガー。
共和国の新ゾイド、ディバイソンの登場だ!

この部分はこんなバトルがあった事を完全に忘れていた…。当時間違いなく見ていたはずなのに。
私がいかにメガトプロスに一目惚れしたかがよく分かると思う。

ここから一気にはまって、ゾイド記事がもっとないかを探した。
次の号が待ちきれず、家を探すといくつかあった。つまり姉の学年誌だった。

当時、うちの地区では、古雑誌は定期的に行われる古本回収で一気に処理するのが常だった。
案の定、雑誌の束の中にあった。
それらをあさり、ゾイド記事が無いかを探した。
当時姉は小学三年生。
当然その学年誌にもゾイド記事はあり、ウルトラザウルス対デスザウラーの記事(これはバトスト2巻に収録されている)などを見た記憶がある。
と同時に、なにやらこのデスザウラーというのがとんでもない敵だという認識も持ったように覚えている。

ともかく一気にはまった。
年末、ついに私にとって運命の機体であるマッドサンダーが登場し、クリスマスと誕生日(私の誕生日は年末だ)には絶対にマッドサンダーを買ってもらおうと、
心に固く誓っていた。

マッドサンダーはとにかく最高だった。

無敵のゾイドゴジュラスと互角に戦えるアイアンコングを貫通できる大砲を持ったウルトラザウルスを圧倒するデスザウラーを更に圧倒する究極のゾイド!
重厚なボディーに反荷電粒子シールドとマグネーザー、サンダーホーン。
全てにおいて対デスザウラーが意識されたデザインで、しかも説得力があった。
今でも、デスザウラーを倒せるゾイドとして最適なのはマッドサンダー以外ありえないと思っている。

ついでに言うと恐竜が大好きで、その中でもダントツにトリケラトプスが好きだった。
例えばステゴサウルスとかブラキオサウルスも好きだったが、トリケラトプスは次元が違った。

あのティラノサウルスに唯一対抗しうる草食恐竜。それがトリケラトプス…!

肉食獣も好きだったが、どうも草食獣の方が好きなものが多かった気がする。
特徴的なものが多かったからかもしれない。

さて年末、父親と共におもちゃ屋に行った私は興奮気味にマッドサンダーの箱をつかみ、「マッドサンダー」と叫んだ。
もちろん購入してもらい、ほくほくだった。
ただ嬉しい誤算があった。
クリスマスと私の誕生日は極めて近く、だからもう一つ何か買おうという事になった。

さてその当時、ゾイドは大人気で、売り場が一面ゾイドで埋め尽くされていた事をよく覚えている。
しかし、売ってあったゾイドの種類はよく覚えていない。
ただ、メガトプロスが積まれていた事だけはよく覚えている。
何故なら、私が欲したのはそれだったからだ。

ただ何故だか、それは叶わなかった。

父親は私の影響で、少しゾイドに興味を持っていた。
ミリタリー好きの趣味があったので、ゾイドには入りやすかったのだろうと思う。
父親的には帝国のデザインの方が好きだったようだった。
だからかどうかは知らないが、デスザウラーにしようと言い出した。

今にして思えば夢のような話だったと思う。
両軍の頂点に位置するゾイドが一気に手に入るなんて。

ただ正直に言うと、私的には、当時あまり好きじゃなかった。
デスザウラーが。

根っからの共和国派だった。
そもそもデスザウラーは我が軍の所属機ではなかった。

また、子供としちゃ最強の機体を欲しがるものだと思う。
最強。
それは当時間違いなくマッドサンダーだったし、マッドサンダーを持っている時点でデスザウラーはやられ役だった。
少なくとも、当時の私にとっては。

記憶を探ると、その時にメガトプロスの他にも候補はいくつかあったようにかすかに覚えている。
ただウルトラザウルスはその時点で結構かませ犬的な描写が増えていたし、ゴジュラスやディバイソンもデスザウラーにやられる印象があったし、シールドライガーはMK-IIより水色のノーマルの方が好きだったので(その時点で既にノーマルの出荷は終了していた)、その時は欲しいと思わなかった。

メガトプロスはその時点で負けた描写を知らなかった。
むしろ活躍ばかりを知っていた。
つまり当時、メガトプロスは私にとってマッドサンダーほどでないにしろ、かなり強くて負けない機体だったのだと思う。

初めてのゾイドを手にする私は、「やられそうな味方を助けるマッドサンダー」とか、「隣に帝国ゾイドを置いてマッドサンダーで蹴散らす」遊びをするよりも、とにかく強い共和国ゾイドを集めたかったらしい。
通常シリーズと24シリーズでスケールの差を意識した記憶は特に無く、私としてはどちらも魅力的に映っていた。

ともかく、私の思惑とは別に、デスザウラーはレジに運ばれていった。
私が強く反抗しなかったのは、父が心から推薦するデスザウラーを否定する事に、子供ながらに罪悪感を感じていたのだと思う…。
その当時、デスザウラーはそれ程好きじゃなかったから、それも加わっていたんだろうと思う。
マッドサンダーをますます愛していた。
デスザウラーにはすまなかったと今は思う。


作った(作ってもらった)マッドサンダーを飽きずに眺め、飽きずに動かした。
お気に入りはマグネーザーの回転速度を変更できるスイッチだった。

デスザウラーを動かした記憶はあまり無い…。
たまにバトルストーリーのように、マッドサンダーを突撃させるマトにしていた記憶はあるが…。

当時を思い返すと、本当にマッドサンダーマッドサンダーな日々だったと思う。
学校から帰ればまずマッドサンダーを見る。動かす。持つ。
外にもよく持ち出した。

寝る時まで一緒だった。
枕元でいじりながら、そのまま寝ていた。

もちろん、それが元で悲劇も起こった。

キット的に言うとマッドサンダーにはウィークポイントがいくつか存在する。
まず、尻尾の砲。これは非常に壊れやすい。
次いで脚部プロテクター。これが壊れると脚が一気に貧相に見えるのが悲しい。
これらは最初に壊れた。

ここは凹パーツと凸パーツで繋がっているパーツ構成だが、凹の中に凸の先っぽが入り込んだまま折れるという、
まぁゾイドでは定番の折れ方をした。
こうなるともう付かない。
形状的な関係で、アロンアルファではくっつけにくかった。
付けてもすぐ取れた。
最終的には、針金を熱して部品に突き刺し、ジョイントを新規で作って修理した(してもらった)。

その後、キャノンビーム砲も同じように壊れ、同じように直した。

マッドサンダーはどんどんボロボロになっていったが、かわらずに毎日一緒に居たと思う。
その後、暗黒軍が攻めてきて、マッドサンダーは初の敗北を喫し、またギル・ベイダーには多くの機体が破壊された。
それでも、マッドサンダーは私にとっての最高のゾイドである事は変わらず、キングゴジュラスというマッドサンダーに代わる共和国最強巨大ゾイドが出現した後も、
マッドサンダーは私のベストゾイドだった。

あれから多くのゾイドを集めた。
結局、最後まで共和国派で、今でも変わっていない。
自分の意思で、帝国側で買ったのはライジャーだけだった。その理由は今でも思い出せないが…。

共和国ゾイドは、主要なのは大体揃っていたと思う。
ゴジュラスMK-II、シールドMK-II、ウルトラザウルス、ガンブラスター、グスタフ、ハウンドソルジャー、
レイノス、ベアファイターNew、ゴルヘックス、アロザウラー、ダブルソーダ
最終的に、マッド以外にこれだけの共和国ゾイドを揃えた。

少し余談ながら、ガンブラスターとハウンドソルジャー以外に暗黒大陸編ゾイドが居ないのは、当時メインターゲット年齢だった者として、ゾイド衰退とあわせて考えると
興味深いと思う。

我が軍のゾイド部隊の中で、マッドサンダーは一番ボロボロだった。
それでも、我が軍の最高司令官は常にマッドサンダーだった。

今はもちろん、壊さないように細心の注意を払いつつゾイドを扱っている。
だから凹凸での悲劇も99年の再販以降、一度も起こっていない。

ただそれでも、私の初ゾイドだったマッドサンダーは、玩具としちゃ凄く幸せだったんだろうなぁとはつくづく思う。
多分、ある意味で…、大事に扱いすぎている最近手に入れたゾイドより幸せだったんじゃないだろうか…と思う。

そのマッドサンダーは最終的にはアロンアルファまみれになり、メカ生体ゾイドの終了と共にゾイドブームが過ぎた頃、ひっそりと仕舞われた。
99年のゾイド復活以降、ひさびさに日に当たらせ、改めてその惨状に驚いた。
こりゃ、あまりにもボロボロだなと。

2000年頃だったか、数少ない綺麗な状態で残っていたマグネーザー部分のパーツを、マッドサンダーの修理をしている方に無償でお譲りし、もはや完全に修復不能となり、
その生涯を閉じた。

2000年の時点でマッドサンダーの再販は確信していたので、うちに半端な形で残っておくよりレストアされ完全復活させてあげた方が良いかなと思ったからだった。
ただ、いくつかは譲るのを断り、手元に残しておいたパーツもあった。
オレンジ色のクリアパーツとギアボックスのみ手元に残しておいた。
これは、再販時に色が変わっていたら塗装で対応できない部品だから と言うことで残しておいたものだった。

数年後、結局マッドサンダーはほぼ完璧な状態で再販された。
ただし厳密に言うと、オレンジ色のクリアパーツはほんの少しだけ濃い色になっていたし、目の発光が白から赤に変更されていた。
目が赤く光る変更は全然嫌じゃなかったし、クリアパーツが濃くなった件も気にする程ではなかった。
これならパーツ残しておかなくても大丈夫だったかな…と思った。
だが懐かしさから、再販されたマッドサンダーを組む際、クリアパーツとギアボックス(奇跡的な事に、あれだけ酷使していたのに生きていた)は昔のものを使い、組み上げた。

そうして、私にとって初めてのゾイド、マッドサンダーは、受け継がれながら、今も私にとって一番好きなゾイドとして大切にあるし、今後もあり続けるのだろうと思う。

Back
index

inserted by FC2 system