共和国ゾイドのキャノピーは弱点なのか

共和国ゾイドの多くはキャノピー式をしている。
これについて「防御上の難があるが良好な視界が得られる利点もある」という事が言える。
素材は何だろう。
ゾイドバトルストーリー3巻に登場した改造ゾイド「ケンタウロス」は、キャノピーの材質が強化ガラスと書かれていた。
素材はアクリルやポリカーボネートではなく、強化ガラスが基本だと思う。

共和国軍は、長らくキャノピー式を採用し続けた。
だがディバイソンから徐々に装甲式に変化し、カノンフォート……大陸間戦争で登場した新型からは全て装甲式に替わった。
これについての通説は、「もともと共和国軍の技術ではキャノピー式しかできなかった。だが後の時代には徐々に装甲式も可能となった。中央大陸戦争に勝利し帝国技術を吸収した後は完全装甲式に移行した」だと思う。


今回はこの説に対して深く切り込みたいと思う。
……と言っておいてなんだが、通説は正しいと思う。それは開発史を見れば明らかだ。
ただ今回の「深く切り込みたい」というのは「なぜ技術は後々まで発達しなかったのか」という部分だ。

必要は発明の母と言う。
中央大陸はもともとヘリック王国という一つの国であった。それが内部分裂して誕生したのがヘリック共和国とゼネバス帝国だ。

この経緯から言うと、誕生した時点では劇的な技術差は無かった筈である。
共和国軍も帝国軍も、最初期に運用したのはガリウス、グライドラー、エレファンタスというヘリック王国時代に開発されたゾイドだ。
それらは全てキャノピー式をしている。
そこからなぜ、帝国は装甲式に早期にシフトしたのか。共和国は長らくキャノピーに留まったのか。

帝国は早期に装甲式にシフトする必要があり、それゆえ技術を発展させた。一方、共和国はキャノピー式で構わない事情があり長らく据え置かれた。
こう仮定し、肉付けしてみたい。

 

必要は発明の母の例を出そう。
日本軍のゼロ戦は、究極に燃費が良い。形状も空気抵抗が少なく各部も繊細で神業的な設計をしている。
一方、米軍のグラマンF6Fは大雑把な設計も目立ちスマートとは言い難い。
が、それは資源も人も少なく「質でもって対抗するしかなかった日本」の事情と、資源も人も豊富にあり「大雑把な設計であってもそこそこの性能と量で押し切れば良い米国」の事情だ。
そのような事情によって開発が進められ長く続くと、その国の技術的な特徴も出てくる。
共和国と帝国の技術的な差も、この例のような事情があるのかもしれない。

ではその事情とは何か。
最初にキャノピー式が採用されたのは「そうするしかなかった」からだと思う。
当時(ヘリック王国がガリウスを開発した頃)の技術では、まだモニター越しに良好な視界を得る術がなかった。それゆえキャノピー式になった。

さて、キャノピーは弱点なのだろうか。
もちろん被弾には弱いだろう。いくら防弾ガラスでも、装甲部分ほどの強度はないと思われる。
ガラスを厚くすれば応じて強度は上がる…が、厚くしすぎると透過度が下がる。現実的に言って厚みの限界はある。つまり強度限界もある。
しかし、これは「キャノピーの強度」を問題にした発言ではあるが、「キャノピーが弱点なのか」を論ずるものとしては不十分だと思う。
なぜなら、被弾率の問題が考慮されていないからだ。

敵を撃破するにはコックピットの破壊が有効だ。
かのマイケル・ホバート技術少佐も次のように述べている。
「敵ゾイドを倒すのにその機体を完全に破壊する必要はない。敵のパイロットを倒すかコックピットを使用不能にすれば勝利を得ることが出来る」
ただし、これは簡単なようで難しい。

キャノピー=コックピットに命中させれば撃破できとして考る。
ただし、砲は狙った場所に必ずしも着弾させられるかというとそうではない。
発射後に風や大気状態の影響を受けて弾道がブレてしまう。

下図を見てもらいたい。

これは、戦艦が大砲で敵艦を撃っている姿を示している。
赤丸の地点を狙う。想定通りに行けば、赤線の弾道を描いて赤丸地点に命中する。

しかし、そうそう上手くはいかない。砲弾は飛翔中に大気や風の影響を受けブレる。

その結果、おおよそピンクの範囲のどこかに着弾する。
当たるかもしれないし当たらないかもしれない。少なくとも狙ったピンポイントの位置にあたるという事は期待できない。
このように、一点を狙ってもある程度の範囲のどこかに着弾してしまう。これを散布界と言う。

大口径の砲ほど散布界が広い。規模が大きいのでブレも大きいのだ。
歩兵が持てる小口径のスナイパーライフルだと散布界は狭い。ただ、さすがにその程度では防弾ガラスを撃ちぬけないだろう。
ゾイドの砲はキャノピーを難なく撃ちぬける。だが、その代わりに大口径である。つまり散布界がある程度広いと思われる。

 

さて、分かりやすくするために戦車の話をする。
共和国ゾイドを見て「キャノピーなんていう分かりやすい弱点をつけておくのはおかしい」と考えるのは早計だ。
戦車は高い防御力を誇るが、共和国ゾイドと同様に分かりやすい弱点がある。
それはキャタピラだ。


キャタピラは何枚もの鉄板を繋いだ構造をしている。鉄板自体は強固だ。だが、構造上どうしても繋ぎ目が切れやすい。
長距離を走らせると、それだけで切れてしまう事もある位に弱い。
もちろん、被弾など仕様ものなら一発でアウトだ。キャタピラが外れた戦車はもはや動く事ができず、その後は的にしかならない。
と考えると、キャタピラを狙えばいいじゃないかという話になる。

当たれば一発アウト。ただ、散布界の話を思い出そう。
キャタピラを狙うと下図の様になってしまう。

これでは命中率が下がりすぎる。当たらなければ意味がない。
必然的に中央部を狙って撃つ事にる。


こうしなければ高い命中率は見込めないのだ。
また、ここでは散布界から命中率を語っているが、戦場では制止した敵を撃つわけではない。
敵も常に動いているのだから、撃つ時は現在位置ではなく未来位置を予測して撃つ必要がある。
更に、惑星は自転しているから長距離射撃をする際はその誤差も修正する必要がある。
色々と難しい要素がたんとあるのだ。そんな事を総合して考えると、中央を狙って撃つのが妥当になる。

さてゾイドに置き換えよう。
初期の「戦闘用」ゾイドと言えばガリウス。そして共和国が後に投入したのはゴドスやゴジュラス。いずれも高い位置にコックピットがある。

※「戦闘用」の語は強調して書いている。例えばハイドッカーは輸送や支援用である。そのように各ゾイドには様々な目的がある。
 その中で純粋に「戦闘用」として開発されているゾイドとして捉えて欲しい。

帝国としては「キャノピーを撃てば一発で倒せる」と理解しつつも、散布界の事情からそうはできない。中央部を狙わざるを得ない事情があったのだと分かる。
共和国側から考えれば、キャノピーは弱いがそうそう当たるものではない=致命的な弱点ではないと言える。

同様の事は帝国機にも言えまいか。
もちろん言える。例えばマーダの頭部は前方に突き出している。

だからここを狙っても散布界の問題からよろしくない。当たらない。
やはり中央を狙わざるを得ない。そう考えると、帝国ゾイドもキャノピー式であっても構わなかったと思える。
しかし、これは共和国ゾイドのラインナップを見れば分かる。

共和国の「戦闘用」ゾイドは、いずれも背が高い。
ゴドスやゴジュラスだけでなく、ビガザウロやマンモスも帝国小型ゾイドに比べればはるかに背が高い。
高いというのは重要だ。
「低い位置から見上げて撃つ」「高い位置から見下ろして撃つ」このどちらが撃ちやすいか、そして命中率が高いかは明らかだ。
見下ろす方がはるかに撃ちやすいし当てやすい。

陸上ゾイドだけではない。共和国軍には、ペガサロスという対地攻撃が可能なゾイドさえいた。
当時の共和国ゾイドは、帝国ゾイドを「高い位置から狙い撃てる」ようなラインナップであった。
「自身のコックピット部分は被弾しにくいが、敵のコックピットを狙うのは比較的容易」という極めて有利な立場にあったと言える。
特にゴジュラスはキャノピー式であっても全く問題ない。
マーダに乗ってゴジュラスのコックピットを撃つ事を想像すれば、それがいかに困難かが分かる。

おそらく、それゆえ共和国側はキャノピー式で構わなかった。帝国側はコックピットの安全が急務となり装甲化を急いだという事情があったと推測する。
この必要が両国のゾイドのコックピットの処理を別れさせたと思った。

帝国軍は早期から「ゴジュラスの高さから撃たれる」事を想定してゾイドを開発せざるを得なかった。だから装甲化が進んだ。
一方、共和国軍は「レッドホーン程度の高さを想定しておけば良い」という事情だった。だからキャノピー式が中心となり後々まで引き継がれた。

 

ただし、共和国軍に衝撃が訪れたのはデスザウラーだろう。ゴジュラス並の高さを持ち、しかも頭部に砲があるから上から容易に撃たれる。

今まで共和国軍のお家芸だった「上から撃つ」事を、ついに帝国側もやってのけた瞬間だ。
それゆえ、以降は共和国ゾイドにもコックピットの防弾が次第に求められるようになった。そして装甲化が進んでいった………。

デスザウラーについても少し触れよう。
デスザウラーはキャノピー……と呼んでいいのかどうかは分からないが、装甲式ではないコックピットをしている。
これは一見して不思議な事ですが、今回の説から考えるなら「上から撃たれる事がない」ので、過度に重装甲にする必要はなかったという事かもしれない。

キャノピーの事情について、このように考えてみた。
なかなか面白い説になったと思う。

さて、更にもう少しだけ続けたい。
共和国ゾイドは必ずしもキャノピー式にする必須がなく、それゆえ技術の発展が遅れたと推測した。
ただし、それはゴドスやゴジュラス等の純粋な「戦闘用」ゾイドにおいての話だ。
ゴルドスやカノントータスのような機体には、できることなら装甲化を進めてあげて欲しい所でもある。
共和国ゾイドであっても、コックピット位置が低い機もある。

多分、前線の部隊には「せめてもう少し防弾を…。俺たちはゴジュラスと違って撃たれるんだ」という声があっただろう。
しかし軍部の判断は、主力戦闘ゾイドを是とする方針があったんじゃないかなと思う。
それゆえ全体的に「キャノピーで構わない」という風潮がまかり通り、後年まで装甲化が見送られたのかもしれない。

それでも、やはり防弾を求める声を全く無視する事もできない。
それゆえ共和国の開発メーカーは「より強度の高い超超防弾ガラス」の開発に死力を尽くし、後年の24ゾイドのクリアー装甲を開発させたのかもしれない。

共和国24ゾイドは、クリアー装甲で全身を覆う異様な姿をしている。
設定として高い防弾性を持っているのだが、この透明でありながら脅威の防弾性を持つ特殊装備は共和国軍のキャノピーの事情ゆえと考えると面白いかもしれない。
ただ、この防弾性を高めたクリアー装甲でも完全な装甲式に比べれば強度は劣る。それゆえ後年は装甲式にとって代わられたのかもしれない。

そんなわけで、キャノピーの事情を考えてみた。
ところで「散布界」の話を出した。散布界は主に実弾砲を想定して書いている。ただ、ゾイド界には実弾砲の他にも「ビーム砲」もがある。
ビーム砲の散布界にも触れる必要があると思う。
今回の説を元に、いずれビーム砲の事情も加味した考察をしていきたいと思う。

Back
index

inserted by FC2 system