ゴジュラスの凄さを語る

ゴジュラスと言えば、やはりゾイドの顔。

何故、顔とされているのか。
「初期から居たしゴチャメカしててゾイドっぽい」
確かに、それはあると思う。しかし、戦史を読み解くと、顔とされるだけの実力と戦果を挙げている事が分かる。

今回は、それについて語る。

 

さて、ゴジュラスがロールアウトしたのは、第一次中央大陸戦争時。この大戦は、最終的にヘリック共和国軍がゼネバス帝国軍を下し大勝利した。
共和国軍が勝ったというのは、まぁ、ある意味必然だったと感じる。
何故なら、両国は国力差が極めて大きかった。

ヘリック共和国領土は、気候は良いし、資源にも恵まれているし、飛行型野生体も多い。
ゼネバス帝国領土は、気候が荒々しく、痩せた土地が広がり、飛行に適した野生体も少ない。
「戦いは数だよ」とは某アニメの名台詞だが、まさにその通り。
バトルストーリー1巻には、両国の国力差を理解し嘆くゼネバス皇帝の姿も描写されている。

共和国軍が物量に勝るというのは、初期からあった構図だ。
ちょっと不思議なのは、共和国というのは、まぁ、主役サイドであると思う(初期においては特に)。
普通、主役サイドというのは、「圧倒的不利な立場であり、そこからいかにして逆境を乗り越え逆転勝利するか」であると思う。
しかし、ゾイドではそうなっていない所が興味深い。

話をゴジュラスと第一次中央大陸戦争に戻す。
この時期の物量差は、本当に凄かった。
第一次中央大陸戦争で投入された大型ゾイドの種類を見ると、
共和国=6種類(ビガザウロ、マンモス、ゴジュラス、ゴルドス、サラマンダー、ウルトラザウルス)
帝 国=3種類(レッドホーン、アイアンコング、サーベルタイガー)
と、倍の開きがある。

大型ゾイドは、戦場での決定力を持つ。
こうして見ると、そりゃあ帝国軍は負けるよなぁ……と思ってしまう。倍の差は、やはり大きい。
しかし、3対6という単純な数の勝負でなく、ゾイドの質で考えてみよう。そうすると、別の見え方をする。

確かに、種類は3対6。倍を有する共和国軍は圧倒的に優位。
しかし、[陸戦型][直接戦闘型]を満たしているゾイドで比較してみよう。この条件を満たすゾイドは、
共和国=2種類(マンモス、ゴジュラス)
帝国=3種類(レッドホーン、アイアンコング、サーベルタイガー)
になる。

というか、正直、マンモスは全く使い物にならない(ゴルドスと同程度の交戦力しか持たない……)。
性能劣により、省いてしまった方がいい。

実質的には、
共和国=1種類(ゴジュラス)
と考えるべきである。

こと直接戦闘の大型ゾイドで言えば、3対6なのである。

 

共和国軍は、帝国軍に比べ、空軍力・索敵力・指揮管理力で大きく勝る。それを活かし、共和国軍は第一次中央大陸戦争に勝利した。
とは言え。とはは言えだ。
いくらゴルドスやウルトラザウルスのバックアップ(支援砲撃や指揮管理)を受けても、最前線で戦う実戦部隊に能力が欠けていれば勝利はしない。
例えば、平凡な監督を付けたプロ野球チームと最高の監督をつけた少年野球チーム。さて、戦えばどちらが勝つ?
指揮官が重要なのは当然だ。しかし、コマの質もやはり大事である。

そういった意味で、共和国唯一の陸戦型直接戦闘用大型ゾイドとして、ゴジュラスが果たした役割はやはり絶大であったと言える。
3対1を制したのは本当に凄い。
そして、もう少し掘り下げると、更に凄い事も分かる。

ここに挙げた、ゴジュラス、レッドホーン、アイアンコング、サーベルガイガーの四機。この中で、最も開発期が古いのはゴジュラスだ。
最も旧式なのに、戦い抜き勝ったのだ。
レッドホーンはともかく、アイアンコングは対ゴジュラス用として設計された対抗機。
サーベルタイガーも、資料によっては対ゴジュラス用の表記がされている。対ゴジュラス用特化ゾイドではないと思うが、それでも、ある程度は交戦を視野に入れていたのは確実だろう。

ゴジュラスは、速度は遅い。
長距離砲もない(第一次中央大陸戦争時は、キャノン砲を背負ったタイプはわずかしか居ない)。
サーベルタイガーのような立体的な戦闘はできない。
生産性も、この四種類の中で最も低いだろう。

考えうる限り何もかも最悪な状況の中、それでも、見事に持ち前のパワーと頑丈さで強引に戦い、そして勝ったのだ。
戦史を振り返ると、ゴジュラスはやはり最強のファイター、メカ生体ゾイドの顔と言うに相応しいものがあると再認識できる。

という事で、ゴジュラス最高! いつまでも、貫録を見せつけて欲しいと思う。

Back
index

inserted by FC2 system