骨ゾイドを考える

私がゾイドを知ったのはメガトプロスがきっかけで、その頃の主力キットと言えば帝国側はデスザウラーやコングMK-II、共和国側はウルトラザウルスやディバイソンだった。
程なく、グレートサーベルやマッドサンダーといった更に強力な装備を付けた新型も次々登場し、私は大いに憧れた。

ゾイドバトルストーリー4巻も発売され、書店でねだった末に買ってもらった。
余談だが…、近所の本屋では、どこでもバトスト4巻を入荷していた。これはよく覚えている。本当に大人気だった。
さて、4巻を読んだ後、他の巻も欲しいという事になり、1、2、3巻も手に入れる事に成功した。

そこでメガトプロスより前の時代のゾイドの事を知り、ああ最初のゴジュラスやコングは背中に何も背負ってないんだとか、初代は色が違ってるんだとか知った。
4冊のゾイドバトルストーリーを見て、私はどんどんゾイドワールドに惹き込まれていった。

私の家は何ていうか、本はともかく玩具はなかなか買ってもらえない方針だった。
それはもう1年待ってクリスマスと誕生日を狙うほか無かった(私の誕生日は年末なので、実質、大型プレゼントは年1のような状態だった)。
だから、ゾイドバトルストーリーに付属するカタログを眺め、必死で次の誕生日に買ってもらうゾイドを吟味したものだった。

さてカタログを見て、何となく見た目で、「マッドサンダーやディバイソンに比べてゴジュラスやゴルドスはゴチャゴチャしてて旧式っぽいな」という感想を持った。
しかし旧式だからカッコ悪いというわけではなく、旧式っぽいけどカッコいい!!!と思わせるものだった。最新鋭じゃないけども、渋くて頼もしい魅力的な老兵に映った。
それはもう、全てのゾイドを欲しいと思った。
特に共和国派だったから、共和国ゾイドは全て欲しかった。

だがそんな中で、例外が無いわけではなかった。
ガリウスはじめ初期の共和国小型ゾイド。これだけは「いらん」と思った。
(ストレートな表現だが、当時としての感想であるのでご容赦いただきたい)


「ガリガリやんけ」
というのが当時の率直な感想だった。
私がゾイドに入った当時、既にアロザウラーがスタンダードなゾイドとして君臨していた。
だから、それを基準としていた私にとって、ゴドスさえヒョロヒョロに写っていた。
いわんやガリウスは…。

かろうじでフロレシオスはいいかもと思っていた。フロレシオスはなんだかタンク始め各種装備が付いていてちょっとだけたくましかった。
ペガサロスは見る角度によっては… うーん…… でもこいつは割と強いし…(バトスト1戦力比較表参照) とか、複雑な感想を持っていた。
だが他のゾイドの感想は壊滅的だった。

ガリウス、エレファンタス、ゴルゴドス、ハイドッカー
いわゆる"骨ゾイド"。これらの評価は特に辛らつだった。
何故なら同系モチーフで肉の付いたゾイドが居る。どうしても、それらと比べてしまったのだ。

だが今になって骨ゾイドを見直すと、これはこれで、なかなか味があって面白いと思った。
そして今、深く骨ゾイドを考えてみたいと思った。
彼らにしろ就役当時はまごうことなき「最新鋭機」だったわけで、その時代としては十分な能力で君臨したはずなのだ。
その辺を考えてみたい。

 

さて、航空機は現代戦において欠かせない。そんな事は言うまでも無い。制空権無くして勝利はありえないと言ってもいいだろう。
しかし航空機だけで敵地を完全に制圧するのは困難である(戦術核でも使えば話は別だが)。
敵地の制圧には、やはり地上部隊の投入が欠かせない。
むしろ、地上部隊を効率よく運用する為に他があるといっていい。

上空からの航空支援、後方からの砲撃支援。
いずれも欠かせないが、やはり「支援」でありメインは地上部隊だ。

そして、地上部隊の主役は歩兵だ。
いくらゾイドが居るといっても、また、そりゃあインパクト的な意味ではゾイドが主役だろう。しかし数の上、そして敵地を完全に制圧する意味においては歩兵が最重要だ。
ゾイドの性能が低く、また小型しか居なかった極初期の頃は、更に歩兵の重要度が高かっただろう。

その事を踏まえて、初期の骨ゾイドを捉えてみよう。
昔から、何となくゾイドといったら「対ゾイド戦が当然」な思い込みがあった。
が、その思い込みをリセットしてみよう。
対ゾイド用ではなく、「対歩兵」用ではないかと考えた時、新しい可能性が見えてきた。

「歩兵こそが主力である(初期の時代においては特にその重要度が高い)」「初期におけるゾイドの任務は歩兵の支援である」
これを仮定して、改めて骨ゾイドを考えたい。

RMZ-01ガリウス

対ゾイド戦を想定すると、とてもじゃないが乗りたくないゾイドだ。
だが対歩兵としては素晴らしい性能を発揮しそうだ。
特に前面のマクサー35mmビーム砲は、改めて見ると対人用に適した位置にあるように思える。
また、その足は踏み潰すのに適した形状だ。想像したくはないが…。
防御力は無きに等しいが、それでもゾイドだ。歩兵の装備程度では容易にやられまい。
対歩兵と考えると、このむき出しの構造でも「必要にして十分」なものなのだろう。

RMZ-02グライドラー

上空から味方の目となり敵部隊を偵察するのだろう。
防御力が皆無で運動性が低そうな見た目も、この時代は他にろくな航空ゾイドが居らず、またロクな対空装備も無かった時代だろう。
それを考えると、やはり必要にして十分だ。

地球の戦争で使用される航空機。これの歴史に少し触れよう。
  最初の頃、航空機は戦闘力を持たず敵地偵察に使われただけだった。
  最初期は、お互いに攻撃手段を持たず、敵偵察機に対し、そのまますれ違ったり、お互い手を振って挨拶していることもあった。
  しかし、航空偵察の効果が上がり始めると、敵偵察機の行動は妨害する必要性が出てきた。
  最初は持ち合わせていた工具を投げつけたのが始まりとされている。やがて煉瓦や石を投げ合い始め、拳銃や猟銃を使い始めた。

グライドラーはこの時期のイメージにかなり合致する。

RMZ-03エレファンタス

初期の索敵機だ。耳は高度な音響解析装置になっており、敵の位置を探る。
グライドラーが敵部隊の大局的な動きを探るものなら、エレファンタスは地上部隊に直接随伴し、より詳細な策敵を行う機体なのだろう。

 

と、このように考えると、それぞれ「細い」「弱そう」だけではなく、彼らの合理的なデザインが見えてくる気がした。
あくまで「歩兵」の支援が任務であり、対ゾイドでは無い。

後のRMZ-07ハイドッカーは、特に歩兵支援が意識されていると思う。

このゾイドの主な任務は兵員輸送である。このゾイドの設定は、歩兵こそ主力の時代を色濃く思わせる。
(ただハイドッカーは、この構造でどうやって兵士運んでるのの?という別の問題もある気がするが…)

RMZ-08ペガサロス、RMZ-09スパイカーあたりになってくると、対ゾイドが意識された装備になってくる。

しかし相変わらず装甲は無い。
これは、「歩兵支援用のゾイドを一方的に狩る」ゾイドなのだと思う。
ガリウスやエレファンタスは歩兵を意識した装備しか持たない。
だからそのレベルのゾイドを想定した「対ゾイド用の戦闘ゾイド」には、装甲は必要なかったと思うと納得できる。

そういった対ゾイド用の戦闘ゾイドが増え始めると、更にそれを倒す為の新型戦闘ゾイドも誕生させる必要が出てくる。
それらは「対ゾイド用装備を持つゾイド」と戦うわけだから、分厚い装甲は必須だ。それこそがゴドスから始まる重装甲スペシャル級ゾイドである………。

と、こんな風に考えると、今更ながら極初期の小型ゾイドたちが納得でき、どんどん魅力的に見えてくるように思う。

正直、今でもカッコいいかと言われると微妙な所は否定しがたい。
活躍した時期は決して長くなかった。バトルストーリーでの扱いは散々だ。
だが、深く考えるとゾイドワールドの根幹が見えてくると思う。

やはり最初期のゾイドだけに、それゆえのカッコ悪さと、同時に他には無い魅力が詰まっていると思う。
改めて見直すと、非常に魅力的なデザインだと思った。

Back
index

inserted by FC2 system