ゴジュラスのタフネスを考える

「防御力が高いゾイド」と聞いた時、何が思い浮かぶだろう。
おそらくマッドサンダーが最も多いだろう。グスタフもなかなか多いと思う。
共通しているのは装甲の分厚さだ。
どちらもモチーフ由来の分厚い装甲を有し、敵弾に耐える。

もちろん、それは正しい。装甲が分厚いゾイド=防御力が高いゾイドと考えて間違いない。
だがメカ生体ゾイド初期の時代、装甲はさほど抜きん出ていないにもかかわらず、驚異的な撃たれ強さを発揮したゾイドが居る。
それはゴジュラスだ。

…一応、ゴジュラスの装甲は非常に強固である。それは確かだ。
同じボディフレームを使用したゾイドマンモスは145t。対しゴジュラスは230t。体格は同程度なのに、実に85tもの差があるのだ。

この重量差は、装甲の重さも大きな要因だろう(ちなみに85tといえばタイプゼロ装備のライガーゼロと同じ重量である)。

だがゴジュラスを見ると、装甲部分は少ない。むき出しのメカ部分が多い。
前後脚の関節部などは強固にガードされているが、それ以外は非装甲部が多い。かなり極端な集中防御方式を採っている。
個人的に、前面(腹部)をガードしていないのはとても気になる。
…なお前面をガードしていない事はデスザウラーにも共通する。

ゴジュラスは格闘戦が得意だ。基本戦術は、撃たれながらもそれに耐えて接近し、強引に格闘戦に持ち込むというものだ。
レッドホーンをその戦術でよく倒している。だが…、この戦術を採るのなら、前面は最も分厚くガードしそうなものだが…。
なにせ、「撃たれながらも前進する」のだから、撃たれる前提だ。ガードしたい。
いくら強固な装甲でも、それが無い部分を狙われたら意味が無い。
あのマッドサンダーも、正面ならデスザウラーの荷電粒子砲に耐える。だが飛行タイプのデスザウラー(デスウイング)に空から撃たれ背中に直撃。大破炎上した事がある。

さてゴジュラス。
先にも書いたが、驚異的に撃たれ強い。
レッドホーンの巨砲に撃たれてもなお接近し、格闘戦でねじ伏せる。サーベルタイガーに撃たれても絶えまくり、最後には捕まえて仕留める。
…MK-II(量)のイメージだとどうしてもすぐにやられる印象があるが、ノーマルタイプは本当に撃たれ強かった。
まさに驚異的なタフネスであった。

これはどこからくるのだろう。不思議だ。前面は全く装甲が無いのに。
これを考えた時、ゾイドの防御力は「装甲」以外の要素で捉える必要があるんじゃないかと思った。

実は学年誌の資料に、このような資料がある。

アイアンコングが就役した直後くらいの記事で、細かい評価がしてある。ここから導けそうな気がする。

この表で興味深いのは、「装甲の強さ」「頑丈さ」の項目がある事だ。
防御力に関する項目が二つあるのだ。

防御力とはこの二つの概念で考える必要があるのだろう。
一つは「装甲の強度」もう一つは「頑丈さ」で、この二つの総合=防御力。

一つ目は分かりやすい。
では二つ目を深く考えよう。
「頑丈さ」とはいったい何ぞや。
これに対し、「内部メカの頑丈さや信頼性」ではないかと思った。

 

「内部の頑丈さ・信頼性」

 

メカニックにも色んなものがある。例えばエンジンの話をする。
航空機用のレシプロエンジンには水冷エンジンと空冷エンジンがある。
エンジンは熱くなるとオーバーヒートしてしまうので、常に冷す必要がある。それを水でやるか空気でやるかの差である。

左が水冷エンジン(アツタ31型エンジン)。右が空冷エンジン(ツインワスプエンジン)。

水冷エンジンはとにかく撃たれ弱い。
一箇所に被弾しただけですぐに全体がダメになり、冷却機能が完全ストップする。結果、被弾から数分でもれなくオーバーヒートして墜落の憂き目と相成る。
対して空冷エンジンは頑丈だ。
被弾して「当たった部分」が壊れても、多少出力が落ちる程度でしぶとく回り続ける(もちろん被弾箇所が悪かったり何発も喰らってダメージが蓄積すればその限りでは無い)。
信頼性は非常に高い。
しかも構造が単純なので整備が楽だ。対し水冷エンジンは部品点数が多く構造も複雑なので整備士泣かせである。

…もちろん液冷エンジン側のメリットもある。

左が水冷エンジン搭載機(飛燕)で、右は空冷エンジン搭載機(零戦)。
見て分かるように、前面の面積は水冷機の方が小さい。水冷エンジンは空気抵抗を抑えた高速機を造るのに向いている。
また駆動時の騒音が低いのもメリットだ。その代わり、先に書いたように整備性や耐久性は低い。結局、どちらが決定的に良いというのは無く、一長一短である。

高性能と引き換えに整備が難しくなるのは宿命だ。
レーダーに映らないステルス爆撃機B-2は、その高性能と引き換えに、劣悪な整備状況がある。
機体表面を常に磨き上げておかないと、ステルス性が発揮できないのだ。その為、この機体は維持するだけで莫大な整備費用が発生する。
A-10やB-52といった機体は古典的な形状であるが、古いが歴史ある成熟した技術で作られているので、整備は非常に容易だ。
どんな時でもフルに性能を発揮する。…その分、もちろん性能は最高級ではないのだが。

 

おそらく、ゴジュラスの内側は、成熟した信頼ある技術で作られているのだと思う。
ゴジュラスは当時の最高級の技術を投入された…のは確かだが、基本構造は、ビガザウロから続く巨大ゾイドのボディフレーム製造技術を成熟させたものなのだろう。

だから非常に丈夫であり、撃たれても完全停止する事が少ないのだと思う。

 

さて、ゾイドは生物である。この部分は活かして欲しいと思う。
この部分も踏まえた時、「装甲の強さ」「内部の頑丈さ・信頼性」は、どう捉えるべきなのだろう。

思うに、装甲の強さは「皮膚や外骨格がどの程度強固か」であると思う。
では「内部の頑丈さ・信頼性」は何かというと、その生物の「生命力がどの程度強いか」であると思う。

トリケラトプスやダンゴムシは、装甲を分厚くすれば良いモチーフ消化だと言える。
一方で、「生命力がどの程度か」というものも考え、内部的な頑丈さ・信頼性に結び付けて良いと思う。

ゴジュラスに関して言えば全くその通りになっていると思う。
装甲は心もとない程度でしかないが、ティラノサウルスを思わせる圧倒的な生命力の強さ=頑丈さを誇る。
これにより被弾に耐え得る。

「防御力」というと、装甲ばかりに目を奪われがちだ。
だが生物のより深い部分を考えてみると、よりゾイドらしい仕上げが出来ると思った。

ゴジュラスやデスザウラーの前面装甲が無いのは不思議と書いた。
確かにそうだ。前面を装甲で覆わないなんて。
だが、生物の腹部は基本的に弱い。それを模して、あえて装甲を廃止しているのだろう。
その分、ティラノサウルス由来の頑丈さでもって耐える。一見すると不思議なようだが、深く考えると、まさにパワフルなメカ生体な構造だと思える。

防御力を「モチーフの生命力」とあわせて考えると非常に面白い。
装甲強度の他にも、もっともっと深い部分での耐久性を考えていけば、より魅力的なゾイドが生まれそうな気がする。

Back
index

inserted by FC2 system