ゴーレムを考える

子供の頃、ゴーレムというゾイドが好きになれなかった。

もちろん、それは当時としての想いである。今ではその素晴らしいデザインに惚れ込んでいるくらいだ。特に装甲を外した時の腕の感じが最高だと思う。

当時好きになれなかった理由は「ひいき」を感じていたからだろう。
私が大好きなメガトプロスを破ったのはまぁいいとして、超巨大ウルトラザウルスまで破ってみせたのは、熱狂的な共和国ファンとしてはいかにも「生意気」な存在だった。
しつこいようだが補足。
もちろん当時としての思いであり、今では「小型ゾイドでも知恵と勇気をあわせれば巨大ゾイドを破壊できる」事を証明した名エピソードだと思っている。
ちょうど、バトルストーリー1巻における小型ゾイドとエコーによるウルトラザウルス強奪事件と、それをカノントータスによって奪い返した一件にも通じる。

さて、ひいきという点ではもう一つ。宣伝上でのひいきを感じていたというのもあった。
テレビCMも単独であったし、雑誌の広告も多かった。ゴーレムの広告は、同じ年に登場したマッドサンダーより多いんじゃないかという位ある。

「"G"が来た」「キミは"G"を見たか」と、まるで最強ゾイド級のVIP待遇だ。

そしてゴーレム発売時期のカタログ。

「五感と頭脳を兼ねそなえた特殊工作メカ」というあおり文句は、他のゾイドとは一線を画しているかのようだ。
これがシャクだった。
ゾイドであるから、五感と頭脳を備えているなんて当然じゃないか。それこそがゾイドの強みではないのか?
このあおり文句は、ゴーレム以外のゾイドが完全人工の無機物だといわんばかりだ。

さて今回は、このことに関して、もしやという仮説を思いついたので書いてみたい。

24ゾイドは大好きなシリーズだ。
だが、良く言われる事だし自分としても大いに謎だと思っている事がある。それは「ゾイド生命体(コア)はどこに入っているのか」という事だ。
ショットウォーカーは特に、スペースが無いように感じる。

デスピオン、ドントレス、ロードスキッパー、バトルローバー、ネプチューンも、操縦席位置から考えると少々厳しそうに思える。
メガトプロスは入りそうだ。しかしメガトプロスは別の問題がある。体全体が「生物か?」と疑問をもってしまうほど、がばっと展開する。

大胆すぎる仮説だと思うが、もしや24ゾイドは完全なる人工ゾイドではないかと思ったのだ。
野生体を使用しない擬似的ゾイド。完全人工ゾイド。

設定上、24ゾイドは就役と共に直ちに量産・配備が進み、またたくまに戦場の主役となっている。
この辺りはゾイドグラフィックスvol.13の資料に詳しい。

またたく間に超超量産され配備が完了したというのは凄い事だ。
しかしその理由が、
①24ゾイドが野生体を使用しない完全人工ゾイドだから量産できた
②野生ゾイドとの相性を考慮しなくても良い完全人工ゾイドだからパイロット育成がスムーズに進んだ
と考えれば、納得できるものではないだろうか。

この説にもう少し肉付けしたい。以下は私が考えた開発経緯などの妄想だ。

元が生物であるから、ゾイドの最小サイズには限界があった。どうしても野生体の大きさに左右されるのだ。
現在の技術では、最小サイズの限界はゲーターやグランチュラといったサイズだった。しかし戦場では、それよりも小さいサイズのメカも必要とされている。
もともと、ビークルのようなメカはあったが、ゾイドの高性能化に伴って能力不足になってきた。そこで野生体を使わない小サイズの完全人工ゾイドを造る研究が始まる…。
完全人工ゾイドのプロトタイプとして完成したのはアタックゾイドであった(アタックゾイドの幾つかも、コアが収納できそうに無い形状をしている)。
アタックゾイドは従来のビークルよりは飛躍的に高性能であり、大活躍を演じた。
しかし完全人工ゾイドであるから、どうしても野生体を使ったゾイドに対しては非力であり、せいぜい奇襲や敵を翻弄する程度の働き。
しかし非常に使い勝手の良い人工ゾイドの評価は高かった。
その後も改良の研究は続けられ、ついにアタックゾイドより飛躍的に強力な完全人工ゾイド・24ゾイドを誕生させたのだった……。

サンドスピーダという、どう見ても生物じゃないような機体も、当時はゾイドとして扱われていた。

それも、この説の通りだとすれば、あるいは納得できるのではないだろうか。

そしてゴーレム。
「五感と頭脳を兼ねそなえた」とある。また、この24ゾイド中で唯一ゴーレムのみ、明確に内部にコアがある事が描写されている。

開発者は帝国の若き天才、マイケル・ホバート技術少佐だ。
彼の力をもってして、ついに野性ゾイドのコアを使用した従来よりも小型サイズのゾイドを開発することに成功した。
いくら高性能化したといっても、所詮は人工ゾイドでは野生ゾイドに対して劣るのは仕方の無い事。
野生体を使用したその小型ゾイドは、ゾイド本来の力をふんだんに発揮する事が出来、このサイズとしては一線を画する高性能になったのであった。
それがゴーレムである、と。

少々蛇足であるが、24ゾイドの完全人工ゾイドという部分は更に研究が続けられ、後に大型化に成功。ブロックスの技術に繋がっていると考えても面白いかもしれない。

 

さて、以上ゴーレムを中心に24ゾイドの事を考えてみた。
しかしここからは、あえて反証するものも考えてみたい。

ゴーレムの広告は、先に紹介したようにかなり特別感が出ている。
それは事実だ。だが一方で、その他の24ゾイドについても検証する必要があるだろう。

先にカタログで、ゴーレムが「五感と頭脳を兼ねそなえた」と紹介されており特別感があると紹介した。
他の24ゾイドも見てみよう。

実の所、デスピオンの所には、思いっきり「機械獣」と書かれていたりする。しかも「どう猛」とある。だからやっぱり生物なのかなあとも思ったりする。
人工ゾイドならどう猛とは紹介しないような気がする。

ネプチューンも、やはりどう猛だと紹介されており生物的だ。

ロードスキッパーも、イダテンというのはいかにもダチョウである。
このゾイドの特徴は「あっという間にトップスピードに達する」という事でもある。これはやはりダチョウのコアを使用したからとも思える。

その他、学年誌記事のメガトプロスを見ていると、「ゴーレムとふいに遭遇し、思わず突進する」といういかにも生物らしい戦い方をした事があったりする。
なので、やっぱり人工ではなく通常と同じように野生体を使用したゾイドではないか…という風にも思える所もある。

一方で人工ゾイド説も、ある程度はしっくりくる。
まあ、実際はどうなっているかと、これはもう謎という他は無い。しかしこうやって答えのないものを追い求めるのも楽しいものである。

さて24ゾイドを色々考えてみた。今回は自分の中で結論が出ていないという事もあり、このような締めになってしまった。
しかし今後、より資料を集め、より検証を重ねる事で、再度より深い考えを築きたいと思う。

24ゾイドは、メカ生体ゾイドシリーズの中では異端扱いされる事も多い。
しかしその異端さを含めて、見れば見るほどに、考えれば考えるほどに大好きなシリーズだ。

Back
index

inserted by FC2 system