知育玩具としてのゾイド

ゾイドは箱に入った未組の新品を購入するもの、というのが当たり前だった。
その概念も崩れて久しい。組み済みのゾイドを購入する機会も増えた。
その是非はともかく、そういった機会が増える中で思う事があったので、書いてみたい。

組み済み現状のゾイドを購入するというのは、状態がまちまちのものを購入するという事でもある。
割と凝り性な部分があるので、結構気になる。
ゲート処理の甘いものや、ホコリまみれなものが多い。
こういうゾイドを手に入れた際は、可能な限りのゲート処理を行った後、洗浄を行っている。

洗浄は、ボールとぬるま湯、中性洗剤を使うと良い。
歯ブラシを使い一つ一つのパーツを磨いていると、それはそれで新品購入には無い思い入れが生まれる気もする。

さて、この作業をしていると、どうしてもやっかいな問題が浮上する。
パーツを洗浄した後には、当然組む作業が必要になる。
しかし組み済みゾイドを買うというのは、たいてい本体のみの購入という事だ。つまり何かというと、説明書が無い。

そこでどうするかというと、これはもう根性で組むしかない。
ネットや書籍でそのゾイドの画像を探し、だいたいのパーツ区分を行って、あとはトライ&エラーでひたすら組む。
ゼンマイクラスならともかく、大型電動ゾイドになるとかなり大変でもある。
ただこの作業が実に面白いと思う。
ゾイドの組み立ての面白さを再確認できる気がする。

というのも、ゾイドは普通のプラモデルとは違う。
それは「動く」という要素がある事だ。
例えば口の動きを作るために動力伝達用パーツを仕込んであったり、間接の動きを再現するために複雑なパーツ構成になっていたりする。
その為例えば、胴体は完成したと思っていたけど、やっぱり動力伝達パーツを一つ入れ忘れていたのに気付いてもう一度バラす……なんていう作業も日常茶飯事だ。

普通のプラモが単純に一軸で取り付けるような部分でも、「連動」の為にかなり複雑にしている部分があったりする。
そういう構造の違いがやはり「動きのゾイド」なんだなぁと再実感する。
そしてそれが実に面白い。

思うに、ゾイドは知育玩具としてみても良いレベルのものだと思う。
組むたびに思う。

 

「立体パズル」というのがあって人気商品になっている。

これは、立体ピースを組みあわせれば特定の立体が出来上がるというもの。
まぁ、立体であり組み立てるものだからプラモデルやブロック玩具(レゴやダイヤブロックなど)との違いは何かといわれたら難しくもある。
「特定の形を目指しながらも組み立て説明書が無い」として良いと思う。
(プラモデルは組む工程が説明書で示されているし、ブロック玩具は基本的に作るべき特定の形が示されておらず自由)

立体パズルやプラモデルやブロック玩具は、知育玩具としてとても優秀なものだそうだ。
子供の頃にこういうのをやっておくと、考える力が強くなり、立体を把握できる力が大いに増す。また大人になってからも、老化防止に最適との事。
その辺は、ゾイドに深く関わるユーザーなら周知のところだろう。

さて、何度か組み済みゾイドを買い、説明書無しで組み立てる事を繰り返していると、ゾイドは知育玩具=難度の高い立体パズルとして使用しても良いと思うに至った。
特に、メカ生体ゾイド時代のものは、通し番号順に組めるようになっているので適していると思う。
(それ以降のものは「順番に頼れず更に難度がアップしたもの」として良いとも思う)

それも、ただの立体パズルではない。
動く立体パズルだ。

「動き」があるからこそ、構造が難しくもある。
ただそれゆえ、苦労して組み上げた時、動きの構造を自然と知り、理解する事ができる。
そしてゾイドは、ギリギリで説明書がなくても組める程度の、絶妙なパーツ構成をしていると思う。

大げさでもなんでもなく、ものづくりの国ニッポンとして、これ以上に適した教材があるのか?と思う程に知育玩具だと思う。
凄く真面目な話、学校の教材として使用しても良いんじゃないかと思ったりする。
無機的なものより学ぶ方もテンションが上がるだろう。
(ものづくりとは技術などテクニック的な方面も大事だが、同じ位、情熱やテンションが大事である)

単純な動作のゼンマイゾイドから、複雑な動きのモーターゾイドまで、全て教材足り得る存在だと思う。
簡素なものは低年齢層に向け、複雑なものは、よりその道を志す者へ。

パーツを切り出す所から勉強になると思う。
というのも、最近はカッターすら使えない子供が増えてる(最近の若いモンは、という意見かもしれないが)。
そこへ、ゾイド。

小学校の頃のプラモ作りというと、ニッパーやカッターなど使わず、ランナーからもぎ取って作る事が多い。
ゾイドの場合、それによってギミックがひっかかる部分が稀に出てくる。
そこで工具の使い方を教えたりすると良いと思う。

今は低年齢層に向けてタッチゲート……工具を使わなくても綺麗にパーツが取れるプラモデルもあったりするが、ものづくりの国の未来を育てるなら、これは逆効果ではないだろうか。
もちろん、そういうのもあってもいい。
ただ、やはりある程度の器用さは、教え育てる機会が必要だろう。
カッターは切れる。血が出る事もあるだろう。それは痛いし嫌な事だ。
ただ、だからといってフタをすると後でもっと痛い目を見る事になってしまうと思う。
無菌室で育てたラットは健康に育つが、つまらない病気でころっと死ぬ。
時に傷を作りながらも、それ以上のものを得てこそだと思う。

プラモデルやゾイドは、それを教え得るものだと思う。
そしてゾイドは、組むだけでなく動く。
「この機体にギミックを一つ足せる?」と言って考えさせたら、どんなに勉強になるだろう。
その考えは、今後の日本を支えていくものにもなるだろう。
本当に凄く真面目な話、そう思う。

ゾイドは「動きを知る」ものとして最適だと思う。
横軸の回転から、どうやって縦軸の動きを取り出すのか。
一つのモーターから複数の動きを取り出すにはどうすればいいか。
付け根の動きに連動して指先が動くのは何故か…、etc.
そんな風にものづくりを教えていくって、とても素敵な事じゃないかなぁと思う。

無茶苦茶な話に思えるかもしれないが、今やニンテンドーDSはじめゲーム機が授業に活用される時代。
私の子供時代は、ゲームボーイを学校で……なんて言ったら、「何言ってんだコイツ?」と、馬鹿にしかされない時代だった。
私のより少し前の時代は、ゲームセンターやテレビゲームは不良の象徴だった。
それが今や。
なので模型がそうなってもいいじゃない!と、強く思う。

海外から「日本は未来に生きている」と、よく言われるそうだ。
それでいいと思う。

図工の時間はゾイドを作って手先の器用さを養おう。そして動きの構造を知ろう。
しかし女子の配慮も必要だ。そこはタカラのリカちゃんあたりに登場して頂こう。
「この人形の新しい服を作ってみよう」
やはりこれも、素晴らしい教材足り得ると思う。
日本の玩具は、そんな素晴らしいものが沢山あると思う。

ゾイドは、その中でもひときわ輝いているものの一つであるのは確かだろう。

日本は数多くの素晴らしい玩具を開発した。
次代の為に、それを活かさぬ手はないと思う。
これからの玩具は、もちろんそのメディアの中で魅力的な展開をするのは嬉しい。
しかし一方、さらなる発展と可能性を追求するために、大胆な仕掛けをしていい時代に入っているのではないかと思った。

Back
index

inserted by FC2 system