懲罰席を考える-尾部銃座-

メカ生体ゾイドは非常に長く続いた作品であり、そこに登場するゾイドも相当数に昇る。
それらゾイドの分類の一つに、「初期ゾイド」「中期ゾイド」「後期ゾイド」があるのではないかと思う。


まぁ何を以って明確に分類するかは難しい所だと思う。
個人的には1983~1986年ゾイドを初期、1987年~1988年を中期、1989年~1991年を後期としている。
初期としたものは開戦~ウルトラザウルスの力で帝国を追放するまで。
中期としたものはD-DAY~マッドサンダーの力で帝国が滅亡するまで。
後期は暗黒軍参戦以降。

初期とした時期のゾイドはモールドがとにかく細かく、キャップ使用数も非常に多いのが特徴になっている。
そしてこの時期のゾイドのもうひとつの特徴に、尾部銃座の多用が挙げられると思う。

尾部銃座とは、名の通り尾部先端に取り付けられた銃座の事で、懲罰席とも呼ばれる。
主に2~3門の砲があり、これらの砲は専用の砲手が乗り込んで操作する。

この尾部銃座は、批判の対称となりがちな装備として在る。
曰く、「危険すぎる」「酔う」
確かに、防弾板も無い座席で大した威力も無い砲を専門に撃つのは酷だと思うし、先端にある特性上、激しい揺れは避けられぬとも思う。

驚くべきは、この尾部銃座は、パイロットの安全性に配慮しているとされる帝国ですら、採用されている点だと思う。
更に、後年パワーアップしたダーク・ホーンさえ、この銃座に何ら改良を加えることなく使い続けているのは大きな驚きである。

この点は昔からの疑問だった。
初期ゾイドの“らしさ”と言ってしまえばそれまででもあるが、あくまで意味を追及したいと思う。
今回は、この座席の意味は何かを考えてみたいと思う。


さて尾部銃座を持つゾイドは、「ビガザウロ」「ゾイドマンモス」「ゴルドス」「ウルトラザウルス」「レッドホーン」「ダーク・ホーン」の計6種類。

さてこうして見ると、初期の大型ゾイドのほとんどは、尾部銃座を持っている事が分かる。
例外はゴジュラス、アイアンコング、サーベルタイガーの3種類。
ただコングはそもそも尻尾が無いし、サーベルは銃座を載せるほどのスペースが尻尾に無いため、無いのは当然であろう。

興味深いのは、マンモスの次級でありゴルドスの前級であるゾイドゴジュラスが、銃座を持っていない点だと思う。
ただ、銃座ではないものの、ゴジュラスも、ビガザウロ等と同じ武装を尾部に付けている。
すなわちここから導き出せる点があるのではないかと思った。
「その気になれば、頭部メインコックピット等からでも、尾部の砲は操作できる」点が証明できたと思う。

こう見ると、無人化出来るのに、わざわざ人を配しているのには意味があると思える。
当時の最新テクノロジーの結集であるところのレッドホーンは特に、たかだか数門の砲のためにむき出しの銃座を危険極まりない場所に作るなど不条理に思える。
その意味は一体どこにあるのだろう…。

 

まず、ここまでの事をまとめたいと思う。

①:「尾部の機銃は、頭部コックピット等、別の場所からの操縦も可能」
②:「①の補足として、尾部にパイロットを配置した方が、命中率は上がる」

となる。
①に関してはゴジュラスの例から導いた。
また①があるにも関わらず、パイロット付きの銃座を採用しているなら、それなりのメリットはある筈で、それは単純に②の内容になると思える。
尾部銃座は後方の敵を撃つ為のものだから、その方向を視認できる砲手が撃った方が当たるのは、まぁ当たり前ではあるだろう。

しかし②のメリットがあるとして、それだけで銃座にしてしまって良いものだろうか。
先にも少し触れたが、この砲は対ゾイドとしては甚だ威力不足である。
また、そもそもゾイドの行動に併せてずっと乗っていればかなり危険だし、激しい揺れの疲労が避けられぬと思う。

ただやはり、ゴジュラスが銃座を持っていない点は大きなヒントになるのではないかと思う。
ゴジュラスと、他の銃座を持つゾイドの違いは何かを探ってみたい。


目立つ点として、尾部先端の高さが違う。
ゴジュラスが高い位置にあるのに対し、他の機体は全て地表スレスレにある。
この点は非常に大きなヒントになっているように思える。

 

ここまでくると見えてくる気がする。
さてゾイド星の戦いというと、とにかくゾイド同士の戦いに目が行きがちであるが、物凄く頑張ってるのがゾイドに乗らない一般兵だと思う。


一般兵は正直「そこまで頑張るか!?」と言いたくなるほど頑張ってると思う。
ゾイド同士が大激突して大爆発が起こってるのに、ひるまず銃や手榴弾を浴びせかける場面を多く見かける。
ゾイドのビーム砲すら通じない相手であっても…。
そう、この星の兵士はたいへん勇敢である。

そしてそんな兵士は、常にゾイドと共に、あらゆる場所に写っている。
ゾイドあるところに、その数十から数百倍の兵士ありと考える事が出来る。

この歩兵を併せて考えるに、尾部銃座を持つゾイドは、
「基本的には尾部にパイロットを乗せない状態で運用されている」
「敵と接近し、頭部コックピットでは対応が難しくなれば、周りの一般兵士が乗り込み、精密射撃を行う」

のではないかと思う。

それゆえに尾部銃座を持つゾイドは全て、尾を地表スレスレの兵士がすぐに乗り込める位置にしているのではないかと思う。
逆に言うと、ゴジュラスが尾部銃座を持たないのは、「尾部位置が高く、上記のような運用が不可能だから」ではないかと考えることが出来る。

またこの銃座に付いている機銃は、先にも書いたが、威力は低めに抑えられている。
もしかすると、この機銃は対ゾイドではなく、群がる兵士を撃退する対人用の砲なのかも…とも思える。

以上のように考えると、一見不条理な席であるように見える尾部銃座も、なかなか考えられた席だと思う事が出来、非常に興味深いと思う。

Back
index

inserted by FC2 system