マッドサンダーVSデスザウラーに関する考察

無敵ゾイドという言葉から連想されるゾイドは多くあると思う。
真の意味で言うならそれはキングゴジュラスになろう。ただ「印象として」であれば他のゾイドを挙げる方も多いと思う。
例えば初期ファンならゾイドゴジュラスはまさに無敵だっただろと思う。
個人的にはギル・ベイダーが悪魔的に強かった印象が強い。
ただ最も多くの方が連想するところで言うと、やはりデスザウラーではないかと思う。

デスザウラー。
その格闘能力はかつての王者ゴジュラスを軽く上回り、尾の一撃で吹き飛ばし左手の一本で軽々投げ飛ばす。
必殺の荷電粒子砲は、直撃はいわんや、かすっただけで、あのウルトラザウルスが戦闘不能になる。
当時、共和国の一線にあったあらゆる大型ゾイドがデスザウラーに挑み、散っていった。
ゴジュラス、ウルトラザウルス、サラマンダー、シールドライガー…。

唯一の例外は、雪原で戦いを挑んだゾイドマンモスで、デスザウラーを数時間食い止める事に成功している。

ただこの一戦は、”極寒地”というゾイドマンモスにとって有利で、かつデスザウラーにとって不利な場所だった事。
ゾイドマンモスは冷凍砲(学年誌によると”マイナス・ゼロ砲”)なる特殊装備を持っており完全に対デスザウラー型として特化していた事。
単機のデスザウラーに対し複数のゾイドマンモスが挑んでいる事。

これら圧倒的にゾイドマンモスのフィールドでの戦闘だった為、例外中の例外と考えるべきと思う。

後に登場した対デスザウラー用ゾイド・ディバイソンは、善戦こそしたものの、やはり正面から倒すには力不足なものであった。
以上から察するに、やはりデスザウラーは「無敵」のイメージに最も合致したものであると思う。

ようやくデスザウラーを正面から倒せるゾイドとして登場したマッドサンダーは、「無敵ゾイドを倒せる」という矛盾を、しかし納得させられる素晴らしいゾイドだと思う。


無敵と、それを倒すための存在が戦った中央大陸戦争の最後の決戦は、ゾイド戦役史上、最も燃える戦いの一つだったのは間違いないと思う。

ただデスザウラーVSマッドサンダー戦において必ずと言っていいほど疑問として提示される事がある。
それは「デスザウラーは何故、荷電粒子砲でマッドサンダーの前頭部を狙うのか」。

交戦時、デスザウラーは必ずといっていいほど、上のようにマッドサンダーの頭部に向けて荷電粒子砲を放っている。
またこの後、マグネーザーに突き破られる展開が多い。

デスザウラーVSマッドサンダー戦の黄金構図であるが、まぁ、確かに疑問ではある。
そう、マッドサンダーはキングゴジュラスとは違い、全身くまなくガードしているわけではない。
あくまで前頭部の反荷電粒子シールドが荷電粒子砲を無効化できるのみで、他部分は耐えきる事が出来ない。
頭以外を狙えば勝てそう というのは当然の疑問だと思う。

今回は、それを考えてみたいと思う。

マッドサンダーに関して言えば、見落とされがちな点が二点あると思う。

一つ目は、マッドサンダーは意外と首が大きく可動する点。

これは、バトルストーリー中の写真から伺う事が出来る。
様々なシーンで、斜めや真横に近い角度にまで首を向けたマッドサンダーを見る事ができる。
諸説あるとは思うが、ゾイドの実物はキットの単純拡大したものではなく、バトルストーリーの写真のように、動物的に可動するものだと思う。

次に、マッドの後脚は非常に頑丈である点。

マッドサンダーの改造タイプとして要注目なものに、「ビッグサンダー」「グレートサンダー」があると思う。
両者とも、マッドサンダーが後脚だけで二足歩行しており(なお前脚はゴジュラスのものになっている)、しかも、機動性はかなり良好との事。

ちなみにビッグサンダーは帝国領土への侵攻戦に投入されており、グレートサダーはガンブラスターなどと共に部隊を編成し、対ギル・ベイダー戦に投入されている。
マッドの重量(585t)を後脚だけで支え、なおかつ走行出来るのだから驚きの性能と言えよう。
いや、両機とも武装を増加させているから、重量はノーマル機よりかなり増えている可能性が高いと思う。

最も、両機とも改造機であるから、脚がそうとう強化されている点は確実と思う。
ただそれでも、外観上さしたる変化もないことから、再設計ではなく、あくまで改造というレベルのものだと考えるのが妥当だろう。
然るに、ノーマル機も、少なくとも少しだけなら後脚だけで立つ事も可能だと推測したい。

この二点から「マッドサンダーは、デスザウラーがある程度荷電粒子砲の射角を変えようが、やはり正面装甲で受け止める事が出来るのではないか」と思うに至った。

 

次にデスザウラー側も考えたい。

さて荷電粒子砲。
私は、デスザウラーがマッドサンダーの正面に放っている理由を、「そうするしかない」のではないかと推測する。

デスザウラーが荷電粒子砲を放つプロセスを記すと、
①背中のファンが回転し、空気中の荷電粒子を吸収する。
②荷電粒子はデスザウラー内部のシンクロトロンジェネレーターで光速まで加速される。
 この過程で、デスザウラーの喉元は怪しく発光する(バトスト3など参照)。
③発射

となっている。

単純にこれは時間が掛かっている上、相手に「荷電粒子砲が来る」と非常に分かりやすい。非常に大きな問題だと思う。
荷電粒子砲が絶対的に威力を発揮し、その上、デスザウラーの装甲が共和国のあらゆる武器を弾き返していた時期なら、「荷電粒子砲発射プロセスがバレる」事は致命的ではないとも言える。
ただ、局地的にとはいえ、それを跳ね返す装備が出ると話が違ってくる。

マッドサンダーは、デスザウラーが荷電粒子砲を放つ事を察知したら、その射線上に前頭部…、反荷電粒子シールドを向けるだろう。
首が大きく可動し、またその気になれば後脚で立てるマッドにとって、それはさほど難しい事ではないと思う。

また、荷電粒子砲は、一度発射したら、照射終了まで射角を変えられないのではないかとも思う。
それは荷電粒子砲が威力がありすぎる点から推測したもので、単純な話、デスザウラーは荷電粒子砲を受け止める事が出来ない。
ゆえに、発射中に射角を変えてしまうと、荷電粒子砲の砲身そのものが壊れてしまうのではないかと思う。

実際、万全の整備状態であっても、デスザウラーは一度の出撃では荷電粒子砲を3発程度しか撃てないとされている。
それ程までに超超高エネルギーを放出する必殺武器だ。
照射中に無理に射角を変えれば、悪くいけば砲身が破損し、そのままデスザウラーの頭部が爆発、なんて事も…。
※アニメでは平気で変えていたけども、まぁアニメはアニメであり完全にバトルストーリーとは別物と考えるべきと思う。そもそもサイズの時点で…。

以上をまとめると、デスザウラーは射角を変えて撃っても、マッドは受け止める。
起動性を生かして側面や背面に回っても(機動力自体は二足歩行のデスザウラーの方が上と思われる)、荷電粒子砲を“貯める”段階で、結局マッドのガードを許してしまうのではないかと思う。

然らば、デスザウラーとしては割り切らざるを得なくなる。
「結局、反荷電粒子シールドで受け止められるなら、小細工をしても無駄にエネルギーを消費するだけ」
ならばどうするか。

「小細工なしで、最も荷電粒子砲の威力を発揮できる角度で、フルパワーでエネルギーが尽きるまで浴びせかける」

割り切って正面から撃った方がドッシリ構えられる。
もしも上手くいけば(例えばマッドサンダーのエネルギーが底を付きかけていた場合など)、フルパワーの荷電粒子砲は反荷電粒子シールドのエネルギーを超えるかも…。
丁度、後年、オーガノイドシステムでパワーアップしたデスザウラーが、やや弱体化したマッドのシールドを突き破ったように…。

おそらく、望む望まないに関わらず…、マッドサンダーと対峙したデスザウラーには、もはや荷電粒子砲をフルパワーで浴びせかけるしか取るべき方法が無かったのではないかと思う。
多くのデスザウラーが、マッドサンダーに真正面から荷電粒子砲を浴びせた挙句にやられているのは、このような理由からではないかと思う。

ただ幾つかの可能性を考えるなら、デスザウラーが両の腕でマグネーザーをガッシリとつかんでマッドの動きを止めた上で、背中に荷電粒子砲を叩き込めば…。
ただ、マグネーザーの回転はデスザウラーの腕を容易に突き破るため、マッドが停止するのはわずかな間のみで、やはり難しい戦法なのだろう。
また、その気になればマグネーザーは切り離したり射出したりも出来る為、マッドがマグネーザーを破棄し防御に転じたら、やはり仕留め損ってしまうようにも思える。
その場合、マグネーザーの無いマッドサンダーは、果たしてサンダーホーンだけでデスザウラーを突き破れるのか?という別の議論が生まれそうでもあるが…。

ともかく、デスザウラーVSマッドサンダーはそのようになるのだと思い、やはりマッドサンダーは対デスザウラー用の機体としては完璧なのだと思う。

Back
index

inserted by FC2 system