Zevleのこと

生体バトルビークルゼブル-ZEVLE -
非常にマイナーなシリーズであり、ご存知の方はどれ位おられるだろう。そしてその中で、リアルタイムから知っていた方の割合はどれ位だろう。
とりあえず、非常に少ないという事だけは確実だろう。

私がゼブルを知ったのはネットを始めてからだった。
とあるゾイドファンサイトに載っていた情報を見て、初めてその存在を知った程だった。

ゼブルは、ゾイド24シリーズの焼き直しシリーズである。
1992年11月に、デスピオン、ゴーレム、ロードスキッパー、ドントレス、バトルローバー、ネプチューンの6機が、それぞれ名を変えて再販された。

名称は各、ザーガム、ゴルゴラ、ゼーヴァθ、ギギーマ、ランドギャロップ、ボライドとなっている。
何故か、メガトプロスはラインナップに入っていない。

 

メカ生体ゾイドは1983年~1991年3月いっぱいまで、実に8年間の長期にわたって続いた大シリーズ、トミーを代表する大看板へと成長した。

なんだかんだ言ってもトミーはゾイドが大好き“らしい”。
“らしい”と言うのは中の人ではないから実際のところはよく分からないという為だが、噂される理由はなかなか納得できるものだ。
トミーの大ヒット商品といえば「黒ひげ危機一髪」「プラレール」「トミカ」「ポケモン関連」そして「ゾイド」あたりだろうか。
この中でトミー独自のデザインは、黒ひげ危機一髪とゾイドしかない。
そして黒ひげ危機一髪はあくまで単体の商品であり、そういうわけでシリーズとしてのオリジナル大ヒット商品はゾイドだけになってしまう。
だからこそトミーのゾイド愛は非常に深いとの事“らしい”。ただタカラトミーとなった以降の事はよく分からないが…。

そんなゾイドだから、1991年以降、トミーはゾイドを復活させる時期を常に狙っていたらしい。
それは1999年にアニメを引っさげて実現されたが、小規模なものであれば、それ以前にも何度か復活した事がある。

その中の一つが、このZEVLEシリーズである。

Zevleは1992年末から1993年頭にかけて展開されたシリーズで、24ゾイドのみを復活させたものだ。
最初から言っておくと、あまり売れなかった。あまりというか全然ダメだった。その為、あっという間に展開終了してしまった。非常に短命なシリーズである。
おかげで現在のプレミアはかなり凄い事になっている。特にザーガム(デスピオン)とゴルゴラ(ゴーレム)は抜きん出ている。

名称に「ゾイド」を冠していないのは、24ゾイドのみの復活だったからと思われる。
しかし名称のZEVLE-ゼブル-は、ZOIDSのそれに近い。ZOIDSは「Zoic Androids」の略語であるが、ZEVLEは「Zoic Battle Vehicle」の略語とされている。

ゾイド終了後、2年足らずで復活に至ったのは早いと思うが、24ゾイドのみを復活させた事には何かの意図をも感じる。

24ゾイドは今でこそ肯定意見も多い。しかしメカ生体ゾイド当時は否定的意見の方が圧倒的に多かった。
デスピオンとロードスキッパーがかろうじでマシな評価を得ていたものの、それ以外はほぼ「否」であり、特に共和国24は批判対象となっていた。
売れ行きも、メカ生体ゾイド絶頂期にリリースされただけの事はあり「そこそこ」ではあったようだが、通常ゾイドと比べると必ずしも好調ではなかったようだ。

しかしトミー側の24ゾイドへの入れ込みは非常に高いものがあった。
帝国側24ゾイドのデザインは、当時造形やデザイン方面で名高かった横山宏先生に依頼されている。
共和国24ゾイドも、その未来的なフォルムが放つ完成度の高い造形は、21世紀の目で見ても美しく魅力的だ。

雑誌などの広告も、かなり精力的に行われている。
おそらくトミー側としては、そのデザインには「もっと売れたはず」という自信があったのではないだろうか。

24ゾイドは「通常スケール機と一緒に遊べない」から不振だったとも言われる。
だからこそ、24ゾイドのみで構成したシリーズに挑戦したかったのではないかと思う。

 

ゼブルはストーリーを有するが、ゾイドとの関連性は無く、全くの新しいストーリーとして設定されている。
ただ「生体バトルビークル」という名前が示すように、ゾイドと同じく「戦闘機械獣で戦う」というものになっている。また宇宙時代を背景にしている部分も共通する。
明記されているストーリーは二種類あり、広告チラシに記載されているものと、キット箱に記載されているものの二種類がある。

-広告チラシ版-
 惑星メルダ、この星は今でこそ大陸と海洋で覆われているが、もともとは機械部分が露出した機械惑星であった。
 そしてここメルダドームシティは、かつて宇宙嵐に遭遇した地球人類・宇宙移民団の一部が惑星メルダに漂着、彼らにより築かれた地球人類の新しい都市であった。

 メルダ星暦0251年、突然メルダ警備軍戦艦が未確認物体の攻撃を受けた。
 メルダが機械惑星であった頃、ある回遊惑星の超接近によってメルダに大地震や洪水などの大異変が発生、その時メルダを脱出した機械人類ゼーヴァ族がかつての
 母星メルダに戻って来たのだ。

 メルダドームシティはゼーヴァ星団帝国軍の将軍ザーガム率いる生体バトルビークル<ゼブル>軍団の攻撃をうけ破壊されつつあった。
 ゼーヴァ軍の猛攻の中、メルダ警備軍の若き勇士リョウは攻撃を受け流砂の中へと落ちていった。
 そこはかつてゼーヴァ族と闘っていた機械人類シド族の地下都市であった。そこでリョウはシド族の唯一の生き残りである長老ジルに出会った。
 そして惑星メルダの歴史と機械生物を戦闘用に改造した生体バトルビークル<ゼブル>の存在を知った。

 再び惑星メルダでは、メルダ警備軍とゼーヴァ星団帝国軍のゼブルどうしの激突、人類と機械人類の戦いが始まったのであった。

 ■生体バトルビークル「ゼブル」
  機会人類たちは機会惑星メルダに生存する機械生物を戦闘用の兵器としに改造し戦いを繰り返していた。
  そして改造さえた機械生物たちはゼブルと呼ばれていた。

-キット箱版-
 地球から遠く離れた果てしない宇宙、ここ惑星メルダにおいて、メルダ警備軍とザーガム将軍率いるゼーヴァ星団帝国軍の決戦の火ぶたが切って落とされた。
 彼らは、惑星メルダに生存する機会生物を戦闘用に改造、生体バトルビークル”ゼブル”として使用していた。
 メルダ警備軍の若き勇士リョウは、高速型ゼブルを駆って、圧倒的な物量で迫り来るゼーヴァ星団帝国軍に対し、熾烈な戦いを挑んでいった。
 惑星メルダでの勝敗のゆくえは、まさに勇気ある彼らの双肩にかかっていたのである。

 ■惑星メルダ
  この星はもともと表面すべてを機械に覆われた機械惑星であり生存するものすべてが機械であった。
  そして機械生物の中から進化してきた機械人類達はシド族とゼーヴァ族という二大勢力に別れゼブルを生み出し戦闘を繰り返していた。
  だが回遊惑星ヴォルデの超接近により大異変が発生、機械文明は滅びた。その後、宇宙を漂流した地球人類が漂着する。

ゼブルは短命に終わっている為、後のストーリーが不明なまま終わってしまったのは大変悔やまれる。
おそらく、この後メガトプロスを再販し、メルダ警備軍の反撃ストーリーへ繋げる予定だったのだと思われるが……。

読み解くと、明確にメルダ警備軍(地球人)側の視点で描かれ、かつリョウという名の主人公が存在している点は注目すべきだ。
しかし視点を変えれば、主人公側の地球人は、惑星メルダに住民が居ないのをいい事に植民星にしている状態である。
敵側のゼーヴァ族こそ本来の惑星メルダ住人であるというのは、何とも言えない構図になってしまった気がする。
設定自体は良いと思うので、是非、中立の立場から物語を描くべきだった。そしてその先の展開は、徐々に和解に向かわせていけば良い物語になったと思う。

チラシの方を、もう少し詳しく紹介しよう。レイアウトは下の通り。

宇宙戦艦が映っているのが、いかにもSFだ。
おそらくストーリーの冒頭で攻撃を受けているのが、この艦だと思われる。

なおチラシの下の方では、主人公以外のキャラクターも設定されている。

キャラクターを担当したのは、電動玩具業界において名高い、はぬま あん先生。
重要なのは、ゼーヴァ星団側は惑星メルダ脱出の後、ある星を侵略し配下に収めたという設定があるところだろうか。
しかし彼らにしてもいつまでも宇宙船で過ごすわけにはいかなかっただろうから、その事情は推して知るべしな気もする。

余談。こちらのイラストもなかなか味わい深い。

個人的にはランドギャロップ(バトルローバー)に口があるのが気になる。設定上そうなっているのだろうか?

メガトプロスの再販や新型24ゾイド(新型ゼブルと言うべきか)は、計画されていたそうだ。
販売不振によりシリーズが短命に終わった為、それは叶わなかったのだが…。
それら発売されなかった幻の機体をからめつつ、ストーリーを完結させて欲しかった所だ。
もし新型のデザインがあるなら、せめて絵だけでも公開してストーリーを完結させて欲しい。

 

キットとしてゾイドとの違う所は、色が変更されている。

メルダ警備軍(共和国)側の色変更は衝撃的だ。良く言えばミリタリーな色合いだが、率直に言って全く似合っていないと思う。
このカラーにするには、あまりにもデザイン自体がSF過ぎると思う。ユーザーの反応も、24ゾイド版の方が良いというのが圧倒的多数のようだ。
ゼーヴァ星団(帝国)側の色変更はおおむね好評をもって迎えられている。奇抜さはメルダ警備軍に比べ低い…というか常識的な発想で選んだ良い色という感じがする。
赤い装甲、緑色のクリアパーツという事で、メカ生体ゾイドの帝国皇帝親衛隊カラーを思わせる所もニクい。

余談ながら…、

デスピオンの箱裏に載っているカラーに近い(指揮官機仕様とされている)。Zevleのキットであるが、メカ生体ゾイド世界の中の機体として脳内補完しても良いだろう。

もう少し余談を続ける。24ゾイドの色の事を少し書こう。
共和国側24ゾイドについては、当時、「いくらなんでもSF過ぎる。ゾイドはミリタリーなカラーがいいのに!」という批判があった。
帝国側24ゾイドは、開発にあたりデザイナーは「装甲は白」という点を絶対条件としていたらしい。
トミー側としては別の色にしたかったそうだが、「白にしないなら発売しないでもいい」とまで言われて今のカラーになったとの事。
Zevle両陣営のカラーは、そういった背景を絡めて考えても面白い。
つまり共和国側はSFさを省きミリタリーチックなカラーに。帝国側は本来とミーがやりたかったカラーで…というような。

さて、色はともかく形状は変っていない。組み立てる工程や完成後に動かせるという点では変わりない。

しかし色が変っている以外でもう一つ、変更された点がある。それは付属するパイロットフィギュアだ。
24ゾイドのパイロットフィギュアは、「組み立てされ」「塗装された状態」で完成品として封入されていた。
しかしZevleでは、「ランナーにパーツが付いた状態で」「未塗装」で入っている。ユーザーは自身の手で組み立て、必要に応じて塗る必要がある。

成型色はメルダ警備軍側はグレーで、ゼーヴァ星団側は乳白色をしている。
「必要に応じて塗る必要がある」なんて書いたが、スケールが1/24で大きい以上、塗らないとかなり見栄えが悪い。

塗装は必須と言って良いだろう。こう書くとZevleのフィギュアは不親切だなあと思う部分もある。
ただその代わり、全てのキットにフィギュアが2体ずつ付属している。

ゾイドは、そのゾイドが1人乗りでも2人乗りでも「フィギュアは一つだけ」だった。
Zevleは1人乗りでも2人乗りでも「フィギュアは2つ」付いている。
だから例えば、

こういったシーンを再現しようと思うと、ゾイドでは最低でもキットを二つ買う必要があった。Zevleでは一つのキットで再現できる。
またフィギュア専用武器として、ライトサーベルが付属しているのも特徴だ。
塗装済みだが1体しか付属しないのゾイド。未塗装だが2体+専用武器が付くZevle。どちらが良いかは意見が分かれるところだろう。

金型に変更は加えられていない。
ただ、ゾイド24のフィギュアは、メカ生体ゾイドシリーズでリリースされた時は、各ゾイドに専用のフィギュアが存在していた。
例えばバトルローバー兵士とネプチューン兵士は造形が違っていた。しかしゼブルでは、「メルダ警備軍」「ゼーヴァ星団側」という2種類しか無くなってしまった。
メルダ警備軍側の機体はバトルローバーのフィギュアが。ゼーヴァ星団側の機体はロードスキッパーの兵士が。各2体付属している。
これはコスト減を計ったと捉えるのが正解だろう。ただこれにより、一点、問題も生まれている。
それはネプチューンの兵士だ。

ネプチューンの兵士は、酸素ボンベを背負っており(ボンベはネプチューン本体のランナーに入っている)、口元にはタンクに繋がるチューブなどが造形されている。
しかしZevleのボライド(ネプチューン)は、バトルローバー兵士を流用したせいで、「ボンベは背負っているが口元には何も無い」というシュールな状態になってしまっている。

かといってネプチューン兵士を標準にすれば良かったというわけでもないだろう。
そうすると逆に、ランドギャロップ(バトルローバー)兵士の口元がシュールになってしまうのだから。
まぁ、細かい点であり目を潰れないでもないとは思うが…。

 

キット的な変更点は以上2点、本体のカラーとフィギュアについてだ。
ここからは、その他の部分も見ていきたい。

箱を見てみよう。箱は大きく違う。
模型のような「かぶせる箱」タイプが採用されており、ゾイドとは異なっている。また写真でなく絵が使用されている事も大きな違だ。

かぶせる箱になっているので、ゾイドと違い裏面が味気ない。
ただその分側面が充実しており、ストーリーや機体バリエーションが掲載されている。

ただ幾つかツッコミたい。詳細データがあるようだが、最高速度や重量のデータが無いのは惜しい。
また、おそらくこういうイラストを付けているというのは改造を推奨しているのだろう。だがクリアパーツの色をどうやって変えろというのだろう…。
Zevleのメルダ警備軍側のクリアパーツの色は茶色。とてもこのイラストのような薄い青や緑には出来ない。
色々やっているのは良いが、やや中途半端になっている気もする。

ボックスアートは素晴らしいクオリティーだ。
担当されたのは、共に巨匠、高荷義之先生と上田信先生であり、箱の為に買う価値があるのでは?と言える程素晴らしいものになっている。

一覧

なおザーガム(デスピオン)、ゴーレム(ゴルゴラ)とロードスキッパー(ゼーヴァθ)が高荷先生で、その他が上田先生の作画。
どれも素晴らしい。そしてメガトプロスが無いのが改めて悔やまれる…。

付属しているデカールが、シールではなく水転写式の式になっているのも特徴だ。紋章が特に充実している。

なおデカールは各機毎ではなく、各陣営で共通となっている。図案としてはゾイドにも流用できそうな感じがする。

説明書にも少し差が認められる。

まず、フィギュアが先に書いた通り組み立て式になったので、説明書にもフィギュア組み立て工程が加えられた。
全機種、フィギュアの組み立ては最初の①工程として指示されている。
機体から組ませるのではなくフィギュアから組ませているのは面白い。パイロットあってこそ機体が生きるという事だろうか。

また、印刷が白黒の一色刷りなのも特徴だ。ゾイドは2色刷りが基本であった。

もちろん分かりやすいのは2色刷りの方だ。
ただ組み立てキットの説明書の標準は白黒1色刷りであり、ゾイドが特別に豪華だという点は指摘しておかねばならないだろう。

 

さて、ゾイドとZevleの差を商品的な面から見てきた。しかしもう少しだけ差を探したい。それは販売戦略での差だ。

ゾイドは小学生をメインターゲットとして、主に学年誌やコロコロで展開された。
Zevleは学年誌やコロコロには一切載っていない。というか、雑誌などでの宣伝的な活動がほとんど確認できない。

ただ、模型雑誌・ホビージャパンの1992年10月~12月号に、3ヶ月連続で広告が掲載されている。

レイアウトは全ての号で同じ(厳密に言うと下部が「11月発売」から「発売中」に変わった程度の差はある)。

見ての通り、キットに封入されている広告チラシとほぼ同じレイアウトだ。良く言えば統一されているが、悪く言えば同じのばかりで飽きる。
Zevleはせっかく素晴らしいボックスアートが揃っており、なおかつ3ヶ月連続で広告を出しているのだから、上部をザーガム(デスピオン)以外の機体に差し替えたりする工夫が欲しかったと思う。それ程手間ではないと思うが…。

広告以外では、ホビージャパンの増刊号で季刊誌のホビージャパンEXが、一度だけZevleを特集した事があった。

これは「電動ロボ特集」という事で、同時期に展開していたZナイトらと共にZevleも紹介されている。
「本誌では今後もゼブルシリーズに注目していく」と書いてあるが、それは叶わなかった。
何故ならホビージャパンEXは季刊誌。次の号が出る頃には、既にZevleは打ち切られ全ての展開を終了。あるのは店頭在庫のみという状況だったからだ…。

この他、当時のゲーム雑誌の後ろの方のページで紹介された事もあった。
ゲーム以外の流行り物紹介であったり玩具紹介であったりという小コーナー。

確認できたのは以上のようで、正直少ない。しかし少ないながら、情報を読み解く事は出来る。
つまり、
ゾイドは学年誌やコロコロを主戦場としていた=小学生がメインターゲットである。
Zevleは、模型誌やゲーム雑誌に広告を出していた=中高生がメインターゲットだった と言えよう。

「かぶせる箱」「フィギュアは塗装推奨」「水転写でカール」「ボックスアート」「説明書は白黒刷り」
これら全ての要素がゾイドよりハイターゲットを意識している。中高生がメインターゲットだったのは確実だと思う。
あるいは、もっと上まで含めても良いかもしれない。

しかし残念ながらヒットしなかった。正直、全くもって成功したとは言えない。
それは、新型の開発など意欲的な予定がありながら、早々に打ち切られた事からも言い訳が出来ない。
個人的に、この不振は広告展開に原因があったような気がする。

残念ながら当時は、「動くキット」の評価は今より低かった。
もっと率直に言うと偏見といっていいものがあった。模型ファンからすれば「動くのって玩具でしょ?」と言われる程度の扱いであったのは否めない。
だからせっかく模型誌で広告を出したものの、結局動く事が足かせとなり、正当な評価を得られないまま不振になってしまった側面も大きいと思う。
受けたのは、やはりゾイドと同じ小学生だったのではないだろうか。
しかし先に書いた通り、学年誌やコロコロでは一切告知が無かった。私がリアルタイムで知らなかった原因もここにあると思う。

学年誌など小学生をメインターゲットにした展開を行って一定の販売数を確保しておけば良かったと思う。
もちろん、大人にも「玩具でしょ」ではなく、良いものは良いとして絶賛する者も少なからず居た。
そして彼らは、どこで展開していようが問題なく追いかける情熱があった。だから余計に、学年誌などで展開しておいた方が良かったのではないかと思う。

もう一つ加えると、「ゾイド終了の2年後に始まったZevle」が「小学生ではなく中高生をメインターゲットにした」という点にも疑問を感じる。
というのは、ゾイド終了から2年すればゾイドで育った世代のいくらかは中学生になる。その中学生にとってZevleはどう写っただろう。
多分、全く新しい新鮮なシリーズではなく「ゾイドまだやってたんだ」になってしまうのではないだろうか。

とにかく、色んな要素が悪い方に複雑にからみあった広告展開だったように思える。

魅力的な要素は数多くあったと思う。
ボックスアートや部隊章、なによりモノ自体はデザインもキット的にも素晴らしい。メルダ警備軍側の色はともかく…。
せめてメガトプロスを再販するところまで頑張って欲しかった所ではあるが……。

ただ私は、やっぱりゾイド24が好きで、いつかまたチャレンジして欲しいと強く思う。
Zevleはマイナーながら、色んな教訓を残したと思う。
これを教訓にして、いつか24ゾイドが強く花開き、そしてその先に新型もあればいいなと思っている。

Back
index

inserted by FC2 system