試作型ベアファイター

ゾイドが製品化される際には、その前に幾つもの試作モデルが作られる。
それはゾイドのみならず、商品としての立体物全般の宿命である。
そういった試作モデルは、新作商品をいち早く掲載する雑誌などにおいて、稀に見る事が出来る。

その試作モデルに注目してみると、試作モデルと製品化されたモデルに、幾つかの差がある事に気付く事ができる。
例えば、機獣新世紀ゾイドにおいて最も有名なのは、ジェノザウラー試作モデルだと思う。


左はコロコロに掲載された試作モデル。右が製品。

製品との差で、最も目立つ所は尾の展開ギミックと思う。また、細かく見ると目の色が緑色だとか牙がより鋭いとかの差が分かる。
こういった変更は、試作モデルに注目してみると、珍しい事では決してない。

例えば、デスザウラー試作モデルは、成型色パターンがやや違っていた(尾の下側は赤でなく銀色をしていた)。
マッドサンダー試作モデルの大口径2連衝撃砲は「穴」が開いていたし、シールドライガー試作モデルの尾のディティールは製品版と異なっていた。

 
その他、数え上げればキリが無い程にある。

ただ、中には多少「痛い」変更もあるものの、基本的には我慢できる範疇の変更であり、そういった変更に目くじらを立てるよりは、むしろ試作モデルと製品の違いを比較して楽しむ事がディープゾイダーのたしなみではないかと思う。

また、それを上手く利用し、自分なりの仮説を唱えるのも楽しいと思う。
例えば、その型のものは先行量産型である、とバトスト的に解釈してみたり…。
そうしてゆく事で思い入れも深まってゆくと思う。同時に、何とかして試作モデルの方も手に入れたいという気持ちにもなると思うが……。

ただ、試作モデルを見ていると、一機種だけ、どうしても気になってしまうゾイドが居る。
数多くの試作モデルの中にあり、試作モデルと製品版では全く別物と言って良いほど激しく変貌しているゾイド居る。

 

RHI-6 ベアファイター

ブラックライモスとも互角に戦える重パワーを誇る戦闘機械獣。
このゾイドの試作モデルの造形は、あまりにも製品版と違っている。

では早速、試作品と製品版を見比べてみたいと思う。

この写真はゾイドバトルストーリーでも使用されている為、目にした人も多い事と思う。
小さい画像で分かりにくい部分があるのは残念だが、スタンダードなアングルで撮られており、製品版と比較しやすいと思う。

まずその顔が劇的に違う。
頬のエアインテーク状のパーツに相違が見られるほか、その他もかなり違う…、というより、これはもはや同じ箇所を見つける事の方が難しいように見える。

顔の他にも、背中の装甲も似て非なる感じに見える。
試作モデルの方は、廃熱口の配置が異なっている。
また砲も大きさが異なっているし、脚部もかなり違うように見える。
足先は、牙を強調したデザインであり、どちらかというと2000年以降の新世代ゾイドのテイストに近い印象も受けるのは興味深いと思う。


こちらは、学年誌のプレゼント告知ページより抜粋のもの。
顔の形状の特異さがより分かるアングルではないだろうか。
このアングルでは、下あごの細さが際立って分かると思う。
製品版ベアファイターの下あごもかなり細いものの、この試作版ほど薄べったくはない。

また、更に注目すべき点があると思う。
爪に注目し、この部分の成型色が茶色である事に注目したいと思う。

先に出した方の試作ベアファイターの爪を見てみると、灰色をしている。
という事は然るに、この2つの試作ベアファイターは「別物である」という事になると思う。
よく見ると、装甲形状の一部も、下の画像のものの方がやや角張っているように見える(前足の付け根付近など)。
また顔つきも微妙に違うように見えるようにも感じるが、これはアングルが違うせいかもしれず、もっと鮮明な画像が無いのは悔やまれる。

ともかく、試作モデルがこうして何度も作られているという事は、当時のスタッフがベアファイターに込めた思いが伝わってくるように感じられる。

 

続けて立ち姿も見よう。
 
やはり立ち姿も、印象が大きく異なる。
試作モデルでは、肩から首にかけ、急激に細くなっている。
また砲の大きさは先にも書いたが、やはりその巨大さが再確認できる。
全体的に見れば、試作モデル方が首から先が細くなっている分、下半身がしっかりとし、どっしりとした印象を受けるように思う。


もう一枚、同じく立ちアングルだがやや正面に近い位置からの画像を掲載した。
このアングルで見ると、頬のエアインテーク状のパーツの出っ張り具合がよく分かる。
全体的に見ると、やはり製品版よりどっしりした印象を受ます。
また、キャップの色が黒ではなく青をしているのが、この画像の試作モデル特有であるように思う。
細かい点ではあるが、キャップの色も試行錯誤あったという事だろうか…と思わせ、細かい調整まで余念がなかったことは大いに素晴らしい事だと思う。

この画像の場合、パイロット位置がよく見えるので注目してみたいと思う。
なにやら、ずいぶん前の方に乗っているように見える。
他の試作ベアファイターの画像も、よく見るとかすかにパイロット位置が確認出来る。
そのいずれもが、やたら前の方にパイロットを乗せているように見える。

一連からパイロット位置がやたら前寄りである事は間違いないと思うが、何故そんな位置にしたかは疑問が残る。
強いて言うなら格闘戦時の視界を稼ぐ為…?
あるいは、キット的に考えるなら後頭部側には変形ギミックの為の部品が詰まっていた…?

いずれにしろ、妙な配置である事は確かだと思います。
下手すればパイロットの足にひっかかってキャノピーが完全に閉まらない光景が目に浮かんでしまう。

この試作モデルのベアファイターですが、試作モデルであるにも関わらず、かなりの回数、バトストに登場している。


これらは、小学一年生87年11月号より抜粋。同学年におけるベアファイター初登場の記事でもある。
ブラックライモスで一部が隠れているのは残念なものの、画像が鮮明なこともあり、ディティールが非常に分かりやすく、貴重な資料となると思う。

さて、ベアファイターの試作モデルを追ってみた。
資料をあさり、ある程度は試作モデルを追及する事が出来たのではないかとは思う。

これほどまでに外観や体格が変わった理由は何だろう…?
そう考えずには居れない。

ただ思うに、ベアファイターが「四足歩行」と「二足歩行」の切り替えを実現した機体だからではないだろうかと思う。
言うまでも無く、二足歩行は四足歩行よりもより安定感を要求するし、ベアファイターはクマゆえに、尾でバランスを取る事も出来ない。
しかもかなり重心が高い。
必然的に、より絶妙なバランスが要求されるわけであり、おそらく、試作モデルはよく転倒したのではないだろうかと推測する。

そこで、根本的改修が行われ、製品版の姿になったのではないかと思う
それを裏付けると思うのが、脚の爪のデザイン変更ではないかと思う。
明らかに製品版の方が、接地面積多く安定感がある事が見て分かる。

ディティールの変化は、その改修に併せ、より良い案が出たのでついでに改修したのではないかと思う。

試作ベアファイターを、どのようにご覧になるだろう?
私としては、デザイン的には、総合的に見ると製品版の方が好きですはある…が、試作モデルも捨てがたい魅力があると感じている。
バトスト的には、作中に多数登場している機体でもあるし、先行量産型のベアファイターであると思っている。

また、腕に覚えのあるモデラーの方なら、この試作タイプを再現してみても面白いんじゃないかなと思う。
試作モデルと製品版、貴方のお好みはどちらでしょう?

Back
index

inserted by FC2 system