メカ生体ゾイド・ヘリック共和国部隊カラー

規律の取れたカラーというのは見ていて気持ちが良い。

前回のコラムで、メカ生体ゾイド時代におけるゼネバス帝国ゾイドの部隊カラーを考えた。
今回はそれに続き、ヘリック共和国のカラーを考えてみたいと思う。

帝国に比べ、共和国は比較的ゾイドの色に規制が少ない。比べるとカラフルである。しかし、統制が無いのかといえば、そういうわけでもない。
何となく共和国らしいカラーというのはあると思う。それを細かく分類し、確定していきたいと思う。

国色は青だと思う。
青を使用していない共和国ゾイドも多い…が、敵国にはほとんど採用されていないカラーであり、特徴的な使用法をされているゾイドも多い為、そう思った。

「国色を青」とした所で、ゾイドのカラーリングも考えてみたい。
ただ、暗黒大陸編を境に、共和国ゾイドのカラーは大きく変化している。

未知の敵との戦いに備え、共和国軍は大規模な軍備再編を行い、「新生共和国軍」と自らを名乗った。
大きくカラー規定の変更があったと考えるべきだろう。従って、考察時は分けて考える必要があると思う。
今回は、まず初期~ゼネバス帝国との決着がついたZAC2051年3月(ニカイドス島の戦い)までのカラーリングを考えたい。

また…、バトルストーリーを見ていると、必ずしもキットと同じカラーのゾイドだが登場しているわけではない。
むしろ独自の色で登場する事が非常に多い。
なので、ここでは「キットのカラー=登場当初における最もスタンダードなカラーである」として進めていきたい(この仮定は後に重要になる)。

帝国の時と同じく、同じような色をしたゾイドを集めて分類していきたいと思う。
分かりやすいものから分類していこう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

まず、「強化装甲:クリアブルー 装甲:銀 内部機構:黒」のゾイドを集めてみよう。
このカラーリングは非常に特徴的かつ分かりやすい。ここには、共和国24ゾイドが該当する。
メガトプロス、バトルローバー、ネプチューン、サンドスピーダ
の4機。※サンドスピーダは強化装甲が無いのでクリアブルーは未使用である
このカラーリングを用いたゾイドは他に無く、共和国24ゾイド用のカラーと見て良いだろう。

ただ、厳密に言うとネプチューンのみこの法則から外れる。
ネプチューンは、「強化装甲:クリアブルー、装甲:黒、内部機構:銀」というカラーをしており、装甲色と内部機構色が反転している。

ネプチューンだけ反転しているのは何故だろう?
まぁ、厳密な法則は後で考えたい。ひとまず、このカラーが共和国24部隊専用カラーであるというのは間違いないだろう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に、「装甲:灰色、その他:青」のゾイドを集めてみよう。
このカテゴリーも分かりやすい。
ショットダイル、カマキラー、キャノッサ、シーバトラス、ハイパーシーザス、ウォータースパイダー、サラディン、クロスウイングの8機が該当する。

全てのアタックゾイドが集結した。この色は、共和国アタックゾイド専用のカラーだろう。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に、「コックピット:クリームホワイト、ボディーフレーム:灰色、その他:黒」のゾイドを集めてみよう。
ガリウス、エレファンタス、グランチュラ、ゴルゴドス、ハイドッカー、スパイカーの6機が該当する。

いずれも極初期の小型ゾイドだ。

しかしここに該当していない極初期小型ゾイドもある。グライドラー、アクアドン、ペガサロス、フロレシオスの4機だ。
該当しない機のカラーを見てみると、「コックピット:クリームホワイト、ボディーフレーム:灰色、その他:青」となっている。

かなり近しい配色パターンであるが、黒を使用しているか青を使用しているかが違う。
しかし、各色の陣営を見比べると見えてくる。
分類の法則は、どうやら「黒を使用しているのは陸軍機」「青を使用しているのは海/空軍機」のようだ。

初期小型ゾイドは「コックピット:クリームホワイト、ボディーフレーム:灰色」という部分は統一されており、その他部分は陸軍と海/空軍で分かれているようだ。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に、「装甲:白 内部機構:青または黒、武器:金」のゾイドを集めてみよう。

シールドライガーMK-II、コマンドウルフNew、ベアファイターNew
の3機が該当する。
いずれも改良型ゾイドであり、このカラーはMK-II用のカラーという事だろう。
というか、このカラーに関しては箱裏の説明に明確に「MK-II部隊用カラーである」と設定が載っているので間違いない。

しかしひとつ、疑問も残る。共和国軍には、他にもMK-IIゾイドが存在する。ゴジュラスMK-IIだ。

ゴジュラスMK-IIは何故、このカテゴリーに属していないのだろうか。

ゴジュラスMK-II(限)から考えよう。「装甲:茶 内部機構:こげ茶 武器:灰色」をしている。
このゾイドは「限定型」であり、最初から量産を念頭に置いた機体ではない。おそらく最重要部隊などに配備された特別機であり、一般部隊であるMK-II部隊とは違う。
そう考えると、ここに属していない事も納得できるかと思う。

量産型はどうだろう。「装甲:白 内部機構:黒 武器:クリームホワイト」をしている。
全く違うカラーというわけではないが…。
装甲と内部機構の色は共通する。それでも共和国MK-II部隊が特徴的に用いている青を使用していない点は疑問が残る。
またキャノン砲が金色でなくクリームホワイトである点が異なっている。

考えられるのは、就役時期の差だろうか。 ゴジュラスMK-II(量)の方が就役は圧倒的に早い。
後になってカラー規定が更新され、「武器は金」という風に改定されたのかもしれない。
ゴジュラスMK-II(量)は初期のMK-IIゾイドであるから、就役時期を原因とする事で配色の違いを説明する事は出来ると思う。
後期に製造されたゴジュラスMK-II(量)は、もしかすると金色のキャノン砲と青い内部機構で塗られたものもあったかもしれない。
今の所、そのカラーは確認されておらず、憶測の域を超えないのだが…。

両ゴジュラスMK-IIに関しては、ひとまずこのように考えたい。
限定型は特別機かつ少数機であるから、規律に則った部隊カラーではなく現地カラーがキットに採用された。
量産型はMK-II部隊用カラーであるが、就役時期が早かったので後のカラーとは少し法則が違う。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に、「装甲:水色 内部機構:灰色~黒 格闘用武器:白」のゾイドを集めてみよう。
ダブルソーダ、シールドライガー、レイノスの3機が該当する。

この三機のカラーが共通している理由は何だろう。
いずれも、帝国の特定の機種に対抗した機体という点で共通している。
ダブルソーダはサイカーチスに。シールドライガーはサーベルタイガーに。レイノスはレドラーに対抗して生まれた。

特定の敵ゾイドに対抗して生まれたゾイドには、この配色が用いられると考えられる。
しかし疑問がないわけではない。デスザウラーを非常に強く意識した対抗機マッドサンダーは、この配色を用いていない。
ただ、それに対する理由は二つ求められる。
一つは、この配色を用いたゾイドは、対抗機であると同時に、「同クラスで似た性格の機体」でもあるという事だ。

マッドサンダーとデスザウラーは、4足機と2足機であり、その機体性格はかなり違う。
二つ目は、マッドサンダーはデスザウラーを強く意識した機体であるが、決してそれのみを目的としたゾイドではないという点だろう。
マッドサンダーは、ウルトラザウルスと同じく、共和国部隊を率いる指揮官機でもある。
デスザウラーを倒すだけの戦術機ではなく、共和国を率いる戦略級の機体がマッドサンダーであり、その点で考えるならデスザウラーのみに対抗した機体ではない。
マッドサンダーはそのように考え、このグループではないと考える事にしたい。
以上で問題は解決したと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここからは、同じ色を集めるのではなく、クラス単位で見ていきたいと思う。

まず、重装甲スペシャル級ゾイドを集めよう。
ゴドス、ガイサック、バリゲーター、スネークス、プテラス、カノントータスの6機だ。ダブルソーダは先に対抗機配色としたので省いている。

ゴドス、ガイサックは、「装甲:濃紺またはミディアムブルー、ボディーフレーム:灰色」
バリゲーター、プテラスは、「装甲:濃紺 内部機構:クリームホワイト」
カノントータスは、「装甲:黒 内部機構が濃緑色」
スネークスは、「装甲:緑、内部機構:灰色」
となっている。

ゴドス、ガイサックのカラーが共通しているのは興味深い。

共通点は何だろう? 正直、決定的な推測はできなかった。
しかしあえて考えられるとすれば、両機は共和国小型ゾイドの中でも相当数が量産された主力歩兵ゾイドである。
ここでは、「重装甲スペシャル級かつ主力歩兵ゾイドのカラー」であると思いたい。

 

バリゲーターとプテラスが同一の色であることは興味深い。

初期小型ゾイドは、陸軍と空/海軍でカラーを変えていたが、同じような事だろうか? バリゲーターは海軍に、プテラスは空軍に属する。
ここでは、「重装甲スペシャル級かつ空/海軍に属するゾイド」はこのカラーであると思いたい。
(補足しておくと、スネークスも海上航行が可能であるが、その特性上、最大数が配備されたのは陸軍だと思われる)

 

残る、カノントータスとスネークスはどうだろう。両機の共通点は、共に緑を基調としたカラーである点と、主に陸軍で運用された事だろう。

ただ、共に緑を基調としてはいるものの、カノントータスは「装甲:黒 内部機構が濃緑色」 スネークスは「装甲:緑、内部機構:灰色」と、色の法則はかなり違う。
ただ、ともかく緑という事は共通している。
小型かつ陸軍機には、緑が採用されるという事だろうか?ここではひとまず議論を留め、結論は先送りしたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に、ハイパワーユニット級を見たい。
コマンドウルフ、ベアファイター、ゴルヘックス、アロザウラーの4機だ。既に分類済みのコマンドウルフNew、ベアファイターNew、レイノスは省く。

残ったゾイドを見ると、「装甲:ライトグレー 内部機構:黒系の色」で塗られているゾイドが多い。
コマンドウルフ、ゴルヘックス、アロザウラーだ。

「装甲:ライトグレー」というのは、ハイパワーユニット級の標準カラーと捉えたい。
ただ内部機構の色は、「黒系の色を採用する」といっても、各機ごとにかなり差がある。内部機構の色に関しては、後でまた考えたい。

 

ベアファイターが例外になってしまったが、かなり特異なカラーをしている。「装甲:茶色 内部機構:緑 武器:灰色」

ゴジュラスMK-II(限)と極めて似ているが、何か関係があるのだろうか。ここでの結論は難しそうなので、後でまた考えたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

最後に、大型ゾイドを考えよう。
ビガザウロ、マンモス、ゴジュラス、ゴルドス、サラマンダー、グスタフ、ウルトラザウルス、ディバイソン、マッドサンダー
の9機だ。
既に分類済みのゴジュラスMK-II(限)、ゴジュラスMK-II(量)、シールドライガー、シールドライガーMK-IIは省く。

ビガザウロは、「コックピット:クリームホワイト 内部機構:青 ボディーフレーム:灰色 武器:クリームホワイト」
マンモス、ゴルドス、ウルトラザウルス、ディバイソン
は、「装甲:黒 内部機構:濃緑またはミディアムブルーまたは灰色 ボディーフレーム:灰色 武器:灰色」
ゴジュラス、グスタフ、マッドサンダーは、「装甲:灰色 内部機構:濃緑またはミディアムブルーまたは灰色 武器:黒」
サラマンダーは、「装甲:青 強化装甲部/翼:灰色」

ある程度まとまっている所から考えたい。
装甲が黒いゾイドと、灰色のゾイドがある。ちょうど配色が逆になった感じがするが、この違いが生まれる理由は何だろう?
これを考えた時、もしかすると、装甲の問題かもしれないと思った。
例えばゴジュラスはレッドホーンの巨砲にも耐え抜く防御力を持ち、それまでの機体より格段に強固な装甲を誇る。

大型ゾイドの装甲強度を表にすると、下のようになるかと思う。詳細はともかく、おおまかには正解だと思う。

灰色装甲を持つゾイドが装甲防御力を引き上げた機体である事が分かると思う。
(サラマンダーは飛行ゾイドなので、ある程度防御力は犠牲になっているものと推測した)

ゴジュラスは、マンモスと比べ格段に強固な装甲を誇る。そして次級ゴルドスは、ゴジュラスとほぼ同等の装甲を持つだろう。
偵察用ゴルドスが戦闘用マンモス以上の装甲を持つ事には異論があるかもしれない。
ただマンモス145t、ゴルドス199tという数値を見れば、ゴルドスの方が分厚く強固な装甲を持っている事は想像に難くない。
ちなみにビガザウロは131tであり、こう見ると意外とマンモスの装甲はあんがい薄く、機銃程度しかはじき返せないのかもしれない。
それを証明するように、戦力比較表において対レッドホーンにおいて「マンモス3機とレッドホーン1機が互角」「ゴルドス3機とレッドホーン1機が互角」と表記されている。
戦闘用マンモスと偵察用ゴルドスが互角の戦力というのは、ゴルドスが強固な装甲で長時間耐え切れるからかだと思われる。

グスタフ、マッドサンダーについては論じるまでもなかろう。超超防御力に秀でた機体だ。
灰色装甲の機体は、従来機より格段に装甲防御力がアップした機体であるとしたい。

内部機構の色については謎だ。この点は、後でまた考えたい。

 

さて、残る二機、ビガザウロサラマンダーも考えたい。
ビガザウロは「コックピット/武器:クリームホワイト ボディー:青 フレーム:灰色」をしている。
サラマンダーは、「装甲:青 強化装甲部/翼:灰色」をしている。

共和国大型ゾイドを考える時、装甲防御力でカラーが変わる説を唱えたが、それが正解であるとすればビガザウロはかなり分類しずらい。
何故ならばビガザウロは装甲の無いゾイドであり、このカテゴリーで考える事が不可能だからだ。

ここでは、ひとまず結論は先に送る事にしたい。

 

サラマンダーはどうなるのだろう。唯一の飛行ゾイドであり、「これは空軍のカラーである」という考え方も出来る。

その説は正しいかもしれないが、もう一つの仮説も思いつく。

サラマンダーは全身が青い。
全身を青で固めたサラマンダーの配色は、この時期のゾイドにしてはかなり特徴的な色をしていると思う。

「共和国の色は青だ」と推測した。これが正しいとして、全身に青を使用したサラマンダーのカラーはどうしても深い意味があると思えるのだ。
青を部分的に採用しているゾイドは、他の大型ゾイドにも居る。
ビガザウロのボディーは青だ。ゴジュラスの腕や爪、ウルトラザウルスの脚部も青系の色をしている。

基本的に、大型ゾイドの内部機構の色は、灰色系か緑が採用される事が多い。
例えばマンモスやディバイソン、グスタフ、マッドサンダー等だ。その中で、少数派ながら青系が採用されているのは注目すべきだろう。

最初は、初期小型ゾイドがそうであったように、「海/空軍の機体は青系になる」のではないかと思った。
しかしゴジュラスに青系の色が採用されているのはその法則から外れる。ゴジュラスは明らかに陸軍機だからだ。

思うに、大型ゾイドで青系を採用したゾイドは、技術的に革新的な機構を有している。
共和国大型ゾイドにおいて技術革新が起こった機体は、ビガザウロとサラマンダーだろう。
ビガザウロは、せいぜいガリウスやエレファンタスの大きさしか居なかった時代において初めて登場した巨大ゾイドであり、その機構は革新的だったに違いない。
サラマンダーもまた、飛行ゾイドの常識を覆す革新的な存在であった。

青系の色を使うゾイドは、何らか技術的に革新があった機体と捕らえられると思う。
「共和国の国色をこのように使う」と考えても説得力があるように思う。
こう考えた上で、ゴジュラスとウルトラザウルスの青も考えよう。青系を採用している場所を整理しよう。

ゴジュラス:腕と足の爪、ボディフレーム、尾の先に使用
ウルトラザウルス:脚部、飛行甲板、魚雷発射管に使用


全身ではないが、部分的に使用されている。
やはり青が使用されている部分は、技術革新があった部分と捕える事が可能だ。
ゴジュラスは、「従来機に無い圧倒的格闘戦能力を付加した」という技術革新である。
それを為した部分は、強力な爪と脚、そしてこれまた格闘戦で威力を発揮する尾だ。また、ボディが非常に頑丈であり、驚異的なタフネスを誇った。
ウルトラザウルスの脚部や飛行甲板は、「従来機の2倍以上の重量を歩かせる強靭な脚部」「内部で別メカを運用できる」という技術革新である。

大型ゾイドで青が使用されている=技術的革新なのだろう。
ビガザウロの技術革新は巨大なボディーであると言える。だからこそビガザウロのボディーは青い。
サラマンダーはその機構上、存在そのものが革新的であったといえる。だからこそ全身が青い。

技術革新があった部分は、色の法則を越えて青が使用される説をここでは採用しよう。
これにて、ひとまず大型ゾイドは全て分類できた。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

さて、ここまでをまとめよう。

■24部隊カラー=強化装甲:クリアブルー 装甲:銀 内部機構:黒
  メガトプロス、バトルローバー、ネプチューン、サンドスピーダ

■アタックゾイドカラー=装甲:灰色 その他:青
  ショットダイル、カマキラー、キャノッサ、シーバトラス、ハイパーシーザス、ウォータースパイダー、サラディン、クロスウイング

■初期小型ゾイド(陸軍)カラー=コックピット:クリームホワイト ボディーフレーム:灰色 その他:黒
  ガリウス、エレファンタス、グランチュラ、ゴルゴドス、ハイドッカー、スパイカー

■初期小型ゾイド(海/空軍)カラー=コックピット:クリームホワイト ボディーフレーム:灰色 その他:青
  アクアドン、フロレシオス、グライドラー、ペガサロス

■初期MK-IIカラー=装甲:白 内部機構:黒 武装:クリームホワイト
  ゴジュラスMK-II(量)

■後期MK-IIカラー=装甲:白 内部機構:黒または青 武装:金
  シールドライガーMK-II、コマンドウルフNewType、ベアファイターNewType

■対抗機カラー=装甲:白、内部機構:黒 武装:クリームホワイト
  ダブルソーダ、シールドライガー、レイノス

重装甲スペシャル級ゾイド(主力歩兵)カラー=装甲:ミディアムブルーまたは濃紺 ボディフレーム:灰色
  ゴドス、ガイサック

重装甲スペシャル級(海/空軍)カラー=装甲:濃紺 内部機構:クリームホワイト
  バリゲーター、プテラス

■重装甲スペシャル級陸軍機カラー=緑系の色を使用する
  カノントータス、スネークス

■HIユニット級カラー=装甲:ライトグレー
  コマンドウルフ、アロザウラー、ゴルヘックス

■大型ゾイド(標準)カラー=装甲:黒 内部機構:黒または青または緑
  マンモス、ゴルドス、ウルトラザウルス、ディバイソン

■大型ゾイド(装甲強化タイプ)カラー=装甲:灰色 内部機構:黒または青または緑
  ゴジュラス、グスタフ、マッドサンダー

■技術革新が大きかった機体=青系が採用される
   ビガザウロ、サラマンダー、(部分的にゴジュラス、ウルトラザウルス)

■量産機ではないため、現地部隊のカラーがキットに反映された:ゴジュラスMK-II(限)

現段階では未分類:ベアファイター

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここから、更に掘り進めたい。
その中で、未分類の機体や、更に分類できているものも更に細かく定義できればと思う。

24部隊カラー
綺麗にまとまったが、ネプチューンのみ色が少し違う。

通常、「装甲:銀 内部機構:黒」なのに、ここが逆の「装甲:黒 内部機構:銀」になっているのだ。
24ゾイドの種類が少ないのでこれは定義するのが難しい。

初期小型ゾイドで、「陸軍と海/空軍で色の法則を変える」というパターンが見られた。
ネプチューンは、他の機体と違い水を強く意識した機体だ。なので、もしかしてそれゆえに色法則が違うのかもしれない。
とはいえ、なにしろ他に機体が居ないので結論を出すところまでは至れず、歯がゆい。

余談ながら、共和国24ゾイドの「次の機体」は、当時計画されていた(対ゴーレム用の機体となるはずであった)。
そしてそれは何とカニ型であった。もし、この機体が完成する所までいっていたら、あるいは色法則も更に導けていたかもしれない…。何とも悔やまれる。

ちなみにキャップは、全て共通して茶色がかった色をしている。

 

アタックゾイドカラー、初期小型ゾイド(陸軍)カラー、初期小型ゾイド(海/空軍)、初期MK-IIカラー、後期MK-IIカラー
これは既に綺麗にまとまっているので補足する必要は無い。

 

対抗機カラー
これも綺麗にまとまっている。ただキャップの色には差が認められる。
ダブルソーダのみ灰色キャップを採用しており、他は白キャップを採用している。また水色の色合いも、厳密に言うと少し違う。

MK-IIカラーと同じように、登場時期の差だろうか?
ただ、実はダブルソーダとシールドライガーの出現時期はあまり離れていないが…。
少し疑問は残るものの、キャップの色はMK-IIカラーと同じように前期/後期で分かれていると考えたい。

 

重装甲スペシャル級ゾイド(主力歩兵)カラー、重装甲スペシャル級(海/空軍)カラー
これは既に綺麗にまとまっているので補足する必要は無い。

 

重装甲スペシャル級陸軍機カラー
カノントータスとスネークスであるが、難しい。
カノントータスは装甲:黒、内部機構:緑。かたやスネークスは装甲:緑、内部機構:灰色。
緑色の色合いも、かなり違う。改めて見てみよう。

他に比較できる機体が不在なのが悔やまれる。残念ながら、重装甲スペシャル級陸軍機カラーは「緑系を使う」という事以上は追求できそうに無い。
ただキャップは共に黒という事で共通している。

 

ハイパワーユニット級カラー
装甲がライトグレーという以外は謎が多い。一度、並べてみよう。

まず、クリアパーツの色から考えよう。ゴルヘックスのみ紫色をしている。
これは「クリスタルレーダーだから」という所で答えを出せると思う。
つまりクリスタルを使用したレーダー=紫にしたかったのではなく、原材料の色すなわち紫にならざるを得なかったのだと思う。

内部機構の色は全て違う。
コマンドウルフ:ミディアムブルー、ゴルヘックス:黒、アロザウラー:濃紺
この差は何だろう…。ただ全て違うので分類しようが無い。
同様に、キャップの色も違う。コマンドウルフ:黒、ゴルヘックス:青緑、アロザウラー:茶
やはり全て違うので分類しようが無い。

残念ながら、ハイパワーユニット級のカラーは「装甲:白」という所で留まりそうだ。

 

大型ゾイド(標準)カラー
マンモス、ゴルドス、ウルトラザウルス、ディバイソン。

装甲は黒で共通しているが、内部機構の色が違う。
マンモス、ディバイソンは緑であり、ゴルドスは黒。ウルトラザウルスは青だ。
ただウルトラザウルスの青は、「技術革新が大きかった機体=青系が採用される」という所で分類出来したので、この論から外す。
残る三機。
全て陸上でのみ運用できるゾイドである事が共通する。ならば全て緑で統一されても良さそうだが…。

大型ゾイド(装甲強化タイプ)カラーも併せて考えるとどうなるだろう。
ゴジュラス、グスタフ、マッドサンダー。

この内ゴジュラスは、ウルトラザウルスと同じく「技術革新が大きかった機体=青系が採用される」という所で分類したので、この論から外す。
残り二機。
グスタフは緑で、マッドサンダーは黒だ。どちらも、陸上でのみ運用できるゾイド。

緑=マンモス、ディバイソン、グスタフ。
黒=ゴルドス、マッドサンダー。

もしかすると、「緑=直接戦闘が主任務の機体」であり、「黒=指揮管理能力を備えた機体」なのかもしれないと思った。
ゴルドスは、そのレーダーを備えている特性上、後方からの指揮を担った事は想像に難くない。
マッドサンダーの司令塔は言うまでも無く、最前線で直接指揮間として運用できる機体だ。

大型ゾイドの内部機構のカラーは、
・陸軍機としての標準は緑
・指揮管理能力があるゾイドは黒
・技術革新があった機体は青系
という事で分類できたと思う。

キャップの色は難しい。
基本的に黒が多いが、ウルトラザウルスやマッドサンダーは灰色で、ディバイソンは緑だ。
灰色キャップは、もしかすると超超巨大ゾイドにのみ採用されるカラーかもしれない。しかしディバイソンの緑は…?

基本は黒キャップで、500tを越える超巨大クラスは灰色で、ディバイソンのみ例外…。
多少疑問は残るものの、とりあえずそのように結論付けたい。

幾つかの疑問は残ったままだが、ほとんどの機体は分類できたと思う。
最後に、まだ分類できていないベアファイターを考えたい。

ベアファイターを考える時は、最初に書いた「キットのカラー=最もスタンダードなカラーであるとして進めていきたい」という部分が重要になってくる。
このゾイドは、共和国軍が絶望的だった時代に登場した。
デスザウラーにより首都を追われた共和国軍が、ゲリラ戦で必死に抵抗を試みていた時期。そんな時期に誕生したのがベアファイターだ。
ベアファイターは最も戦況が逼迫した時期に登場したゾイドだ。

…ベアファイターのひとつ前に登場したのはゴルヘックス。一つ後に登場したのはディバイソン。
ゴルヘックスは、デスザウラーとほぼ同時に登場している。学年誌情報であるが、首都陥落以前にもその姿が確認できる。
ディバイソンは、ゲリラ戦が少しずつだが落ち着き、ようやく反撃体制が整った時に登場したゾイドだ。
共和国軍が、軍としての体制を整えている状態において就役したゾイドと言える。

だがベアファイターは、軍がもうボロボロの時に就役した。超混乱期において登場したゾイドと言える。
就役当時、最も多くが配備された部隊といえば、ゲリラなど現地食の強い部隊だったと思う。
それゆえにこのような「統一されていない」カラーになったとすると、一定の納得はできると思った。

以上、苦しいようだが一応全機が考えられたと思う。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

もう一度、先ほどより詳細に分類する。
今回は機体名を先に書き、分類する。

メガトプロス、バトルローバー、ネプチューン、サンドスピーダ
 24部隊カラー=強化装甲:クリアブルー 装甲:銀 内部機構:黒
 ※キャップは茶色。
 ※水上/水中運用可能な機体は装甲と内部機構の色が反転する。

ショットダイル、カマキラー、キャノッサ、シーバトラス、ハイパーシーザス、ウォータースパイダー、サラディン、クロスウイング
 アタックゾイドカラー=装甲:灰色 その他:青

ガリウス、エレファンタス、グランチュラ、ゴルゴドス、ハイドッカー、スパイカー
 初期小型ゾイド(陸軍)カラー=コックピット:クリームホワイト ボディーフレーム:灰色 その他:黒
 
※キャップは青。

アクアドン、フロレシオス、グライドラー、ペガサロス
 初期小型ゾイド(海/空軍)カラー=コックピット:クリームホワイト ボディーフレーム:灰色 その他:青
 
※キャップは黒。

ゴジュラスMK-II(量)
 初期MK-IIカラー=装甲:白 内部機構:黒 武装:クリームホワイト

 
※キャップは黒。

シールドライガーMK-II、コマンドウルフNewType、ベアファイターNewType
 後期MK-IIカラー=装甲:白 内部機構:黒または青 武装:金
 
※キャップは白。

ダブルソーダ、シールドライガー、レイノス
 対抗機カラー=装甲:白、内部機構:黒 武装:クリームホワイト

 
※キャップ:前期型は灰色、後期型は白。

ゴドス、ガイサック
 重装甲スペシャル級ゾイド(主力歩兵)カラー=装甲:ミディアムブルーまたは濃紺 ボディフレーム:灰色

 
※キャップは黒。

バリゲーター、プテラス
 重装甲スペシャル級(海/空軍)カラー=装甲:濃紺 内部機構:クリームホワイト

 
※キャップは青緑。

カノントータス、スネークス
 重装甲スペシャル級陸軍機カラー=緑系の色を使用する キャップ:黒
 ※それ以外の色法則は不明

コマンドウルフ、アロザウラー、ゴルヘックス
 HIユニット級カラー=装甲:ライトグレー

 ※それ以外の色法則は不明
 ※キャップの色も自由

マンモス、ゴルドス、ウルトラザウルス、ディバイソン
 大型ゾイド(標準)カラー=装甲:黒 内部機構:黒または青または緑

 ※キャップは基本は黒だが超巨大ゾイドのみ灰色。ただし例外もあり。

 ※内部機構の色は、技術革新があった機体は青、指揮管理機は黒、それ以外は緑

ゴジュラス、グスタフ、マッドサンダー
 大型ゾイド(装甲強化タイプ)カラー=
装甲:灰色 内部機構:黒または青または緑

 ※キャップは基本は黒だが超巨大ゾイドのみ灰色。

 ※内部機構の色は、技術革新があった機体は青、指揮管理機は黒、それ以外は緑

ビガザウロ、サラマンダー、(部分的にゴジュラス、ウルトラザウルス)
 技術革新が大きかった機体=青系が採用される

ゴジュラスMK-II(限)、ベアファイター
 機体特性、あるいは就役時の状況により、現地部隊のカラーがキットに反映されている

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここから更に少しだけ考える。
「緑」という色について言うと、共和国の陸軍機の標準カラーとしていいような気がする。
カノントータス、スネークスも緑だし、大型の陸上ゾイドも緑を採用している機体は多い。
とすれば、コマンドウルフやアロザウラーは疑問でもあるが…。

 

さて、今回は共和国のカラーを考えてみた。
かなり無理がある箇所も多かったと思うが、それでも一応は一定の法則性を見つけることが出来たと思う。

これは私なりの導きなので、更に洗練させた説、あるいは全く別の説なども、あれば是非お寄せ頂ければ嬉しいと思う。
さて、ともかく、現段階での法則は上に書いた通りだ。
次回は、暗黒大陸戦役時の共和国ゾイドも考えてみたいと思う。

Back
index

inserted by FC2 system