メカ生体ゾイド・ゼネバス帝国部隊カラー

規律の取れたカラーというのは見ていて気持ちが良い。

メカ生体ゾイドのカラーは、軍らしい統一されたカラーが感じられる。
中でも、ゼネバス帝国ゾイドの統一感は素晴らしいと思う。今回は、それを深く考えてみたいと思う。

メカ生体ゾイドにおけるゼネバス帝国ゾイドのカラーは、比較的カラフルな色彩の共和国ゾイドに対し、幅が狭い。
大抵が、赤・黒・銀で事足りる。そんな帝国のカラーからは、統制の取れた軍紀が感じられる。

全体としては赤を使用したゾイドが多く、国色は赤であると思う。
今回は、ゼネバス帝国ゾイドのカラーリングを深く掘り下げ、厳密に細かく分類してみたい。

カラーリングを考えるなら、同じような色をしたゾイドを集めれば、おのずと分類も出来てゆくものと思う。
分かりやすいものから分類していきたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

まず、「装甲:白、内部機構:濃いグレー」のゾイドを集めてみよう。


このカラーリングは非常に特徴的だ。ここには、帝国24ゾイドが該当する。
デスピオン、ロードスキッパー、ドントレス、ゴーレム、ショットウォーカー
の5機。
このカラーリングを用いたゾイドは他に無く、帝国24ゾイド用のカラーと見て良いだろう。

厳密に言うと、中には「白と濃いグレー」以外の色を使っているゾイドも居る。

ここではデスピオンの尾部を例に出した。 白と濃いグレーの他、薄いグレーが使用されているのが分かると思う。
しかしこれは、パーツ形状をよく見ると納得できると思う。
薄いグレーのパーツは、内部機構と装甲が一体成形の同じパーツになっている。ゾイドは出来る限りパーツ点数を抑えるという命題がある為だ。
その為、両者の中間色という意味で、やむなく薄いグレーの成型色になったのだと思われる。

パーツ数を少なくするという制約がなければ、下のようなカラーになっていたと思われる。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

次に、「装甲:銀、内部機構:赤」のゾイドを集めてみよう。


非常に多くのゾイドがこれに当てはまる。ここに属するゾイドが最も多い。
マーダ、ゲーター、モルガ、ゲルダー、ザットン、マルダー、シンカー、イグアン、サイカーチス、ヘルキャット、ハンマーロック、シーパンツァー、
ウオディック、ブラキオス、ライジャー
の15機が該当する。

また、特殊ゾイドまで含めるなら、
シルバーコング、ビーシューター、ゴリアテ、グラップラー、ヘルダイバー、グランドモーラー、ダムバスター、クラブラスター

の、アタックゾイド8機も加えるべきだろう。こうなると23機が該当する事になる。
総勢23機だから凄い数だ。キット発売された帝国ゾイドの総数が42だから、数の上では実に半分以上がこのカラーという事になる。

ほとんどの小型ゾイドがこのカラーをしている反面、大型ゾイドでこのカラーを採用しているゾイドは居ない。
この事から、このカラーリングは帝国小型ゾイド標準カラーとみなして良いと思う。
※本コラムではゼンマイ級は全て「小型」として扱う。

ただ、小型ゾイドでありながら、小型ゾイド標準カラーに収まっていないゾイドも存在する。
ツインホーン、シュトルヒ、レドラー、ブラックライモス、ブラックライモスNewType、ブラキオスNewType
これらは何ゆえ、逸脱したカラーなのだろう。
逸脱組の中で、何か共通したものはないか、探ってみたい。

 

まず、ブラックライモスが採用しているカラーの方から見てみたい。


このカラー…、「装甲:黒、内部機構:赤」のゾイドを集めてみると、
ブラックライモス、ブラックライモスNewType、ブラキオスNewType、アイアンコング、グレートサーベル、デスザウラー
の6機が該当する。

小型のみならず、大型ゾイドでこのカラーを採用しているゾイドも居るようだ。
捕捉しておくと、これらの中には赤と黒以外に「銀」が使用されている場合もあり、それらは武器系統に使用されている。
厳密には、「装甲:黒、内部機構:赤、武器:銀」にすべきだろう。

これらのゾイドに共通する事は何だろう?
いずれも、帝国最強部隊を編成したゾイドである事が共通しているようだ。
設定上、明確にそれが明記されてるのはブラックライモスnew type、ブラキオスnew type、グレートサーベルだ。
また設定は無いものの、アイアンコングとデスザウラーは共にその時代の帝国最強ゾイドとして開発されており、同部隊を率いた事は想像に難くない。

残るはノーマルのブラックライモスだが…、ブラックライモスには同クラス中最強を誇るゾイドで、小型でありながら大型ゾイドのレッドホーンに匹敵する戦力を有する。
その事から、New Typeになる以前から、帝国最強部隊にも多く配備された事は確実と思う。
実際、学年誌では、デスザウラーに随伴するブラックライモスの姿が多く見られた。
これらを総合して考えると、このカラーリングは帝国最強部隊のカラーと見る事が出来ると思う。

 

次は、ツインホーンなどが属するカラーも見てみたい。


このカラー…、「装甲:赤、内部機構:黒」のゾイドを集めてみると、
ツインホーン、シュトルヒ、レドラー、レッドホーン、サーベルタイガー、アイアンコングMk-II(限)、ディメトロドン

帝国最強部隊と同じく、大型ゾイドでもこのカラーを採用しているゾイドが居る。
ならばこのカラーも「小型」とか「大型」とかの分類ではなく、何らかの所属による色分けなのだろう。
カラーの一部に「銀」が使用されている場合もあるが、それらは武器系統に使用されている。
厳密には、「装甲:赤、内部機構:黒、武器:銀」にすべきだろう。

このカラーのゾイドは、幾つかの系統に分ける事が出来る。
一つは、「皇帝親衛隊所属機」という設定のあるゾイドで、親衛隊所属機であるとの明記があるゾイドは、ツインホーンとシュトルヒの二機だ。

次に「決戦用ゾイド」で、主に最重要作戦…、決して負けられない戦いに投入される事が多かった機体で、アイアンコングMk-II(限)になる。
改造ゾイドまで含めるなら、改造デスザウラーのデスファイター等もここに属するだろう。

残りはその他で、一般機と思われる。
このカラーは細かい分類が多くなってしまった。少々ややこしくなりそうなので、結論は先延ばしにしておき、先に進みたい。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここまでで、まだ名前の挙がっていないゾイドは居るだろうかというと、 アイアンコングMk-II(量)のみ、まだ出ていない。
このゾイドは他に同じカラーの機体が無い以上、現時点での分類は非常に困難だと思う。
考察は後に回したい。

 

さて、ここまでで分類できたものを、まとめてみたい。

 

24部隊カラー=装甲:白、内部機構:黒または濃いグレー
 デスピオン、ロードスキッパー、ドントレス、ゴーレム、ショットウォーカー

小型標準カラー=装甲:銀、内部機構:赤
 マーダ、ゲーター、モルガ、ゲルダー、ザットン、マルダー、シンカー、イグアン、サイカーチス、ヘルキャット、ハンマーロック、シーパンツァー、
 ウオディック、ブラキオス、ライジャー
 シルバーコング、ビーシューター、ゴリアテ、グラップラー、ヘルダイバー、グランドモーラー、ダムバスター、クラブラスター

帝国最強部隊カラー=装甲:黒、内部機構:赤、武器系統:銀
 ブラックライモス、ブラックライモスnew type、ブラキオスnew type、アイアンコング、グレートサーベル、デスザウラー

まだ結論の出ていないカラーも多いが、まず、これらを細かく見ていきたいと思う。
そうすれば、まだ分類できていないカラーも分析できてくるかもしれない。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

24部隊を細かく見ていこう。
ほとんど差異の無いカラーをしているが、唯一、装甲の色にわずかな違いを見つけられる。
ゴーレムのみ、装甲はわずかにクリーム色がかったホワイトをしており、その他は純白をしている。


装甲色の違いが分かるだろうか。
ゴーレムは帝国24部隊中、最強であると同時に最も汎用性の高い機体だ。
24部隊の一般カラーは純白であり、上位カラーはクリームホワイトであると捕らえても良いのではないだろうか。

その他、キャップの色にも差異がある。
デスピオン:青、ロードスキッパー:紫、ドントレス:緑、ゴーレム:茶
になっているが……、これは全機が異なったカラーである以上、分類は不可能だろう。

 

次に、小型標準カラーを見てみたい。
24ゾイドと同じく、細かい差異が認められる。
まず装甲の銀色に注目すると、機種により濃さに差がある。
アタックゾイド群は、銀というかほとんど白と言って良いような色をしている。その他は、標準的な濃さの銀色をしている。
ライジャーのみ、銀装甲を使用しながらも、一部に黒い装甲も持つ。

戦闘力の高さで考えると、「ライジャー>小型標準ゾイド>アタックゾイド」になるので、このクラスの装甲の色は、上位機になるほど濃くなり、下位機になるほど薄くなるとみて良いと思う。
また、下位機ほど薄くなるという事は、言い換えれば上位機ほど濃くなる。
上位機ほど濃くなるという事は、極限まで銀を濃くすると黒になると捉えられるかもしれない。
そうすると帝国最強部隊のカラーであり、帝国最強部隊カラーは、小型標準カラーに比べ、かなり上位のカラーと捉える事も出来る。

赤の色合いにも差が認められる。
初期ゾイドとアタックゾイドは、いわゆるゼネバスレッドと呼ばれるくすんだ赤を採用している。
対し、中期に登場したシーパンツァーや後期に登場したライジャーは、原色に近い鮮やかな赤をしている。
おそらく赤は、基本がゼネバスレッドであり、上位機になるほど鮮やかな赤になるという事だろう。

キャップの色にも注目したい。
アタックゾイドにはキャップが無いが、その他を見ると、

灰色キャップ:マーダ、ゲーター、モルガ、ゲルダー、ザットン、マルダー、シンカー、イグアン、サイカーチス、ヘルキャット、ハンマーロック、ブラキオス、ライジャー
緑キャップ:シーパンツァー、ウオディック

になり、圧倒的に灰色が多い。
という事は逆に、シーパンツァーやウオディックが特別だと考えるのが自然だろう。
共通点は両方とも海軍機な事だが、そう考えるならシンカーやブラキオスも海軍に縁の深い機体だ。
緑キャップを採用しても良さそうに思える(シンカーは空軍、ブラキオスは陸軍かもしれないが…)。

その他と言えば、共にD-DAY上陸作戦の主役を演じた事だろうか。
この二機の他にD-DAY上陸作戦の主役を演じたのは大型ゾイドのディメトロドンだが、ディメトロドンもまた緑キャップを採用している。
この事から、やや別格の機体と捉える事も出来る。
基本は灰色キャップ、特別機は緑キャップと捉えたい。

 

次に、帝国最強部隊カラーを見てみたい。
やはり、細かい差異が認められる。
装甲は全て真っ黒をしているが、内部機構の赤には差異が認められる。
アイアンコング、ブラックライモスがゼネバスレッドなのに対し、それ以外の機は鮮やかな赤を採用している。
おそらく小型一般カラーと同じく、上位機になるほど鮮やかな赤になるという法則があると思われる。
例えば、ブラックライモスがゼネバスレッドを採用しているのに対し、改良機であるブラックライモスnew typeは鮮やかな赤を使用している。

キャップはどうだろうか。

灰色キャップ:ブラックライモスnew type、ブラキオスnew type、グレートサーベル
緑キャップ:ブラックライモス、アイアンコング、デスザウラー

になり、半々といった所だが、灰色キャップの機は全て改良機であり、緑キャップの機はオリジナル機であるという差がある。
最強部隊は基本的に緑キャップだが、改良機であった場合は灰色キャップという事だろうか…?
統計が取れるほどの機種が無いのが実に惜しいものの、ひとまずそのように分類したい。

ここまで見ると、傾向も分かってきた気がする。
まず赤は、「ゼネバスレッドは一般機に使用する色であり、鮮やかな赤は特別に使用する色である」事。
キャップは、「灰色を基本とし、緑色を採用した機は何らか特別仕様の機である」事。
この法則を元に、いまだ未分類のゾイドを見てみたい。

 

「装甲:赤、内部機構:黒、武器:銀」のグループは、中途半端なところで分類を中断していたが、上記を踏まえて再び分類したい。
ツインホーン、シュトルヒ、レドラー、レッドホーン、サーベルタイガー、アイアンコングMk-II(限)、ディメトロドン
このグループは装甲色に赤を採用している。

この内、鮮やかな赤を使用しているゾイドは、ツインホーン、シュトルヒ、レドラー、アイアンコングMk-II(限)、ディメトロドンになる。
ツインホーン、シュトルヒには「皇帝親衛隊」、アイアンコングMk-II(限)は「決戦用ゾイド」という事が判明しているが、いずれも一般機とは別格の機であり、
鮮やかな赤を使用している事に納得がいくものと思う。

では、レドラーとディメトロドンも、このどちらかに属するのだろうか?

まずレドラーから考えてみたい。この機体はゼネバス帝国ゾイド中、唯一ピンクレッドを使用している。

他に例が無い色なので推測に頼るしかないのが歯痒いが…、レドラーはシュトルヒの後継機であり、その意味で考えるなら上位機である。
その為、真っ赤なシュトルヒより更に鮮やかな赤を使用する必要があり、ピンクレッドになったのではないだろうか。
また、後継機という仕様上、まずは皇帝親衛隊所属機から機種改変が行われたものと思う。
つまり初期生産は皇帝親衛隊に納入されたものと思われ、そういった意味で皇帝親衛隊機カラーになった…、しかしシュトルヒより上位機なので、より鮮やかな赤になったと解釈する事にしたい。
ピンクレッドは他に例の無い配色であるが、真っ赤よりも更に鮮やかな赤という印象はある。

次にディメトロドンであるが、鮮やかな赤である事を除けば、レッドホーンやサーベルタイガーに近い色をしている。
ディメトロドンはその戦闘能力の低さから言って、皇帝親衛隊や決戦用ゾイドとは考えにくい(その特性上、部隊に必ず随伴はしているだろうが)。
むしろレッドホーンやサーベルタイガーと同じ分類にすべきだと思える。

レッドホーンやサーベルタイガーは大型一般ゾイドなので、大型ゾイド標準カラーは「装甲:赤、内部機構:黒、武器:銀」になるものと思う。
その中で何故、ディメトロドンが鮮やかな赤を使用しているかは、やはりD-DAY上陸作戦の要機として開発された為、やや特別機の傾向もあったのだろう。

キャップの色は、
灰色キャップ:レドラー、レッドホーン、サーベルタイガー
緑キャップ:ツインホーン、シュトルヒ、アイアンコングMk-II(限)、ディメトロドン

になる。
基本的に、皇帝親衛隊と決戦用ゾイドに緑キャップを使用される傾向が強く、その意味で言えば「緑キャップの機は何らか特別な機である」という法則に合致する。
しかし、シュトルヒの後継機のレドラーに緑キャップが採用されていない点のみ疑問も残る。
帝国最強部隊の項目で、「改良機には灰色キャップ」という分類を試みていたが、もしかするとレドラーは内部機構的にはシュトルヒの改良機なのだろうか?
ここもまた推測の域を出ないものになってしまったが、ひとまずそう分類しておきたい。

 

さて、最後に一機だけ特殊なカラーをしているアイアンコングMK-II(量)を見てみたい。
「装甲:黒、内部機構:オレンジイエロー、武器:黒」

この色の意図は何だろう…?
やはりこれも、他に同じカラーのゾイドが存在しない以上、推測の域を超えられないのは悔やまれる。
ただ、オレンジイエローはもしかすると、「薄い赤」と捕らえる事が出来るかもしれないと思った。
レドラーは、鮮やかなピンクレッドを採用しているが、この色は「赤より鮮やかな赤を」という意図であると思う。
グラデーション表を作ってみると…、

のように…。
つまり基本的には帝国最強部隊カラーであり、オレンジイエローは「より鮮やかな赤」ではないかと思う。
強引だろうか。ただ、これ以外の解答を出す事が出来なかった。

武器系統が黒である意図は何だろう?
小型標準カラーの項目で、「上位機ほど銀が濃く」という法則を見つけたが、「ノーマルより武器も強力になった」というような意味で黒になったのかもしれない。
ただやはり、類似カラーを持つ機が居ない以上、推測の域を出ないのは何とも歯痒い。
ちなみにキャップは緑色をしている。

武器の色とキャップの色は、帝国最強部隊の法則から外れる。
法則に従うなら武器は銀であるべきであり、キャップは改良機だから灰色になるべきになる。

やはりこの推測ではやや強引な感が否めず、「不明」としておく他ないように思える。

 

さて、推測も多くなったが、ひとまずこれで全機種の分類は出来た。
一覧にしてみたい。

24部隊カラー(装甲:白 内部機構:黒または濃いグレー)
  デスピオン、ロードスキッパー、ドントレス、ゴーレム、ショットウォーカー
  ※装甲色は、標準は純白。上位機になるとクリームホワイトになる。

小型標準カラー(装甲:銀 内部機構:赤) 
  シルバーコング、ビーシューター、ゴリアテ、グラップラー、ヘルダイバー、グランドモーラー、ダムバスター、クラブラスター、
  マーダ、ゲーター、モルガ、ゲルダー、ザットン、マルダー、シンカー、イグアン、サイカーチス、ヘルキャット、ハンマーロック、シーパンツァー、
  ウオディック、ブラキオス、ライジャー
  ※補足 装甲色は、標準を銀とし、下位機は薄い銀になる。上位機の一部は、黒い装甲も使用する。
   内部機構の赤は、標準をゼネバスレッドとし、上位機になるほど鮮やかな赤を使用する。
   キャップの色の標準は灰色だが、D-DAY上陸作戦に合わせて作られた等の特別機は、緑キャップを使用する。

帝国最強部隊カラー(装甲:黒 内部機構:赤 武器系統:銀)
  ブラックライモス、ブラックライモスnew type、ブラキオスnew type、アイアンコング、グレートサーベル、デスザウラー
  ※内部機構の赤は、標準をゼネバスレッドとし、上位機になるほど鮮やかな赤を使用する。
   キャップの色の標準は緑色だが、MK-II等の改良機であった場合は灰色キャップを使用する。

■皇帝親衛隊カラー(装甲:赤 内部機構:黒)
  ツインホーン、シュトルヒ、レドラー
  ※装甲色は、標準は原色の赤。上位機になるとより鮮やかな赤になる。
   キャップの色は緑色。

決戦ゾイドカラー(装甲:赤 内部機構:黒 武器系統:銀)
  アイアンコングMK-II限定型
  ※キャップの色は緑色。

大型標準カラー(装甲:赤 内部機構:黒 武器系統:銀)
  レッドホーン、サーベルタイガー、ディメトロドン
  ※装甲色は、標準はゼネバスレッド。D-DAY上陸作戦に合わせて作られた等の特別機は、鮮やかな赤を使用する。
   キャップの色の標準は灰色だが、D-DAY上陸作戦に合わせて作られた等の特別機は、緑キャップを使用する。

 

統制の取れた部隊カラーは何よりも魅力的に写ると思う。
公式資料ではないものの、出来る限りの分類はしてみた。

例えばツインホーンは皇帝親衛隊ゾイドであるが、それは最大配備先が皇帝親衛隊だっただけで、全てのツインホーンが同部隊に納入されたわけではないと思う。
もちろん一般部隊に納入された機もいる筈で、その場合は装甲:銀、内部機構:赤のツインホーンも当然存在しているものと思う。
同じように、帝国最強部隊を編成した機が居たら、装甲:黒、内部機構:赤になっていたものと思う。
そのように推測し、部隊を編成してみるのも面白いと思う。

以上、帝国ゾイドの改造や塗装の際の参考になれば幸いに思う。もちろん、異論などもあれば、議論していきたいと思っている。

Back
index

inserted by FC2 system