バリゲーターのこと

RMZ-20バリゲーター。
ZAC2031年ロールアウト。いらい永きに渡って使用された名機。
川、沼、湿地帯での行動を得意とする上、水中での行動も可能。渡河作戦、ゲリラ戦を得意としている。

とても好きなゾイドで、本当に完成されたデザインをしていると思う。
デザインに加えギミックも秀逸で、首と尾を振りながら歩く姿は、モチーフに限りなく忠実だ。
小型ゼンマイ級ゾイドであるにも関わらず、全ゾイド中、最もモチーフに近い動きをするゾイドの一つだと思う。
唯一、コックピットの防水に関して突っ込まれがちではあるが……、まぁ、実際のバリゲーターは防水&防弾処理がされている事は当然だと思う。

ともかく、素晴らしいデザインとギミックを持った傑作機だと思う。
しかしそんなバリゲーター、デザインやギミックの素晴らしさとは裏腹に、活躍の場は限りなく少なかったように思う。
というか、彼はやられ役の代表格ではないかと思う。特にメカ生体ゾイド期においては悲惨の極みだ。

ゾイドバトルストーリーでの登場を振り返ってみよう。
初登場はバトルストーリー1巻の6ページで、共和国軍の最新鋭機として登場した。
初登場ゾイドというと大活躍するのが定石。しかしバリゲーターの場合、この時から既にやられ役の歴史が幕をあけている。
この時の任務はフロレシオス艦隊の護衛だったが、帝国新鋭ゾイド“シンカー”の奇襲を受け、あえなく轟沈の憂き目に遭っている。
曰く、「シンカーの空からの攻撃に反撃のしようも無かった」とのこと。

敗因に、シンカーが帝国初の航空ゾイドだった事が挙げられる。
この時、共和国はシンカーの存在を掴んでいなかった。当然ながら対空装備は貧弱なものだったと思われる(一応、ミサイルは搭載しているようだが…)。
これはバリゲーターの性能に問題があったというより「不運」だったという要素が強いと思う。
ただ初陣からしてこのやられっぷり。今後の薄幸さを物語っているようで哀愁を誘うようにも見えてしまう。

次いで登場するのは、対ウルトラザウルス用の改造アイアンコング開発に関したページで、寒冷地用改造コング”イエティコング”の実戦テストのページ。
イエティコングにより、ゴルドスと共に撃破されている。 この時、コングの冷凍砲を喰らい、バリゲーターは氷漬けにされている。

カチカチに凍りついたこの姿は、数あるバリゲーターのやられシーンの中でも、最も涙を誘うシーンではないかと思う……。

次いで、ZAC2038年の「ウルトラザウルス上陸作戦」に参加している。
これは、帝国領ミーバロスに、共和国大艦隊が海上ルートから攻侵・上陸するというものであり、当時としては未曾有の規模を持つ作戦だった。
共和国のほとんどのゾイドが参加した戦いとなり、当然、バリゲーターも召集されている。
部隊は、輸送船団がゴジュラスはじめ陸戦ゾイドを満載して進軍。ウルトラザウルスを筆頭に水上航行可能なゾイドはそれを護衛しつつ共に進軍するものであった。
ミーバロスに接近した部隊は、いよいよ攻撃を開始する。
まずウルトラザウルスが猛烈な艦砲射撃で帝国陣地を叩き、その後主力部隊の上陸が行われた。
作戦自体は大成功に終わり、永く語られるものとなった。
しかしバリゲーターにとっての不幸は、この作戦の中でも感じられたと思う。
この作戦の時、上陸の先陣を切る名誉を得たのはバリゲーターではなくスネークスだった。
特にやられ描写があったわけではない。しかし最も得意とする上陸戦でスネークスにお株を奪われた事は、大きな不名誉と言わざるを得ないだろう。
ちなみに上陸の先陣を切ったスネークスは、海岸線で応戦したイグアン(戦力比較票によるとバリゲーターよりも強い)部隊を、得意の締め付けで封じる大活躍を演じた。
もしかすると、イグアンが海岸線に居る事が判明したので、バリゲーターでは先陣は厳しいという判断がされたのだろうか。

その後、共和国は帝国首都を陥落せしめ、しばし平和な時が流れた。
しかし、D-Day…ゼネバスの逆襲が始まった時、中央大陸に再び戦雲が渦巻いてくる。

ZAC2041、ゼネバスの逆襲は帝国のバレシア湾奇襲作戦により始まった
バレシア湾に面した共和国海軍基地は、進入したウオディックの攻撃を受ける。
この時、ウオディックはウルトラザウルスに魚雷を浴びせ大打撃を与える大金星を挙げた。しかしこの時、隅っこまでよく見ると、バリゲーターもやられている。

隅っこというのが実に哀愁を誘う。
「本命はウルトラだけどついでなのでお前も倒しておこう」とでも言わんばかりの描写であり(実際そうなのだろうが)、物悲しい……。

次いで、翌年2042年、アルメーヘンの橋を巡る戦い…、国境の橋争奪戦に投入されている。
橋を巡る戦いいは激しく、橋の上ではゴドスとイグアンの部隊が激しく火花を散らしていた。
この死闘のさなか、バリゲーターが川を渡って対岸に渡り、挟み撃ちにしてしまおうという作戦が決行される。
なるほど川を渡って挟み撃をするなればバリゲーターは最適なゾイドだろう。
またイグアンが相手となれば、ウルトラザウルス上陸作戦時の屈辱を晴らす最適な機会でもあろう。
名誉挽回の大きなチャンスだった 。
しかしこの作戦は帝国に先読みされていた。川を渡り始めたバリゲーターに対し、帝国は即座にサイカーチスを投入し反撃に出た。
結果、投入された全てのバリゲーターは沈没の憂き目に遭い、またも活躍のチャンスを逃してしまった。

余談ながら、このシーンは学年誌のストーリーにも出てくる。
そちらの方でも戦闘の推移は同じだが、それに加え、「この挟み撃ち作戦はバリゲーター部隊からの発案だった」事が書かれている。
自身で立案した自信満々の作戦で使用され、そして轟沈したバリゲーターに合唱。

翌々年のZAC2044年、帝国はついに最強ゾイド・デスザウラーを完成させた。
デスザウラーはゴジュラス部隊が集結する基地を強襲。単機でこれを壊滅させてしまった。
圧倒的なデスザウラーを前に、ついに共和国は撤退を開始する。しかしそこに、デスザウラーが地中から猛追撃を開始…。
真っ先にその犠牲になったのはバリゲーターだった。
電磁ハンドで握られたバリゲーターの運命は風船の灯火に見える。
この後、バキバキに握り潰されたであろう事は想像に難くない。
バリゲーターの受難はまだまだ続く…。

同年、共和国首都を攻略した帝国に対し、共和国はゲリラ戦を展開してゆく事となる。
ゲリラ戦は、その年の12月に始まった。
氷山に偽装する大胆な作戦をとった共和国部隊が、帝国領クック海軍基地を奇襲する作戦を決行した。
結果、シーパンツァー、ウオディックを中心とする帝国北洋艦隊を全滅させるという大戦果を挙げた。
しかし海上ルートからの侵攻であったにも関わらず、この作戦の主役は大口径砲を搭載した改造ゴルヘックスだった。
本来なら海戦に対応したバリゲーターが主役となって然るべき作戦だったと思う。攻撃部隊に随伴はしていたのだが…。
ウルトラザウルス上陸作戦時はスネークスにお株を奪われた。そして今回も同じように主役を逃してしまったのだ。

ちなみに何故この作戦の主役を演じたのがバリゲーターでなくゴルヘックスだったのか。おそらく、この作戦が基地への砲撃だった事が原因だろう。
砲撃ゆえに出来るだけ大きな砲が望ましい。だが大口径砲を装備するには、重い砲を支えたり反動を吸収するために、ある程度の大きさが必要だ。
もともと軽量級のバリゲーターでは、搭載火器に限界があったのではないかと思う。
その点、バリゲーターの二倍以上の重量を有するゴルヘックスは、大口径砲を積むだけの余裕があったのだろう。
改造ゴルヘックスの砲は、その圧倒的火力で帝国北洋艦隊をことごとく破壊した。
ウルトラザウルス上陸作戦ともども、味方の勝ち戦は嬉しい。嬉しいが、しかし微妙な感情が残ってしまうのは何とももどかしい。
せめて想像するなら、バリゲーターは、ゴルヘックスの砲で仕留め切れなかった敵を撃破していく、落穂ひろいの役目が与えられていたのではないかと推測する。

翌年ZAC2045年のフロレシオ海海戦では、自動操縦に改造されたバリゲーターが囮艦隊として投入され、ウオディックとブラキオスと交戦。派手にやられている。
ただ、これはもともと「囮」としての役目を全うしただけであり、やられる事が前提の戦いであった。

純粋に力足らずでやられているわけではない………、とはいえ、それでも哀愁を誘う描写である事は否定できないと思う。

同年、ウルトラザウルス陽動作戦にも投入された。
デスザウラーを誘い出す為、ウルトラザウルスとゴジュラスMK-II量産型二機、そして数機のバリゲーターが囮役を演じた。
しかし、前回と違ったのは、前回はやられる事が前提であったのに対し、今回は戦い抜く事が目的だったという事だ。
しかし悲しいかな、デスザウラーの荷電粒子砲を喰らい一瞬で昇天している。

この後は、画面から次第に姿を消してゆく事となった。

ちなみにバトルストーリー未収録の学年誌のストーリーまで加えるとどうだったかというと、これまた全くもって活躍が無い。
輪をかけてやられ役だったりする。
初陣でシンカーにやられたのはバトルストーリーと同じ。だがその後も様々なところでやられている。
この、シーパンツァーの攻撃で中央から真っ二つにされているのは、かなり惨いシーンだ。

その他、何故かグレートサーベルにやられていたりもする。

更に、てれびくんのストーリーも加えると、アタックゾイドに鹵獲された事もある。

これは、共和国海上基地を奇襲した帝国アタックゾイド部隊に敗北したもので、結果、基地を守る任務を果たせなかった。
アタックゾイドに鹵獲というのは、かなり哀愁を誘う。
たしかに、シーパンツァーも共和国アタックゾイド部隊に鹵獲されたことがあった。
しかしシーパンツァーと違い、こちらは動状態で敵を迎え撃った末に鹵獲されているのだから、ちょっと情けない。

ただ擁護すると、帝国の奇襲部隊にはアタックゾイドのほか、ウオディックも混じっていた。おそらく部隊旗艦だろう。
その上、ダムバスター、ビーシューター等の強力な航空支援も受けていた。
航空ゾイドを迎え撃つ共和国ゾイドは、この海上基地には存在していなかった。
これでは勝ち目が無いのも分かる気はする。

--------------------------------------------------------------------------------

何と悲しい描写の連続だろうか。バリゲーターファンとしてはうつむかずに居れない。
もともとやられ役だとは思っていたものの、これほど徹底していたとは…。
せめて少しくらい活躍させてあげてもいいような気がする。本当に、学年誌まで含めて活躍が描かれたことが無い。

以下に、せめて、バトルストーリーの裏側でどんな風に活躍していたのかを想像したいと思う。

やられ描写ばかりが目立つものの、バリゲーターは間違いなく傑作機ではあろう。
それはかなり初期に開発されたメカであるにも関わらず、帝国との戦争が終結するまで、常に一線で使用されている事からも容易に想像できる。
いや、実は対暗黒軍戦でも運用され続けているコマがあったりする。

サンダーパイレーツと艦隊を形成するコチラのシーンは、なかなかレアなものだと思う。
確認できている中で、バリゲーターが最後に登場したシーンはこれだ。
これは小三89年5月号のもので、バトルストーリーと照らし合わせると対暗黒軍との開戦直後のものになると思う。
少なくとも、対暗黒軍戦の初期の段階では、予備役になる事もなく最前線で使用されていた事が分かる。

主力陸戦ゾイドであり膨大な数が生産されたゴドスでさえ、後継機アロザウラーが登場すると早々と姿を消してしまった。
同クラスのゾイドで、バリゲーターと同じくらい長期間にわたって使用されたゾイドは、プテラスとカノントータス位のものだ。
これだけ長期間に渡って使用されているという事は、やはり優れているからに相違ないと思う。

バリゲーターは水でも陸でも運用できる特徴を持っている。それゆえ、代替機や後継機が存在しなかった/開発できなかったのでは?と言われるかもしれない。
しかしそれは2つの点から否定したいと思う。
まず、同クラスのスネークスが水陸両用である事が一点。
もう一点は、ウルトラザウルスという巨大水陸両用ゾイドを作り得た共和国の技術をもってすれば、代替機や後継機を作る事は確実に可能だったと思える点だ。

同じ水陸両用のスネークスは、バリゲーターよりもかなり早い時期に一線を退いている。
という事はつまり、少なくとも総合力ではスネークス以上の能力や価値があったという事だろう。
代替機や後継機が製作可能だったにも関わらず、バリゲーターを使用し続けた。
それは、バリゲーターの能力が代替機や後継機を必要としないほど優れていた事の証明になるとも思う。

同じ水陸両用でありながら、スネークスよりも長く運用された理由は何だろうと考える。
注目すべきは二点あると思う。
まず、スネークスの方がバリゲーターより新型である点と、単純な戦闘力であればスネークスの方が上であるという点だ(ゾイドバトルストーリー1巻戦力比較表参照)。
であるにも関わらず、バリゲーターは結果的にスネークスに勝ち、長く運用され続けた。
これは何故だろう。
バリゲーターが、スネークスが持っていない要素…、しかもそれによって戦闘力の差を覆せる程のものを持っていたからだと思う。
具体的に何だろう。

スネークスとバリゲーターを見比べると、徐々に見えてくるような気がする。
共に、非常に低い全高をしている点は似ている。ただスネークスは非常に細く長いのに対し、バリゲーターは比較的太く短くなっている。
バリゲーターがスネークスに対し優れている点は、ここにあるのかもしれない。

細い体では、構造上、新しい装備を加えにくい。スネークスは、拡張性に乏しいのかもしれない。
また細い体では、弾薬や燃料等の搭載量も必然的に少ないものだろう。
対し、ある程度の体格を有するバリゲーターは、拡張性があり、かつ搭載量もそれなりに多かったのではないだろうかと思う。
弾薬や燃料を多く搭載出来る事は、すなわち活動時間が増加する事も意味する。
その効果は、戦場では非常に大きい。
いくら戦闘力が優れていても、すぐに弾切れや燃料切れを起こしてしまう体力なしがスネークス………と言えるのかもしれない。

また、弾薬や燃料以外にも、重要な要素があるように思う。
それは、兵員を輸送できるかどうかという点であり、スネークスはその細い体からいって、兵員輸送などとても出来ない構造をしている。
対しバリゲーターは、やはりその体格ゆえにある程度は兵員輸送にも使用出来たものと思う。
実際、バリゲーターを兵員輸送機として使用した例はバトルストーリーでも何度も描かれている。
以上の事から、バリゲーターはスネークスに対し、戦闘力では劣るが、積載量・活動時間・輸送力で勝っており、また拡張性でも優れていると推測したい。
その結果、より有効と認められ、長期間に渡って使用されたのだと思う。

バリゲーターが輸送にも使用出来るとすれば、活躍の場面が様々に見えてくるように思う。

もちろん、スネークスより優れているとはいえ、ウルトラザウルスの輸送量に比べればわずかでしかない。
しかしこと隠密性で言えば、ウルトラの比でない程バリゲーターは優れている。配備数の面でも圧倒的なので、気軽に運用できる点も優れている。
恐らく、特に秘密裏に作戦を行いたい時など、海上ルートの輸送作戦は、その多くをバリゲーターが担っていたのだと思う。

たしかに戦闘力はそう高くない機体であるのは否定しにくく、シンカーやウオディック、シーパンツァーには分が悪い機体である事は否定できない。
しかしその拡張性を生かし、着実に戦闘力を高めながら戦い続けたのだろう。
また優秀な海上輸送機として、島を巡る戦いなどでは、裏の主役を幾度となく担った事と思う。

華々しい戦果よりも、地味に裏から支え続けたゾイド。
それがバリゲーターであり、傑作機たる最大の要因ではないだろうかと思う。

さて、ここまでバトルストーリーと学年誌、てれびくんから導いた文章を書いた。
更に、箱裏の情報も加えたい。
箱裏には、二種類の機体バリエーションが載っている。


川岸部隊仕様<MAIN-LAYER>(左)
頭部後方に潜望鏡を装備し、水中での行動を得意としている。水中戦用に水中用ミサイルポッドを装備している。

工作隊仕様(右)
上部に戦車橋を装備したもので、短時間に架橋する事が出来る。

工作隊仕様は非常に面白いバリエーションだと思う。
上陸には欠かせない存在だろう。地味ながら作戦を大きく支えた機体に違いない。

マインレイヤーも面白いバリエーションだ。
名称(マイン=機雷、レイヤー=設置者)から推測するに、機雷敷設艦として運用されたのだろう。
ただ英語の綴りが間違っている…。機雷を意味するマインは「MAIN」ではなく「MINE」である。
…綴りのミスはともかく、地味に海上封鎖や通商妨害をする為に行動し続けたゾイドなのだろう。

どちらも、主役というわけではなくとも、地味に戦場を支えるいぶし銀の魅力を放つ名バリエーションだと思う。
ノーマルタイプとあわせ、描かれなかったバリゲーターの活躍を想像するのも一興だろう。

まぁでも、本音を言うとやっぱり、一度くらいは攻める側での主役を担ってほしいとは思っているけども。

Back
index

inserted by FC2 system