共和国24ゾイドのこと

個人的に72ゾイドに匹敵する位好きなシリーズで、帝国24よりもデザイン的には好みでいる。
しかしながら大多数の意見とは言いがたいようで、色々と物議をかもし出しているシリーズでもある。

1、スケールが違うので通常ゾイドと並べられない
2、大きなクリアパーツは改造が困難

との理由が主な否定要素との事で、確かに言われる通りで、反論しにくいものではあると思う。

ただ1のスケールに関しては、そういうシリーズなんだから…とも弁護したい所ではあるけども…。
しかしながらその上で更に言うなら、1/72モデルも同時に出して欲しかったようにも思う。
それが可能かどうかというと「不可能ではなかった」と思う。

例えば食玩で1/72シリーズを出してみる というのは有効だったと思う。
これは食玩造形技術の上がった21世紀だから言える事では?と思われるかもしれない。
けれども、実はメカ生体シリーズ当時のゾイド食玩にはとんでもないものがあった。

メカ生体シリーズのリアルタイム世代なら、ご存知の方も多いであろう、カバヤのゾイドガムシリーズ。

このシリーズは、驚異的な事に、色が再現仕切れていない以外は、ほぼ完璧にオリジナルが再現されている。
加え、手動ではあるものの、ギミック的にもオリジナルとほぼ同一のものを有する。
コックピットは開き、武器や脚部は動く。オリジナルが間接があるものなら、ゾイドガム版も動く。

同じくカバヤの「トランスフォーマーガム」と並び、「オーパーツ」「食玩の最高峰」とも称されるシリーズで、まさにその呼び名に相応しい出来を誇る。
この出来を凌駕するものは、21世紀の食玩でも無いと言い切って良い。
なお、売価は当時価格で一つ200円。

願わくば、このシリーズでゾイド24があったなら……。

実際に出ていれば、大体この位の大きさだったと思う。
もちろん、ゾイドガム版という事になるので、発色はやや陳腐化すると思う(最悪、クリアパーツが無くなってしまうかもしれない)。
ただ、造形に関しては確実に、寸分違わぬ素晴らしいものが出来ていただろうと思う。

スケールに関しては、私は以上のように考えている。

次に2の改造が困難な事に関して。
これ関しては、残念ながら全くその通りで、共和国24ゾイドは最も改造の困難なシリーズであることは否定できないと思う。
もちろん見事な改造作品があるし、学年誌でも幾つかの改造タイプが登場したのは事実であるが、ターゲット層を考えるとやはり困難と言わざるを得えないと思う。
なにせ、クリアパーツは破損の危険度が通常の比にならない。

何故、改造が困難なものをあえてリリースしたか。 理由はいくつか考えられると思う。
まず、この時期のゾイドは既にバトルストーリーもユーザー間にすっかり定着していた。
その為、従来のの「自分だけのゾイドを作る事」よりも「バトルストーリーの設定を楽しむ事」が提唱されユーザーも認知していた時期でもある。
すなわちそういう時期にあって、改造を考慮しないものが現れたとしても、不思議ではなかったように思える。

変わったと捉えるか変わってしまったと捉えるかは人それぞれだと思うけども、私としては後者寄りに思う。
ただ、それでも共和国24をゾイドとして好きなのは、否定要素を覆すだけの実力を、そのデザインが秘めているからだとも思う。
そしてメーカーにも、その自信があったのだと思う。

でなければ、このような奇抜なシリーズを大々的にリリースしたりはしないと思う。

共和国24に関しては、そのように思う。
つまるところ、絶対に否定要素は覆せないものであるし、だからこそ物議をかもしているのだと思う。
しかしながら私としては、その要素を認めた上で、なお共和国24ゾイドは好きでいる。
従って、私としては、共和国24ゾイドのデザインの素晴らしさを今後とも訴えかけていきたいと思う結論に達したのでありました。

 

~共和国24的デザイン~

これが80年代に出たとは思えないほど、今見ても十分すぎるほど通用するデザインだと思う。
おそらく「未来的なもの」を目指してデザインされていると思えるデザインは、登場から20年以上が経過した今の目で見てもなお未来的で、その魅力は一切色あせていない。

私としては、共和国24ゾイドを見ると、あるものを思い出してしまう。


iMac(Rev.A)
98年にリリースされたiMacは、当時危機的状況にあったマッキントッシュのシェアをある程度回復させる程のヒットを記録した。
その要因の筆頭として、性能もさることながら、優れたデザインが挙げられている。
なにせ、当時のWindowsマシンは工業製品然としたものしか無かったのだから…。
iMacは、クリアボディーを採用し内部のメカをちらつかせている所など、全くもって共和国24ゾイド共通している。


iMac(Rev.C)

99年にリリースされた新型iMac。
Rev.Aがブルー一色だったのに対し、Rev.Cではカラーバリエーションが行われ、1999年のグッドデザイン賞の金賞の栄誉に輝いている。


iBook
99年にリリースされ、やはりそのデザインで話題と人気を呼んだノートPC。
貝を思わせるデザインは今見ても色あせない魅力的を持っている。

というように、実にマックと共和国24ゾイドは似ていると思う。
ちなみに、iMac(Rev.A)は、当時記録メディアの主力だったフロッピーディスクを思い切って廃止し、代わりにUSBを搭載した初めてのPCでもある。
iBookもまた、世界で初めて無線LANを搭載したノートPC、革新的な存在として記録されている。
なんとなく、そんな所も革新を目指した24ゾイドと共通するように思える。

デザインの革新、マックならではの独創性とまで言われたマックのデザインは、当時絶賛を持って迎え入れられ、そのデザインの影響を受けた亜流デザインも多く生まれた。


大抵は、劣化コピーとしか言えないものであったが…。

ただそれは、また強烈なマックファンを生む原動力ともなった。
個人的には、そんな方にとって、共和国24ゾイドはどう見えるのかなぁという事が気になってしまう。


マックを真似てカラーバリエーションを作ってみる。
実際の製品は濃い青だからこういう色変更は無理ですが、CGならではの技術で気分だけでも。


ちなみに変り種だと、こういうガラのマックもあったりする。
デカールを駆使して再現してみようという方はおられませんか?

Back
index

inserted by FC2 system