荷電粒子砲とオーロラインテークファン

ZAC2044年、デスザウラーを先頭にした帝国軍は、ついに共和国最強のウルトラザウルスを破り、雪崩のように共和国首都へ侵攻。その地を支配下とした。
以後、共和国軍は各地で絶望的なゲリラ戦を展開してゆく事となる。

私がゾイドを知ったのは、そんな頃だった。
だから、共和国派の私にとって、デスザウラーという存在はまさに強大な、そして絶望的な壁だった。

デスザウラー。
全長で我が軍のゾイドゴジュラスを上回り、絶大な格闘戦能力と、いかなる攻撃にも耐えうる超重装甲を誇る。また空前絶後の大威力を持つ荷電粒子砲を装備する。
格闘戦を最も得意とするゾイドゴジュラスが取り囲んでも破壊できない程の格闘能力。
ウルトラキャノン砲の直撃に耐える装甲。
荷電粒子砲は、直撃なら無論、かすっただけでもウルトラザウルス級ゾイドが戦闘不能になる。

マトモに渡り合えるゾイドは皆無だった。

「こいつを敵に回さなくて良かった……」とは帝国の精鋭スケルトン部隊隊員の言葉だが、当時の私はデスザウラーを敵に回していたのだった。

しかし、だからといって戦わぬ訳にはいかなかった。
デスザウラーを正面から倒せるゾイドを欲しながら、それが無い今、手持ち部隊で対抗するしかなかった。

方法が無い訳では無かった。
無敵のデスザウラーにも、弱点が2つあった。
荷電粒子砲は2,3発しか撃てない事と、オーロラインテークファンを撃ち抜くと大幅にパワーダウンする事。
それをいかに攻略するかが共和国派としての宿命だった。

無論、容易ではなかった。
荷電粒子砲は、2,3発しか撃てないとはいえ、かすっただけでアウトになる。
機動力の高いデスザウラーを相手に全て空撃ちさせるのは正に至難の業だ。

それが可能なのはシールドライガー位だろうか…。
だが、空撃ちさせたところで、まだ強大な格闘能力が残っている。
荷電粒子砲を封じたとしても、我が軍に確実にデスザウラーを倒せるゾイドはまだ居なかった。

となると、やはり荷電粒子砲も格闘力も同時に奪えるインテークファンへの攻撃が一番良い。
しかしそれも困難を極める。
航空ゾイドではミサイルやビーム砲の餌食になるだろうし、地上ゾイドで接近しようものなら尾の一撃で倒される。
遠距離からの砲撃で撃ち抜くのがベストだろうが、機動性の高いデスザウラーを補足しきれるか…。

だが、1%の可能性にかけ、果敢に挑み続けていた。

当時、本当にゾイド少年だった。
それは造形的な良さが第一にあったのだとは思う。
しかし今思い返せば、造形的な良さと同時に、可能性を感じさせてくれる設定が好きだったのだと強く思う。
空想の中で激しいバトルを繰り広げ、屈辱の敗北を味わい、時に勝利の味を知った。
思うに、ゾイドが他のどんなメカよりも優れているのは、この、可能性を感じさせてくれる部分ではないかと思う。

人型ロボットモノが、だいたいの形状や大きさが、例外を除き統一されているのに対し、ゾイドは多種多様な形・大きさの兵器が戦う。
また同じような形をしていても、それそれに個別のアドバンテージやウィークポイントがあり、極めて個性的。
だから複雑。
(もちろん、人型ロボットモノのファンから言わせれば、別の論も出てくるのだろうが)
そういった意味で、戦い方による一発逆転を狙える所に、可能性を強く感じる。

それは自分が持っているゾイドより強い設定のゾイドがリリースされても、何とかして対抗しようという戦術に繋がる。
また同時に、最新最強のゾイドを手に入れても、常に防御を考えねばならず油断できない事でもある。

デスザウラーを超えるゾイド“マッドサンダー”もまた、背中にウィークポイントを持っていた。
今にして思えば、デスザウラーにしろマッドサンダーにしろ、そんなものは防弾板の一つでも増設すれば解決してしまう。
しかしそうしなかった所にトミーのこだわりを感じてしまう。

また、最強でなくとも、一芸に秀でたゾイドが存在した事も大きな魅力だったと思う。
戦闘は困難だが電子戦では右に出るものが居ないディメトロドン。
レッドホーンにすら遅れをとる戦闘力でありながら、寒冷地用に改造して地の利を生かせばデスザウラーと五分に渡り合えるゾイドマンモス。
強固な防御力だけを頼りに戦場を駆け回るグスタフ。
これらのゾイドをどこに配置すれば効果的かを考えるのもまた面白かった。

ゾイドは暗黒軍の参入以降、それまでの勢いを失い…、そして衰退していった。
テレビゲームとかミニ四駆とか、強力なライバルが登場したからという意見を聞く。
それも確かに一因ではあると思う。
しかし、ファミコンは1983年発売だし、ミニ四駆は1982年から存在していた。
全盛期のゾイドはそれらと共存していた…。

思うに、暗黒軍参入以降のゾイドには、それまでのような魅力的な弱点が存在しなかった。
その事も、少年の熱を冷ます重要な要因になったのではないかと思う。

未知の重力砲を備えたデッドボーダーは、弱点らしい弱点は無かった。
一応、パイプ類が弱点とされたが、どうもそれ以前のゾイドに比べて魅力的な弱点とは言いがたいと思う…。

暗黒軍最強ゾイドのギル・ベイダーにも弱点は無かった。

一応、ウルトラザウルスと同一構造のキャノピーを持つので、そこが弱点と言えない事も無かったが、航空ゾイドにおいて果たしてそれが弱点となるのか…。
「旋回半径が大きいので空戦に不向き」という設定も一応あったが、この弱点があったとして航空ゾイド以外にとって何の弱点となろうか…。
また、空戦に不向きとされつつ、ギル・ベイダーは何度もサラマンダーやサラマンダーF2を倒している。

私は、大好きなマッドサンダーではギルを倒せぬと知り、ひどくがっかりしたのを覚えている。
そしてその後のオルディオスやガン・ギャラド、キングゴジュラスには弱点が全く無かった……。

ハウンドソルジャーとジークドーベルのようなライバルゾイドも存在した。
しかしそこに、「バランスで勝るサーベル」「スピードで優れるシールド」のような駆け引きは無かった。

子供は正直なもので、実に飽きやすい。
80年代におけるゾイドが、かくも長期間にわたって勢いを失わなかった事は、ヒーローを出しつつ、古いゾイドにも輝ける余地を必ず残していた事が要因ではないだろうかと思ってしまう。

Back
index

inserted by FC2 system